遊戯王OCG新カード考察:死なばもろとも

公開日: : 最終更新日:2015/05/08 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

そういえば今までモンスターカードの考察しかしていませんでしたね。

というわけで今回はデュエリストパック決闘都市編よりこの罠カードです。

 

死なばもろとも
通常罠
「死なばもろとも」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:お互いの手札が3枚以上の場合に発動できる。
お互いは手札を全て好きな順番でデッキの下に戻し、
自分はこの効果でお互いがデッキに戻したカードの数×300LPを失う。
その後、お互いはデッキから5枚ドローする。

 

 

 

ICBMを投げる時に叫ぶ台詞ですね!

原作で闇バクラが使っていたカードです。

原作では手札をデッキに戻すのではなく捨てる効果でしたが、

さすがに強すぎたのかデッキに戻す効果となっています。

また消費するLPもお互いがデッキに戻したカード×300と大きく上昇しており、

基本的には1800以上のライフを失う事になります。

相手の手札が多い時に使えば大きなアドバンテージになりますが大量のライフの損失は覚悟する必要があります。

上手く使えばアドバンテージを稼げるカードではありますがどんなデッキにも採用できるカードではなく、

またそう何枚も使えるカードでもないでしょう。

 

相手の手札が3枚以上という発動条件は、最近は手札の補充手段も増えていますし、

相手がドローした直後に使う事も考慮すれば、満たせない事は少ないと思いますが、

相手がインフェルニティだったりした場合には満足状態を維持され、腐る事も覚悟しなければいけません。

 

神殿を守る者と相性がいいように見えますが、神殿を守る者がフィールドにいると、

このカードの発動自体が出来なくなる為、コンボを狙う場合死なばもろともを発動した後に、

チェーンでリビングデッドの呼び声などで神殿を守る者を蘇生させるなどの工夫が必要です。

このカードを有効に活用するなら「デッキに戻す」という事に意義を見出す必要が出てくると思います。

真っ先に思いつくのは「デッキにサーチ先がもう無くてサーチカードが使えない時」でしょうか。

こういう時にサーチ先のカードをデッキに戻せば再びサーチできるようになります。

 

また手札が3枚以上というのはこのカードの発動条件であり、

その後に手札から速攻魔法や手札誘発効果を使う事は可能です。

これはデッキに戻す枚数を減らす、つまり失うライフを軽減する事にも繋がりますので、

テクニックとして覚えておくといいでしょう。

 

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ジェネクス・ウンディーネ

海皇や水精鱗でおなじみのカードですね。

ジェネクス・ウンディーネはデッキから水属性モンスターを墓地に落とし、

ジェネクス・コントローラーをサーチできるという非常に強力な効果を持っていますが、

ジェネクス・コントローラーがデッキに残っていない場合、

墓地に落とす効果も使えなくなるという問題点があります。

しかしこのカードで再びジェネクス・コントローラーをデッキに戻せば

再度ジェネクス・ウンディーネの効果を発動する事が可能になります。

これはデッキ構築の際にジェネクス・コントローラーの採用枚数を減らす事が出来る利点にも繋がります。

 

増殖するG

手札誘発カードの中でも相手ターンであれば状況を選ばずに使える為、

死なばもろともの発動にチェーンするカードとしてお勧めです。

また相手ターンに発動した場合相手が5枚の手札を補充する事になる為、

モンスターの大量展開を許してしまう可能性があります。

しかしこのカードであればその大量展開を抑制する事にも繋がるので相性がいいです。

このカードの他にも全体的に手札誘発カードは死なばもろともと相性がいいですが、

自分のターンに効果を発動したい場合はD.D.クロウ等が状況を選ばずに使いやすいです。

 

相乗り

効果の発動にチェーンして手札から発動する速攻魔法カードとして有効です。

発動後すぐに1ドローする事が出来、無駄がありません。

最近は特にサーチカードが豊富な為、腐る機会も少ないでしょう。

こちらも相手に5枚ドローさせた後のけん制として効果的な為、

あえて伏せて相手ターンに使用する使い方もありだと思います。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:浮幽(ふゆ)さくら

ミラーマッチ用最終兵器!(他にも色々使えるよ)   今回紹介するのはシャイニン

記事を読む

ワンタイム・パスコード:遊戯王カード考察  制約の緩いトークン生成カード!シンクロ素材にリリース要因になんでもござれ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第98話『ひとつの道へ』感想

遊戯王ARC-V98話の感想です。 ジャックのレッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラントに対抗す

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛-五光-(カーディアン ごこう)

カーディアンの切り札、ついに登場!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-フルアーマード・ウィング かなり出しやすい完全耐性持ち

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)マンジロック 初のレベル1となる何気に今一番アツイ剛鬼

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

魅幽鳥(みくらとり):遊戯王カード考察 デメリットなし2300打点ってだけでも強いのに

ようやくここら辺も夜あたりには涼しさが感じられるようになってきました。 暑がりな自分にとってこ

記事を読む

ムーンバリア:遊戯王カード考察

相手のメインフェイズ2を奪い取れ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

パラレルポート・アーマー:遊戯王カード考察 攻撃にも防御にも

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:応戦するG

サイトを立ち上げた時期の関係上、クラッシュ・オブ・リベリオンの看板カードである オッドアイズ・

記事を読む

Comment

  1. オカ より:

    基本的に1800だと!?
    意味がわからんぞ!?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑