遊戯王OCGテーマ考察:トラミッド “ザ・ダーク・イリュージョン”

メタルフォーゼに引き続きザ・ダーク・イリュージョンに

新しいテーマとして「トラミッド」が登場する事が判明しました。

今回はそんなトラミッドの紹介をしたいと思います。

 

 

 

トラミッド・マスター
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1800/守700
①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「トラミッド」カード1枚を墓地へ送り、
フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:相手ターンに1度、自分フィールドの
「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送り、デッキからそのカードとカード名が異なる
「トラミッド」フィールド魔法カード1枚を発動する。

 

 

 

トラミッド・スフィンクス
特殊召喚・効果モンスター
星10/地属性/岩石族/攻2500/守2500
このカードは通常召喚できず、「トラミッド」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:「トラミッド・スフィンクス」以外の
自分フィールドの表側表示の「トラミッド」カードが
戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分フィールドに他の「トラミッド」カードが存在する場合、
このカードの攻撃力・守備力は自分の墓地のフィールド魔法カードの種類×500アップし、
相手モンスターは「トラミッド・スフィンクス」にしか攻撃できない。

 

 

 

トラミッド・クルーザー
フィールド魔法
「トラミッド・クルーザー」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
岩石族モンスターが召喚される度に、自分は500LP回復する。
②:フィールドに「トラミッド」モンスターが召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。
③:フィールドゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「トラミッド」モンスター1体を手札に加える。

 

 

 

トラミッド・キングゴレム
フィールド魔法
「トラミッド・キングゴレム」の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの岩石族モンスターの攻撃力は500アップする。
②:自分の「トラミッド」モンスターが戦闘を行う場合、
ダメージステップ終了時まで相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
③:フィールドゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「トラミッド」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

 

とりあえず現在判明しているカードは4種類と少なめですが

これらのカードからテーマの特徴を推測すると以下の通りです。

・スフィンクスやツタンカーメンなどをモデルにしたモンスターである

・地属性、岩石族のテーマである

・ピラミッドが飛行要塞などに変形したようなフィールド魔法が複数存在する

・相手ターンに複数のフィールド魔法を積極的に張り替えていく戦術を取る

 

 

恐らくは「ピラミッド」と変形などを意味する「トランスフォーム」を

組み合わせた名前でありそのテーマ名が示すとおりにピラミッドが

ホワイトベースやタンク型ACのような形状に変形しています。

しかもこれ、モンスター扱いでなくフィールド魔法扱いです。

モンスター自体はスフィンクスなどいかにもな古代エジプトモチーフであり

これだけであれば結構な正統派テーマに思えるのですが

フィールド魔法のせいでカオス度が格段に跳ね上がっております。

 

 

現在判明しているモンスターは2種類だけですがそのどちらも

フィールド魔法に関係する効果を持っています。

特に注目すべきはトラミッド・マスターの②の効果であり

相手ターンに自分の場のトラミッドフィールド魔法を墓地に送る事で

デッキから別のトラミッドフィールド魔法を発動する効果を持っています。

そして現在判明しているトラミッドのフィールド魔法である

トラミッド・クルーザーとトラミッド・キングゴレムは

どちらもフィールドから墓地へ送られる事で発動する効果を兼ね備えています。

その為複数のフィールド魔法を切り替えながら戦う事こそが

トラミッドのテーマであり基本的な立ち回りになっていくと思われます。

漫画版5D’sにおいて龍可がフィールド魔法「Fairy Tale」を使っており

異なるフィールド魔法を切り替えて戦っていました。

このトラミッドというテーマはどことなくこの Fairy Taleを連想させます。

 

 

特殊召喚モンスターであるトラミッド・スフィンクスがこのテーマの切り札と思われます。

墓地のフィールド魔法の種類の数だけ攻撃力と守備力を上昇させる効果を持っており

トラミッド・キングゴレムの強化とあわせれば強力なアタッカーとなってくれるでしょう。

フィールド魔法の種類はトラミッドに限定されていない為、

岩投げエリアのようなトラミッド以外のフィールド魔法を採用するのも1つの手です。

 

 

まだ判明しているカードが少なく、テーマとしての強さは未知数ですが

フィールド魔法を最大限に駆使するテーマであるという事は強烈に伝わってきます。

現在2種類のフィールド魔法が判明していますが

恐らくは3枚目以降のフィールド魔法も存在すると思われます。

ピラミッドがどのように変形するかが実に楽しみです。

 

マリク「(;゜Д゜)」 イシズ「(;゜Д゜)」 リシド「(;゜Д゜)」

変形するピラミッドを見て墓守達は何を思うのかも興味深いです。

 

 

キングピラミッダー

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

チキンレース

ライフコストこそ必要としますがドロー効果を使用する事で

手札の損失なしフィールド魔法を張りかえる事が可能であり

クルーザーやキングゴレムの③の効果を発動したい時に便利な他、

墓地に送る事でスフィンクスの攻撃力をより高める事も可能です。

 

先史遺産クリスタル・スカル 先史遺産クリスタル・ボーン

レベル3のトラミッドと合わせて

ゴルゴニック・ガーディアンのエクシーズ召喚を狙いやすくなります。

トラミッド・ハンターの効果にも対応している為、

手札にあるクリスタル・スカルを有効活用しやすいです。

 

 

※以下の記事は他に作成した関連カードの記事です。
クリックで該当ページに移動します。

 

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・ハンター、トラミッド・ダンサー

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・フォートレス

遊戯王OCGカード考察:古代遺跡の目覚め(トラミッド・パルス)

関連記事

遊戯王アークファイブ第60話『地獄の沙汰もカード次第』感想

遊戯王ARC-V60話の感想です。 ロジェ長官の手腕によって一網打尽とされてしまったランサーズ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-萩に猪-、花札衛-紅葉に鹿-、花札衛-牡丹に蝶-

これでもっとエンジョイできる!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重剣聖(ちょうじゅうけんせい)ムサ-C(シー)

今回紹介するのはVジャンプ12月号の付録についてくるこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・サッカー これからのアンデット族はアドバンス召喚だ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

螺旋のストライクバースト:遊戯王カード考察

状況を選ばず活用できる優等生!   今回紹介するのは20th ANNIVERS

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)スライハンド・マジシャン

ついに登場した最上級エンタメイト! 今回紹介するのは今回紹介するのは2016年のスターターデッ

記事を読む

ランカの蟲惑魔(こわくま):遊戯王カード考察  ほらほら、セットカード破壊してもいいんだよ?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:花札衛-月花見-(カーディアン つきはなみ)

カーディアンにシンクロチューナーが登場どすえ   ディメンションボックスの収録

記事を読む

サイバース・リンクと一緒に揃えておきたいカードは?とりあえずスターターデッキ2017は欲しい所

今日6月17日、サイバース・リンクがいよいよ発売です。 収録されているカードはこんな感じです。

記事を読む

サイバース・ガジェット:遊戯王カード考察

1枚で3体分の素材になる新時代のガジェット!   3月21日にVジャンプ5月号

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,251,477 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑