遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・ホール

対ペンデュラム特化型カウンター罠!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

ペンデュラム・ホール
カウンター罠
①:自分または相手がモンスターをP召喚する際に発動できる。
そのP召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

 

 

新しく登場したカウンター罠です。

ペンデュラム・ホール2

エキセントリック・デーモン「いやぁぁぁ!落ちるぅぅぅぅ!」

レスキューラット「(黒か・・・)」

ヨコシマウマ「(黒だな・・・)」

 

イラストでは天空に描かれた光のアークからまさにボッシュートされている

エキセントリック・デーモン、レスキューラット、

ヨコシマウマ、銅鑼ドラゴンの姿が描かれています。

真顔で落ちているレスキューラットが腹筋に悪いです。

恐らく4名ともエクストラデッキからメインデッキに退場していくのでしょう。

カード名に「ホール」とついていますが通常罠では無い為蟲惑魔の効果の対象外です。

 

 

その効果は自分、もしくは相手がモンスターをペンデュラム召喚をする際に発動、

そのペンデュラム召喚を無効にした上で召喚されるはずだったモンスター達を

メインデッキへ戻すというものです。

ペンデュラム召喚をピンポイントで狙い打つカウンター罠であり、

ペンデュラム召喚に対して決める事が出来れば大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

 

優秀な効果ではあるのですが同じ状況で発動できるカウンター罠に

神の警告や神の通告がありこれらの方が汎用性が高い為大きなライバルとなります。

他にライフを消耗するカードを採用をしているなどでライフコストが無視できない場合、

ペンデュラム・ホールの方を採用する選択肢が出てくるでしょう。

またモンスターをデッキに戻す点もペンデュラム・ホールの大きな特徴ですが

ペンデュラムモンスター相手の場合これは一長一短になります。

というのもペンデュラムデッキはサーチ手段が豊富に存在するケースが多く、

逆に墓地に落とされた場合の再利用を想定していないケースが多い為

デッキに戻すよりも墓地へ落とした方が都合がいい場合が結構あるのです。

しかし破壊を行わずに除去を行える点は大きな利点であり、

解放のアリアドネなど破壊をトリガーに発動するモンスター効果なども

発動させずにデッキに戻す事が可能です。

またペンデュラムモンスター以外のペンデュラム召喚を中心に狙うデッキ、

例えばムーンライト相手の場合などはデッキへ戻した方が都合がいいです。

 

 

いずれにせよペンデュラム召喚を行わないデッキ以外に対しては無力である為、

基本的にはサイドデッキ向けのカードであると言えるでしょう。

もしペンデュラム召喚を徹底的に妨害する算段であるならば

警告や通告と合わせてデッキにフル投入する選択肢も大いにありだと思います。

関連記事

遊戯王カード考察:ファーニマル・ペンギン

ファーニマルの新たなエンジン!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサ

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-エトランゼ・ファルコン:遊戯王カード考察

レイド・フォースやデス・ダブル・フォースと高相性!   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第66話『開幕戦!!クロウvs権現坂』感想

遊戯王ARC-V66話の感想です。 ついに始まりましたフレンドシップカップ。 興味深いカ

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【呪眼(じゅがん)】呪眼の力を舐めるなよ 装備魔法を維持して盤面を支配せよ

本日2月23日、デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズの発売日です。 さてそれに登場

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛-五光-(カーディアン ごこう)

カーディアンの切り札、ついに登場!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の歯車機械(アンティーク・ギアガジェット)

機械複製術と相性抜群!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛乱

記事を読む

遊戯王アークファイブ第131話『常闇に射す光』感想

遊戯王ARC-V131話の感想です。 エドとカイトが倒れながらも2人の想いを受け継ぎ 暴

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パワー・ウォール

あのヘルカイザーのカードついにOCG化   2016年12月17日に 2

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ユニ、EM(エンタメイト)コン

墓地効果を上手く活用できるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の

記事を読む

遊戯王カード考察:身分転換 とりあえず活路エクゾ対策とかに

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,403,415 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑