遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・ホール

対ペンデュラム特化型カウンター罠!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

ペンデュラム・ホール
カウンター罠
①:自分または相手がモンスターをP召喚する際に発動できる。
そのP召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

 

 

新しく登場したカウンター罠です。

ペンデュラム・ホール2

エキセントリック・デーモン「いやぁぁぁ!落ちるぅぅぅぅ!」

レスキューラット「(黒か・・・)」

ヨコシマウマ「(黒だな・・・)」

 

イラストでは天空に描かれた光のアークからまさにボッシュートされている

エキセントリック・デーモン、レスキューラット、

ヨコシマウマ、銅鑼ドラゴンの姿が描かれています。

真顔で落ちているレスキューラットが腹筋に悪いです。

恐らく4名ともエクストラデッキからメインデッキに退場していくのでしょう。

カード名に「ホール」とついていますが通常罠では無い為蟲惑魔の効果の対象外です。

 

 

その効果は自分、もしくは相手がモンスターをペンデュラム召喚をする際に発動、

そのペンデュラム召喚を無効にした上で召喚されるはずだったモンスター達を

メインデッキへ戻すというものです。

ペンデュラム召喚をピンポイントで狙い打つカウンター罠であり、

ペンデュラム召喚に対して決める事が出来れば大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

 

優秀な効果ではあるのですが同じ状況で発動できるカウンター罠に

神の警告や神の通告がありこれらの方が汎用性が高い為大きなライバルとなります。

他にライフを消耗するカードを採用をしているなどでライフコストが無視できない場合、

ペンデュラム・ホールの方を採用する選択肢が出てくるでしょう。

またモンスターをデッキに戻す点もペンデュラム・ホールの大きな特徴ですが

ペンデュラムモンスター相手の場合これは一長一短になります。

というのもペンデュラムデッキはサーチ手段が豊富に存在するケースが多く、

逆に墓地に落とされた場合の再利用を想定していないケースが多い為

デッキに戻すよりも墓地へ落とした方が都合がいい場合が結構あるのです。

しかし破壊を行わずに除去を行える点は大きな利点であり、

解放のアリアドネなど破壊をトリガーに発動するモンスター効果なども

発動させずにデッキに戻す事が可能です。

またペンデュラムモンスター以外のペンデュラム召喚を中心に狙うデッキ、

例えばムーンライト相手の場合などはデッキへ戻した方が都合がいいです。

 

 

いずれにせよペンデュラム召喚を行わないデッキ以外に対しては無力である為、

基本的にはサイドデッキ向けのカードであると言えるでしょう。

もしペンデュラム召喚を徹底的に妨害する算段であるならば

警告や通告と合わせてデッキにフル投入する選択肢も大いにありだと思います。

関連記事

遊戯王カード考察:輝光竜(きこうりゅう)フォトン・ブラスト・ドラゴン 是非とも攻撃力を上げてあげよう

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【トロイメア】 最大の狙いはエクストラリンク!

10期から開始されている星遺物を巡る攻防を繰り広げるOCGストーリー。 星杯、クローラー、ジャ

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)スティルツ・シューター

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第57話『黒い旋風 クロウ・ホーガン』感想

遊戯王ARC-V57話の感想です。 今更ですが自分録画環境無かったりします。 その為記憶

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-アンゼリカ

回復にもシンクロ召喚にも!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:霊魂(エスプリット)

史上初のスピリットテーマにして儀式テーマでもるエスプリット、 前回に一度霊魂鳥神-彦孔雀につい

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・フォクシーウィッチ ちくちくじゃ済まないダメージ量

今回12月23日、LINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)の発売です。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EMラクダウン

今回もクラッシュ・オブ・リベリオンの新カードの考察をしていきたいと思います。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,519 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑