遊戯王OCGカード考察:スケープ・ゴースト

これが新時代のリバースモンスターだ!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

スケープ・ゴースト
リバース・チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻   0/守   0
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
自分フィールドに「黒羊トークン」(アンデット族・闇・星1・攻/守0)を
任意の数だけ特殊召喚する。

 

 

新しく登場したレベル1、アンデット族のリバースモンスターです。

スケープゴースト

カード名は「スケープゴート」と「ゴースト」を掛け合わせたものと見ていいでしょう。

名前の通りイラストには幽霊となった羊トークンが描かれています。

青白いつぶらな目がなんとも可愛らしいです。

なんというか幽霊になっても相変わらずですね羊トークンは。

 

 

その効果はリバースした場合に

自分フィールドに攻撃力守備力が0の黒羊トークンを

任意の数だけ特殊召喚できるというものです。

特殊召喚できるトークンの数は自由に決められる上に

リリース等に関する一切の制約がないという凄まじいリバース効果です。

スケープゴートの羊トークンと違ってアドバンス召喚にも問題なく使用できる為

オベリスクの巨神兵のような神のカードのアドバンス召喚も狙える上に

ゴッドハンドクラッシャーのコストも賄う事が出来るでしょう。

スケープゴースト自体はチューナーである為レベル5までのシンクロ召喚も

このカード単体でフォーミュラ・シンクロンを経由しながら行う事が可能です。

融合素材にするのも効果的であり始祖竜ワイアームの融合召喚が狙える他、

黒羊トークンはアンデット族であり冥界龍 ドラゴネクロの融合召喚も狙えます。

特にフュージョンゲートと相性がよく

ワイアームとドラゴネクロを合計2体まで融合召喚する事が可能です。

非常に優秀な効果ですがリバース効果であるが故に発動が少し遅い点が

数少ないウィークポイントだと言えるでしょう。

特にスケープゴースト本体のチューナーとしての要素を利用したい場合

ADチェンジャーやカオス・インフィニティのような

能動的にリバースさせる手段を用意しておくといいでしょう。

 

 

効果も強力ながら単純にレベルのチューナーとして見ても実に優秀です。

レベル1チューナーとしては初のアンデット族モンスターであり

金華猫だけでなく馬頭鬼や生者の書-禁断の呪術-でも蘇生が狙える他、

ユニゾンビで墓地に落とす事が可能です。

さらに守備力0の闇属性モンスターである為悪夢再びによる回収も可能です。

 

 

ミエル

「やっぱりこれからはリバースモンスターの時代よ!」

リバースモーンスタの中でも特に強力な1枚だと言えるでしょう。

ワンチャン!?やゴブリンゾンビ、裏風の精霊などサーチ手段が豊富であり

悪夢再びやダーク・バーストで使いまわしも簡単な為、

このカードの運用に特化したデッキ構成も面白いと思います。

実に悪用のしがいのある中々恐ろしいカードです。

 

ゴートシミュレータ

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第9話『追い求めてきた敵』感想

遊戯王ヴレインズ第9話の感想です。 ついにプレイメーカーの前に姿を現したリボルバー。 リ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想になっていましたね。 さてゴ

記事を読む

遊戯王カード考察:パーペチュアルキングデーモン 狙い目となるライフコストは1000、あと800あたり

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

サイバース・コンバーター:遊戯王カード考察 セクレタリーと並ぶ手札からの展開手段に

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第102話『非情の狩人』感想

遊戯王ARC-V102話の感想です。 沢渡と権現坂を倒したカイトは怒りの矛先を次は遊矢に向けて

記事を読む

覇王の逆鱗:遊戯王カード考察  新マスタールールだしアニメより強化しちゃってもいいよね☆

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:No.(ナンバーズ)93 希望皇ホープ・カイザー

今回はザ・ヴァリアブル・ブック18の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

虹彩の魔術師(こうさいのまじゅつし):遊戯王カード考察

ブレイブアイズがさらに出しやすくなりました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

トライゲート・ウィザード:遊戯王カード考察 相互リンク2体でも十分強いけどやっぱり3体狙ってみたいよね

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ブースター・ドラゴン とりあえずヴァレットの効果発動したい時に

VRAINS主要4キャラのテーマである サイバース族、トリックス

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

→もっと見る

    • 4,879,154 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑