遊戯王OCGカード考察:スケープ・ゴースト

これが新時代のリバースモンスターだ!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

スケープ・ゴースト
リバース・チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻   0/守   0
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
自分フィールドに「黒羊トークン」(アンデット族・闇・星1・攻/守0)を
任意の数だけ特殊召喚する。

 

 

新しく登場したレベル1、アンデット族のリバースモンスターです。

スケープゴースト

カード名は「スケープゴート」と「ゴースト」を掛け合わせたものと見ていいでしょう。

名前の通りイラストには幽霊となった羊トークンが描かれています。

青白いつぶらな目がなんとも可愛らしいです。

なんというか幽霊になっても相変わらずですね羊トークンは。

 

 

その効果はリバースした場合に

自分フィールドに攻撃力守備力が0の黒羊トークンを

任意の数だけ特殊召喚できるというものです。

特殊召喚できるトークンの数は自由に決められる上に

リリース等に関する一切の制約がないという凄まじいリバース効果です。

スケープゴートの羊トークンと違ってアドバンス召喚にも問題なく使用できる為

オベリスクの巨神兵のような神のカードのアドバンス召喚も狙える上に

ゴッドハンドクラッシャーのコストも賄う事が出来るでしょう。

スケープゴースト自体はチューナーである為レベル5までのシンクロ召喚も

このカード単体でフォーミュラ・シンクロンを経由しながら行う事が可能です。

融合素材にするのも効果的であり始祖竜ワイアームの融合召喚が狙える他、

黒羊トークンはアンデット族であり冥界龍 ドラゴネクロの融合召喚も狙えます。

特にフュージョンゲートと相性がよく

ワイアームとドラゴネクロを合計2体まで融合召喚する事が可能です。

非常に優秀な効果ですがリバース効果であるが故に発動が少し遅い点が

数少ないウィークポイントだと言えるでしょう。

特にスケープゴースト本体のチューナーとしての要素を利用したい場合

ADチェンジャーやカオス・インフィニティのような

能動的にリバースさせる手段を用意しておくといいでしょう。

 

 

効果も強力ながら単純にレベルのチューナーとして見ても実に優秀です。

レベル1チューナーとしては初のアンデット族モンスターであり

金華猫だけでなく馬頭鬼や生者の書-禁断の呪術-でも蘇生が狙える他、

ユニゾンビで墓地に落とす事が可能です。

さらに守備力0の闇属性モンスターである為悪夢再びによる回収も可能です。

 

 

ミエル

「やっぱりこれからはリバースモンスターの時代よ!」

リバースモーンスタの中でも特に強力な1枚だと言えるでしょう。

ワンチャン!?やゴブリンゾンビ、裏風の精霊などサーチ手段が豊富であり

悪夢再びやダーク・バーストで使いまわしも簡単な為、

このカードの運用に特化したデッキ構成も面白いと思います。

実に悪用のしがいのある中々恐ろしいカードです。

 

ゴートシミュレータ

関連記事

遊戯王OCGカード考察:エルフの聖剣士

今年からローソンのloppyによる劇場版遊戯王による前売券の受付が開始されました。 この前売券

記事を読む

リンクスレイヤー:遊戯王カード考察  ありふれた半上級?いえいえこいつにしかできない役割あります

今回紹介するのはスターターデッキ2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)シェイブー・メラン

今回紹介するのはハイスピードライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン):遊戯王カード考察

墓地も除外カードも全部デッキに戻す!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デ

記事を読む

遊戯王OCG、2016年4月の制限改定判明!がっつり変更がありました

とうとう2016年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回3つのカードが規制される

記事を読む

遊戯王アークファイブ第54話『シンクロ次元「シティ」』感想

遊戯王ARC-V54話です。 いよいよシンクロ次元の様子が見れますね。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第116話『太陽と月の守護者』感想

遊戯王ARC-V116話の感想です。 前回セレナの裏切りにあい柚子を攫われてしまいましたが

記事を読む

盆回し:遊戯王カード考察

フィールド魔法サポートにもフィールド魔法メタにも!   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:神風のバリア-エア・フォース-

クラッシュ・オブ・リベリオン、早い所ではもうフラゲ情報が出ているみたいですね。 そんなわけで早

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ・ベース

条件は厳しい・・・だがしかし!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑