遊戯王OCGカード考察:マジック・ストライダー

マジック・ストライカーがイケメンになりました

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

マジック・ストライダー
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守 600
①:このカードが手札に存在する場合、
自分及び相手フィールドの表側表示の魔法カードを1枚ずつ対象として発動できる。
そのカードを除外し、このカードを手札から特殊召喚する。

 

 

新しく登場する戦士族のレベル4モンスターです。

マジック・ストライダー

イラストはマジック・ストライカーが成長した姿とも言うべき感じです。

ストライカーはかなりデフォルメ化されたイラストをしていましたが

こちらはまさに冒険者風のイケメンといった外見をしています。

右手には独特な形状のウォーピック(もしくは杖)を

そして左手には短剣という変則二刀流スタイルの構えが非常に特徴的です。

 

 

その効果は自分と相手フィールドにそれぞれ表側の魔法カードが存在する時に

その両方のカードを対象に発動、2枚のカードを除外した上で

手札からこのモンスターを特殊召喚するとうものです。

トラップ・イーターの魔法版とも言うべき効果を持っていますが

墓地に送るのではなく除外な点、通常召喚も可能な点、そして何よりも

自分のカードも除外する必要がある点が大きな違いとなっています。

フィールド魔法や永続魔法、そしてペンデュラム召喚を行うデッキが相手であれば

召喚条件を満たすのは難しくないでしょう。

特にこれらの魔法に強く依存するマドルチェやDDDには効果的です。

ただこれらのカードを一切に使わないデッキも多い為、

基本的にはサイドデッキ向けのカードだと言えるでしょう。

 

 

自分のカードも除外する必要があるある為、このカードを有効に使うならば

場に残る、そして除外してもいい魔法カードを採用しているデッキになるでしょう。

既にサーチ効果を発動した炎舞-「天キ」やダイナミスト・チャージであれば

除外するデメリットも少ない為、除外する有力な候補となるでしょう。

チキンレースでドロー効果を発動した後に除外するというのもオススメです。

それ以外にもペンデュラムカードを除外した上で

武神姫-アマテラスやリヴァイエールで特殊召喚するといった手もあります。

変わった所ではサクリファイスや地底のアラクネーで装備カードにした

相手モンスターを除外してしまうといった芸当も可能です。

 

 

使いどころは少し難しいですが最近はペンデュラムを使うデッキも多い為、

サイドデッキに忍ばせておくのも悪くないと思います。

 

ストライダー飛竜

貴様らにそんな魔法カードは必要ない

関連記事

遊戯王カード考察:おろかな重葬(じゅうそう) そろそろ眷竜スターヴ許されなさそう

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第66話『開幕戦!!クロウvs権現坂』感想

遊戯王ARC-V66話の感想です。 ついに始まりましたフレンドシップカップ。 興味深いカ

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・フォクシーウィッチ ちくちくじゃ済まないダメージ量

今回12月23日、LINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)の発売です。

記事を読む

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンクヴレインズパックの登場により環

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ドウジ:遊戯王カード考察  六武衆における墓地肥やし担当、エニシとは相性抜群

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第60話『地獄の沙汰もカード次第』感想

遊戯王ARC-V60話の感想です。 ロジェ長官の手腕によって一網打尽とされてしまったランサーズ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン、オッドアイズ・フュージョン

ディメンション・オブ・カオスのカードも次々と判明してきましたね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)ドロソフィルム・ヒドラ

相手モンスターを生贄にしろ   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズ

記事を読む

遊戯王カード考察:弩弓部隊(どきゅうぶたい) 割とサンダー・ブレイクと差別化はできます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-那沙帝弥(ナーサテイヤ)-

墓地にさえいけば蘇生しつつコントロール奪取!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,978,511 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑