遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン

スケール1&エクストラデッキメタ!

 

今回紹介するのは3月21日に発売されるVジャンプ5月特大号に

付録としてついてくるこのカードです。

カード自体は少し前に既に判明していたの効果が不明となっていました。

しかしどうやら不確定ながらも解読に成功したみたいなので紹介させていただきます。

もし効果に間違いがあった場合は後で訂正する予定です。

 

 

 

オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン
ペンデュラム・効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
①:自分フィールドの「オッドアイズ」Pモンスター1体を対象とする相手の効果が発動した場合、
そのターンのエンドフェイズに発動する。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、
自分のエクストラデッキから「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」以外の
表側表示の「オッドアイズ」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
①:1ターンに1度、
エクストラデッキから特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

 

新しく登場するオッドアイズのレベル5ペンデュラムモンスターです。

漫画版アークファイブにおいて榊遊矢が沢渡慎吾戦で使用したカードであり

オッドアイズ・ファントム・ドラゴンの効果でダメージを増幅するのに貢献した他、

黒咲隼戦ではモンスター効果によってRR-ブレード・バーナー・ファルコンの

効果を無効にするといった活躍を見せました。

レベル、属性、攻撃力、守備力、そしてスケールが星読みの魔術師と同一であり

漫画版における星読みの魔術師の立ち位置にいるモンスターだと言えます。

 

 

ペンデュラム効果は自分フィールドのオッドアイズペンデュラムモンスター1体が

相手の効果の対象になった場合、そのターンのエンドフェイズに発動し

ペンデュラムゾーンのこのカードを特殊召喚し、

エクストラデッキから自身と同名カード以外の「オッドアイズ」ペンデュラムを

代わりにペンデュラムゾーンに置くという強制効果です。

フィールドにオッドアイズペンデュラムが対象になる必要があり、

その上でエクストラデッキにもオッドアイズペンデュラムが存在する必要がありますが

攻撃力1200の為オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンでサーチ可能であり

サーチ効果を使っていれば自然とエクストラデッキにオッPが存在する事になります。

ペルソナドラゴンの効果でオッPをペンデュラムスケールにセッティングすれば

再びオッPのサーチ効果が発動可能になります。

ペルソナドラゴン自身をペンデュラムスケールにセッティングは出来ませんが、

オッPを経由する事で間接的にサーチが可能である為、

スケール1を維持したい場合には重宝するでしょう。

それ以外ではエクストラデッキのオッドアイズ・ユニコーンを再利用できる

数少ない手段にもなります。

 

 

モンスター効果は1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された

表側表示のモンスター1体の効果をそのターンの間無効に出来るという

フリーチェーンで発動可能な効果です。

現在多くのデッキがエクストラデッキに依存している為、

非常に腐りにくくメタ効果としてはかなり優秀でいやらしい部類に入ります。

複数のペルソナドラゴンを並べる事が出来ればその枚数だけ

相手のエクストラデッキのモンスター効果を封じる事も可能です。

このカードを出されたら悲鳴を上げるデッキも少なくないでしょう。

 

 

かなり面白いモンスターだと思います。

メタとして優秀なモンスター効果を持ちスケール要因として見ても

デメリットなしのスケール1と使いやすいです。

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンの効果でサーチが可能な他

オッドアイズである為ドクロバットジョーカーや天空の虹彩でもサーチ可能です。

レベルが5である為フィールドに出すのはペンデュラム召喚が基本になりますが

攻撃力1200のドラゴン族である為仮面竜で特殊召喚する手もあります。

守備力も2400あるため下級モンスターで戦闘破壊するのは難しいでしょう。

 

 

EMオッドアイズ・ライトフェニックスに続くレベル5オッドアイズであり

トランプガールと同時に並べる事が出来れば

オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴンの融合召喚につなげる事も可能です。

スケールが1である為トランプガールのペンデュラム召喚も狙いやすく、

ライトフェニックスよりも相性がいいと言えます。

それ以外では貴竜の魔術師と一緒にシンクロ素材になるのにも効果的で

レベル8のドラゴン族シンクロモンスターに繋げる事が可能です。

 

 

メタカードにスケール要因に融合、シンクロ素材にと

幅広い使い道のある中々ニクいカードです。

 

遊矢11

関連記事

伝説のフィッシャーマン二世:遊戯王カード考察 梶木くんなにカードになってんねん・・・・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

エンコード・トーカー:遊戯王カード考察 デコード・トーカーの親戚登場!スピードデュエル向きのリンクマーカー

6月17日にストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-が発売されます。 藤木遊作の使うサイバー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:フレシアの蟲惑魔(こわくま)

とうとうディメンション・オブ・カオスのフラゲ情報が出たみたいですね。 今回紹介するのはそんなデ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第116話『太陽と月の守護者』感想

遊戯王ARC-V116話の感想です。 前回セレナの裏切りにあい柚子を攫われてしまいましたが

記事を読む

リンク・ディサイプル:遊戯王カード考察  サイバース・ガジェットが使いやすくなりました

5月21日にVジャンプ7月号が発売されました。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカ

記事を読む

デスペラード・リボルバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 コイントスを最大限に意識してます

11月11日に遊戯王シリーズの歴代デュエリスト達のリメイククカードを収録した 「デュエリストパ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第62話『大エンタメデュエル大会!!』感想

遊戯王ARC-V62話の感想です。 デュエルを通じて長次郎にエンジョイを取り戻す事が出来ました

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-ティンクル・リトルスター

デビル・ヒールと相性バッチリ!   今回紹介するのはDIMENSION BOX

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・チェイサー

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,629,455 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑