遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!

 

今週のアークファイブはまだ放送する不確定みたいですね。

今回紹介するのはスターターデッキ2016よりこのカードです。

 

 

EMインコーラス
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻 500/守 500
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「EMインコーラス」以外の
「EM」カード、「魔術師」カード、「オッドアイズ」カードの内、
いずれかが存在する場合に発動できる。
このカードのPスケールはターン終了時まで7になる。
【モンスター効果】
①:このカードが戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキからPモンスター以外の「EM」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

エンタイメイトの新しい仲間となる鳥獣族のペンデュラムモンスターです。

インコーラス

カード名の由来は「インコ+コーラス」と考えていいでしょう。

イラストも3羽揃って歌っているインコの姿をしています。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、もう片方のペンデュラムゾーンが

インコーラス以外のエンタメイト、魔術師、オッドアイズカードのいずれである場合

そのターンの間ペンデュラムスケールを7にする事が出来るという効果です。

ペンデュラム召喚がメインのデッキを使っている人なら経験した事あると思うのですが

手札のペンデュラムカードのスケールが偏って集まってしまった為に

ペンデュラム召喚が狙えないという事はままあります。

この効果はそんな手札事故をフォローしてくれるささやかな手助けとなるでしょう。

スケールも2から7と幅広くスケール4やスケール5のペンデュラムとセットした際にも

状況に合わせて低レベルのペンデュラム召喚と高レベルのペンデュラム召喚を

ターンごとに使い分ける事が可能です。

 

 

モンスター効果は戦闘で破壊された場合に

デッキからペンデュラム以外のエンタメイトを特殊召喚できるというものです。

非ペンデュラムのエンタメイトであればレベルに制限はなく、

スライハンド・マジシャンやハンマーマンモなども特殊召喚が可能です。

ロングフォーン・ブルやセカンドンキーの効果を発動する場合にも効果的です。

ダメージを覚悟できるなら自爆特攻をして効果を発動するのもいいでしょう。

 

 

エンタメイトの中ではオッドアイズ・ライトフェニックスに続く

2枚めのペンデュラムモンスターとなる鳥獣族です。

ペンデュラム召喚によって繰り返しゴッドバードアタックのコストに出来る為、

インコーラスと一緒にゴッドバードアタックを採用する選択肢もあるでしょう。

 

 

レベル3のペンデュラムモンスターも結構増えてきましたね。

レベル3を中心としたペンデュラムデッキを組むのも面白いかもしれません。

刻剣の魔術師やエキセントリック・デーモンといった優秀なモンスターがおり

スケール4のペンデュラムをセットしても問題なくペンデュラム召喚が可能な点は

レベル4のペンデュラムモンスターには無いポイントです。

 

牙をむく

関連記事

遊戯王カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アーセナル・ファルコン

撃墜されると切り札が緊急発進!   今回紹介するのはDIMENSION BOX

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM-光波昇華(ランクアップマジック サイファー・アセンション)

超銀河眼の光波龍を出す為のほぼ必須カード!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:デニス・マックフィールドと榊遊勝の繋がりについて他

新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかこのMUGEN次元をよろしくお願いします。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:神の摂理(Ultimate Providence)

解放のアリアドネと組み合わせると一気に凶悪カードに   今回紹介するのはEXT

記事を読む

EXTRA PACK 2015発売決定、ついにバーニングアビス(彼岸)が日本上陸

欧米や韓国のカードが収録されるEXTRA PACK 2015が9月19日についに発売されるようです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ダーク・ガントレット

シャドーベイルより発動条件は厳しい、だが・・・   今回紹介するのは久しぶりに

記事を読む

EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ガガガヘッド

今回紹介するのは漫画版遊戯王ZEXAL9巻の付録になっているこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第105話『レジスタンスの絆』感想

遊戯王ARC-V105話の感想です。 父榊遊勝に憎しみを抱くエドに出会った遊矢でしたが

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:仁王立ち

俺はフルモンをやめるぞ、遊矢ーー!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,955 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑