遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!

 

今週のアークファイブはまだ放送する不確定みたいですね。

今回紹介するのはスターターデッキ2016よりこのカードです。

 

 

EMインコーラス
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻 500/守 500
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「EMインコーラス」以外の
「EM」カード、「魔術師」カード、「オッドアイズ」カードの内、
いずれかが存在する場合に発動できる。
このカードのPスケールはターン終了時まで7になる。
【モンスター効果】
①:このカードが戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキからPモンスター以外の「EM」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

エンタイメイトの新しい仲間となる鳥獣族のペンデュラムモンスターです。

インコーラス

カード名の由来は「インコ+コーラス」と考えていいでしょう。

イラストも3羽揃って歌っているインコの姿をしています。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、もう片方のペンデュラムゾーンが

インコーラス以外のエンタメイト、魔術師、オッドアイズカードのいずれである場合

そのターンの間ペンデュラムスケールを7にする事が出来るという効果です。

ペンデュラム召喚がメインのデッキを使っている人なら経験した事あると思うのですが

手札のペンデュラムカードのスケールが偏って集まってしまった為に

ペンデュラム召喚が狙えないという事はままあります。

この効果はそんな手札事故をフォローしてくれるささやかな手助けとなるでしょう。

スケールも2から7と幅広くスケール4やスケール5のペンデュラムとセットした際にも

状況に合わせて低レベルのペンデュラム召喚と高レベルのペンデュラム召喚を

ターンごとに使い分ける事が可能です。

 

 

モンスター効果は戦闘で破壊された場合に

デッキからペンデュラム以外のエンタメイトを特殊召喚できるというものです。

非ペンデュラムのエンタメイトであればレベルに制限はなく、

スライハンド・マジシャンやハンマーマンモなども特殊召喚が可能です。

ロングフォーン・ブルやセカンドンキーの効果を発動する場合にも効果的です。

ダメージを覚悟できるなら自爆特攻をして効果を発動するのもいいでしょう。

 

 

エンタメイトの中ではオッドアイズ・ライトフェニックスに続く

2枚めのペンデュラムモンスターとなる鳥獣族です。

ペンデュラム召喚によって繰り返しゴッドバードアタックのコストに出来る為、

インコーラスと一緒にゴッドバードアタックを採用する選択肢もあるでしょう。

 

 

レベル3のペンデュラムモンスターも結構増えてきましたね。

レベル3を中心としたペンデュラムデッキを組むのも面白いかもしれません。

刻剣の魔術師やエキセントリック・デーモンといった優秀なモンスターがおり

スケール4のペンデュラムをセットしても問題なくペンデュラム召喚が可能な点は

レベル4のペンデュラムモンスターには無いポイントです。

 

牙をむく

関連記事

遊戯王OCGカード考察:プレゼントカード

デッキ破壊を軽視するあなたに送りものです   今回紹介するのはインベイジョン・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:百万喰らい(よろずぐらい)のグラットン

追撃のダ・イーザでダメージはさらに加速した   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王カード考察:リンク・ディヴォーティー デメリットをどう受け入れるか

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ライドロン サイバース通常モンスター4体目、今度は攻撃力2000枠

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)27 弩級戦艦-ドレッドノイド グレートマグナス救済です

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。 もう収録カードは全て判明

記事を読む

武力の軍奏(ぶりきのぐんそう):遊戯王カード考察 チューナーがチューナーを蘇生しさらにチューナーをシンクロ召喚

モンスターハンター:ワールドでニャンターが使えるのかが気になる今日この頃。 今回紹介するのはD

記事を読む

遊戯王アークファイブ第127話『リバイバル・ゼロ』感想

遊戯王ARC-V127話の感想です。 赤馬零王の元いた世界ではズァークがモンスターと1つになり

記事を読む

スーパービークロイド-モビルベース:遊戯王カード考察  ちゃっかり新マスタールールに対応しとる・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

無償交換(リコール):遊戯王カード考察  モンスター効果版魔宮の賄賂!シンプルで使いやすくて強い!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,113 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑