遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!

 

今週のアークファイブはまだ放送する不確定みたいですね。

今回紹介するのはスターターデッキ2016よりこのカードです。

 

 

EMインコーラス
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻 500/守 500
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「EMインコーラス」以外の
「EM」カード、「魔術師」カード、「オッドアイズ」カードの内、
いずれかが存在する場合に発動できる。
このカードのPスケールはターン終了時まで7になる。
【モンスター効果】
①:このカードが戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキからPモンスター以外の「EM」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

エンタイメイトの新しい仲間となる鳥獣族のペンデュラムモンスターです。

インコーラス

カード名の由来は「インコ+コーラス」と考えていいでしょう。

イラストも3羽揃って歌っているインコの姿をしています。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、もう片方のペンデュラムゾーンが

インコーラス以外のエンタメイト、魔術師、オッドアイズカードのいずれである場合

そのターンの間ペンデュラムスケールを7にする事が出来るという効果です。

ペンデュラム召喚がメインのデッキを使っている人なら経験した事あると思うのですが

手札のペンデュラムカードのスケールが偏って集まってしまった為に

ペンデュラム召喚が狙えないという事はままあります。

この効果はそんな手札事故をフォローしてくれるささやかな手助けとなるでしょう。

スケールも2から7と幅広くスケール4やスケール5のペンデュラムとセットした際にも

状況に合わせて低レベルのペンデュラム召喚と高レベルのペンデュラム召喚を

ターンごとに使い分ける事が可能です。

 

 

モンスター効果は戦闘で破壊された場合に

デッキからペンデュラム以外のエンタメイトを特殊召喚できるというものです。

非ペンデュラムのエンタメイトであればレベルに制限はなく、

スライハンド・マジシャンやハンマーマンモなども特殊召喚が可能です。

ロングフォーン・ブルやセカンドンキーの効果を発動する場合にも効果的です。

ダメージを覚悟できるなら自爆特攻をして効果を発動するのもいいでしょう。

 

 

エンタメイトの中ではオッドアイズ・ライトフェニックスに続く

2枚めのペンデュラムモンスターとなる鳥獣族です。

ペンデュラム召喚によって繰り返しゴッドバードアタックのコストに出来る為、

インコーラスと一緒にゴッドバードアタックを採用する選択肢もあるでしょう。

 

 

レベル3のペンデュラムモンスターも結構増えてきましたね。

レベル3を中心としたペンデュラムデッキを組むのも面白いかもしれません。

刻剣の魔術師やエキセントリック・デーモンといった優秀なモンスターがおり

スケール4のペンデュラムをセットしても問題なくペンデュラム召喚が可能な点は

レベル4のペンデュラムモンスターには無いポイントです。

 

牙をむく

関連記事

遊戯王カード考察:真竜皇V.F.D.(しんりゅうおう ザ・ビースト)

相手モンスターの効果を無効にしつつコストに!   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:祝福の教会-リチューアル・チャーチ

ただの儀式サポートでは終わらない!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃

記事を読む

パラレルポート・アーマー:遊戯王カード考察 攻撃にも防御にも

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:強化支援メカ・ヘビーアーマー

ユニオン全般をサポートするぞ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリアウィング・ファスト・ドラゴン

シンクロペンデュラムモンスター第2弾!   2016年10月4日に漫画版アーク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-五月雨のソハヤ

期待のレベル5BFシンクロ!     今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:覚醒の暗黒騎士ガイア

今回はVジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ブレード・バーナー・ファルコン

降り注ぐ火玉 舞い降りるアカデミア エクシーズとかっとビングと未来の街、ハートランドが燃える

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マイルド・ターキー、ゴースト・ビーフ

2月11日にデュエリストフェスティバル2016でプロモーションパックが配布されました。 今回紹

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜脈の魔術師

もうすぐマスター・オブ・ペンデュラムが発売されますが そういえばまだ紹介していないカードも残っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

水晶機巧(クリストロン)-ハリファイバー:遊戯王カード考察 アクセルシンクロの救世主、むしろもっとやばい何か

11月25日に既存OCGテーマ用のリンクモンスターを収録したパック、

おジャマ改造:遊戯王カード考察 このカード1枚で3体特殊召喚して1枚ドロー、デッキさえ組めれば

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,717,461 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑