遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

チューニングガム
チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 400/守1200
「チューニングガム」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターをチューナーとして扱う。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターでしか攻撃できない。
②:自分フィールドのSモンスター1体のみを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その発動を無効にする。

 

 

新しく登場する闇属性悪魔族のチューナーモンスターです。

チューイングガムとチューニングをかけたネーミングと考えていいでしょう。

チューニングガムチューニングガム

チューニングガムチューニングガム

イラストはチューイングガムになったウォータースピリットという感じです。

ウォータースピリットは様々な物質に浸透するという設定があり

もしかしたらこれはガムに浸透した結果なのかもしれません。

攻撃力と守備力もウォータースピリットと同等の数値となっています。

すごく殴りたい顔をしています。

それにしても何故闇属性悪魔族になっているのでしょう?

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体を

そのターン、チューナーとして扱うというものです。

ただこのカード自体がチューナーであるという点が少し厄介であり、効果を活かすには

このカードを含めて3枚以上のモンスターが存在する必要があるでしょう。

分かりやすい所ではスカーレット・ノヴァ・ドラゴンのように

2体以上のチューナーが必要なモンスターを出したい時に活用が可能です。

このカードはレベル1である為金華猫の効果で蘇生させる事が可能であり

金華猫と合わせてチューナーを2体揃える事が容易です。

またレベル8以上のモンスターを2体並べやすいデッキであれば

究極幻神 アルティミトル・ビシバールキンの特殊召喚にも繋げられます。

 

他にはレベル・スティーラーを利用して連続のシンクロを決める手段もあります。

ライトロード・アーク ミカエルや地底のアラクネーのような除去効果を

レベル・スティーラーを経由して2連続で発動する事が可能であり、

その後さらにチューニングガムを素材にしてシンクロ召喚を決める事が可能です。

ライトロード・アーク ミカエルと一緒にチューニングすれば

ゴヨウ・キングやクリスタル・ウィング・シンクロドラゴンにも繋げられます。

また月華竜ブラック・ローズ→ライトロード・アーク ミカエルと繋げる事で

光属性以外のモンスターからでもミカエルのシンクロ召喚に繋げられます。

 

 

②の効果は自分フィールドのシンクロモンスター1体を対象とする

魔法、罠、モンスター効果が発動した時に墓地にあるこのカードを除外する事で

その効果を無効に出来るというものです。

せっかく出したシンクロモンスターを鳥銃士カステルなどで

簡単に除去されてしまう事をある程度防ぐ事が可能な便利な効果です。

またこのカード自身を素材にしなくても墓地から除外すれば発動する事が出来る為

あらかじめこのカードを墓地に落としておく事で

後で出すシンクロモンスターの安全性を高める事が可能です。

 

 

①の効果は少し扱いが難しいですが結構悪用のききそうな面白いカードだと思います。

また②の効果だけでも十分に有用なモンスターであり、

あまり①の効果を活かすこと意識せずとも

単純にレベル1の闇属性チューナーとして採用する選択肢も全然アリだと思います。

 

ウォータースピリット

関連記事

遊戯王OCGカード考察:巨神竜(きょしんりゅう)フェルグラント

蘇生して、さらにまた蘇生する   2016年2月9日にストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王カード考察:銀河の修道師(ギャラクシー・プリースト) EXデッキを補充しつつ2枚ドロー

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜王(えんまりゅうおう)レッド・デーモン・カラミティ

今回紹介するのはVジャンプ10月号の付録カードであるこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想になっていましたね。 さてゴ

記事を読む

ハック・ワーム:遊戯王カード考察  条件さえ満たせば複数展開可能!ジェスター・コンフィと一緒にどうぞ

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

デュエリスト・アドベント:遊戯王カード考察

結構サーチできるカード多いです   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

アカシック・マジシャン:遊戯王カード考察  バウンスにデッキトップサーチにと結構使いどころが多いです

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

飢えた竜はより貪欲に   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズよりこ

記事を読む

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

Comment

  1. 愚者火 より:

    k、コイツ…ボコ殴りにしてぇ…ドヤ顔に見えなくもない(笑)

    ワン・フォー・ワンと一緒にデッキに積んだら面白そうなカードですね(小並感)
    エクストラの枠を食いますけど。

    あとはシンクロモンスターにに効果を使えば簡単?にアクセルシンクロも出来そうですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,563,482 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑