遊戯王OCG,2016年4月の制限改定を個人的に予想してみる

公開日: : 遊戯王, 遊戯王OCG

3月になりました。今期は気温の変化が激しいですね。

知り合いでも結構多くの人が風邪をこじらせているので皆さんも気をつけましょう。

そしてそろそろ新しいリミットレギュレーションの時期でもあります。

前回でエンタメイジの主力カードが規制されEMEmが落ち着くかと思いきや

今度はパートナーを竜剣士に変えたEM竜剣士が新たに活躍を見せ

遊矢4

今なおエンタメイトが環境の支配者となっている状態です。

しかしEMEmの頃ほど圧倒的ではないようで彼岸や帝ものし上がってきており

時々EM竜剣士を押しのけて大会の優勝を飾る姿も見られます。

現在の環境はEM竜剣士を筆頭に彼岸や帝がそれに続く形となっている感じですね。

そのあたりを踏まえて今回も制限改訂の予想をしていきたいと思います。

外れたとしても「分からんのか、この戯けが」って感じで笑って許してください。

前回と同じ予想もあります

 

 

規制強化されそうなカード

EMペンデュラム・マジシャン

一番なんとかしないといけないのはこいつだと思います。

EMEmの頃からそうなのですがエンタメイトが恐ろしいのは

そしてエンタメイジや竜剣士、あと解放のアリアドネと非常に相性がいいのは

全部こいつがいるからと言っても過言ではありません。

ペンデュラムスケールの張替えとエンタメイトのサーチを同時に行えるこのカードは

エンタメイトにおける大きなエンジンとなっています。

このカードが禁止になるだけでもエンタメイトは相当大人しくなるでしょう。

 

 

EMモンキーボード

まあこいつもやばいですね。

「こいつ1枚手札にあればスケール1とスケール8が張れる」という強烈さは

「ペンデュラム召喚は手札消費が激しい」という評価を完全に過去のものにしました。

特にドクロバット・ジョーカーとの相性が凄まじくこのカードもまた

エンタメイトの強さの象徴とも言える存在です。

 

 

彼岸の悪鬼 グラバースニッチ

彼岸が規制されるとすれば筆頭と思われるのはこのカードです。

スカラマリオンやガトルホッグも十分に強力ですが

デッキから特殊召喚ができるグラバースニッチがやはり一歩抜きん出ていると思います。

 

 

天帝アイテール

帝の強さを支える要因の1つが相手ターンにアドバンス召喚をしやすい事です。

これにより展開力の低さを克服した帝は元々高いアドバンテージ能力を

存分に発揮できる事により今の地位まで一気に上り詰めました。

墓地肥やし効果とデッキから帝ステータスを特殊召喚できる効果も非常に強力で

このカードが規制されるだけでも帝はかなり辛くなるでしょう。

 

 

竜剣士ラスターP

エンタメイトの影に隠れがちな印象ですが竜剣士も十分に強烈です。

エクストラデッキを肥やす事の出来るペンデュラム効果に加えて

何よりも爆竜剣士イグニスターPのシンクロ召喚に繋がるのが強力です。

伊達にエンタメイトの相方を務めているわけではありません。

 

 

神の通告

新たに登場した神カウンターシリーズの1つです。

神の警告と違い通常召喚にこそ対応していませんが

それでも特殊召喚とモンスター効果を無効化できるのは

非常に高い汎用性と妨害性能を誇ります。

さすがにこれを3枚積みできるのはやりすぎではないかなぁと思います。

 

 

揺れる眼差し

ペンデュラムスケールの張替えとカードのサーチを同時にこなせるカードです。

特にEM竜剣士との相性が抜群で多くのデッキで3枚積みされています。

 

 

規制緩和されそうなカード

Emダメージ・ジャグラー

さすがにちょっとエンタメイジいじめすぎたんじゃないかなぁと。

エンタメイトに規制がかかるならこちらは緩和していいのではと思っています。

ヒグルミは禁止のままにしておくべきだと考えていますが。

 

 

輪廻天狗

日本に来る前には既に準制限になっていた海外産のカードです。

十分に優秀なカードなのですがとりあえず今の環境であれば

準制限にするほどのパワーは無いかなと思っています。

 

 

死のデッキ破壊ウィルス

禁止カードだったものがリメイクされた1枚です。

扱いの難しいカードになっており活躍している様子も確認できない為

無制限になっても問題ないかなと思っています。

 

 

終末の騎士

正直現在制限になっているカードは現在どれ緩和しても少し怖いのですが

その中でも緩和される可能性が高いのはこのカードかなと思います。

主にシャドールやシャドーミストを意識しての制限指定だと思いますが

どちらも既に主力カードに規制がかかっており今は比較的大人しい為、

闇属性全体のサポートとなるこのカードは緩和される可能性があります。

十分に強力なカードなんですけどね。

 

 

グローアップ・バルブ

こちらも制限カードの中では緩和される可能性が高いと思っています。

もともと1デュエルに1回しか使えないカードですしね。

 

 

総評

前回の制限改定ではEMEm対策に3枚がピンポイント禁止されましたが

結局の所EMはパートナーを竜剣士に変えてなおもトップに君臨していました。

恐らく竜剣士だけを規制しても同じ事になるのではないかと思っています。

なのでエンタメイト自体に何かしらの規制が必要になるでしょう。

その一方で彼岸や帝も十分に強力な性能を誇っており、

こちらも何かしら規制される可能性があるのではと思っています。

関連記事

遊戯王アークファイブ第145話『終わりなき反逆』感想

遊戯王ARC-V145話の感想です。 デニスとのエンタメデュエルを無事成功させた遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:霊獣の誓還(れいじゅうのせいかん)

ガスタ・ファルコ、ウィンダと共に無事帰還!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:サクリボー

今回紹介するのは最強ジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー:遊戯王カード考察  相手の妨害に専念する?それとも積極的に攻撃力上げる?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

星遺物-『星鎧』(せいいぶつせいがい):遊戯王カード考察 リバーステーマで特殊召喚を狙うかアドバンス召喚を狙うか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン

スケール1&エクストラデッキメタ!   今回紹介するのは3月21日に発売される

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜呼(りゅうこ)相打つ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:メタルフォーゼ ”ザ・ダーク・イリュージョン”

ザ・ダーク・イリュージョンに新しいテーマ「メタルフォーゼ」が登場します。 恐らく名前の由来は鉱

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・ラッシュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    個人的には彼岸は墓地からダンテを蘇生できるガトルホッグ、もしかするとデスガイドが規制されそうな気がします。帝は回すための汎神が危ういと思います。

  2. 匿名 より:

    マジエク帝という先攻クソゲーデッキ規制しないわけないでしょ。
    マジエクは禁止確定

  3. 匿名 より:

    さすがに穴がありすぎて本当に遊戯王やってるのか疑問なレベル…( ̄~ ̄;)
    まずEMはペンマジ禁止、猿制限は当然だがドクバも逝く可能性が高い
    サーチできるカードをサーチできるカードは今まで規制されていたからだ

    そして帝はアイテールよりも展開のエンジンである汎神にかかる方が痛い
    アイテールが制限になっただけなら怨邪帝を増やすか爆炎帝を入れたらいいだけだが、汎神は代わりがいないので汎神が制限になるだけで帝の安定性は半減する

    彼岸はグラバースニッチよりもガイド、ダンテだろう…この二体がやられるだけで彼岸は死ぬ

    あとバルブが緩和はあり得ない
    むしろ再禁止もあり得る
    もしくはチェインが禁止にいく可能性が高い
    ペンデュラムを売りたいKONAMIにとって、魔法封殺の先行ゲーはあまり良く思っていない可能性が高い
    なのでバルブの緩和はあり得ない

  4. 匿名 より:

    EM竜剣士の規制は当然として、規制後にのし上がるであろう下位勢も規制も必要ですよねぇ。

    EMのペンマジ・サル・ドクロバットのサーチ系EMは揃って制限or禁止ですかねぇ。
    エアーマン的にも簡単にサーチ出来るカードが多いだけでも厄介ですからねぇ。

    揺れる眼差しも制限くらいにはなるかなぁ? イラストは妄想が捗るから好きなんだが……
    対Pカードとしても優秀だけど、相手が先攻1ターン目から展開しちゃったら無意味だしなぁ。

    んで竜剣士ラスターPは制限っすかねぇ。優秀すぎて制限になったせいでカテゴリー少ないのに切り札になれなくなったサイバーなドラゴンもありますし、1枚でもええやん。今ならバニラの竜剣士もいるわけやし()

    彼岸に関しては……ランク3ダンテが制限かな?
    単純に考えて制限経験のあるカードガンナーの上位互換でさらに【彼岸】だとさらに強いと言うのが……
    しかも彼岸て切り札色々あるのにガチだとこいつしか使われてないという(チューナー必須・融合必須・儀式必須じゃねぇ……)
    ダンテからダンテ、そしてダンテ… ワンターン スリィーダンテェ… あかんやろ。
    他のランク3デッキには申し訳ないけど、カーガンかて制限だったんだし……

  5. 匿名 より:

    現行アニメの主人公テーマとのこともあって禁止はないんじゃないかな
    正直ヒグルミでも一発禁止は珍しいと思ったくらい
    あと何だかんだでストラクバリアは切れてないのです

    海外はお構い無しに暫定的なやつではラスターとドクロとモンキーが制限としてましたね

  6. 匿名 より:

    グローアップバルブが緩和されてたまるか。ナチュビが更に立ちやすくなるわw
    帝はアイテールもそうだけどレッセンなんとかしてくれ

  7. チャーリー より:

    ペンマジが規制されるんじゃないかとの話も出てますが、全日再録されたばかりのペンマジが、いきなり規制というのは個人的には考え難いですね。

    それよりデメリットの無い「汎神の帝王」がいい加減、規制されるのでは無いかと思ってます。
    EM竜剣士もそうですが、 帝もそろそろお役御免の時期が近付いて来る頃かと思います。

  8. 匿名 より:

    帝、彼岸はノータッチで
    EM竜剣士だけ少し弱くしてほしい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,562 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑