遊戯王OCGカード考察:超カバーカーニバル

さあカバよ!今こそお前が輝く時だ!

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

超カバーカーニバル
速攻魔法
①:自分の手札・デッキ・墓地から「EMディスカバー・ヒッポ」1体を選んで特殊召喚する。
その後、自分フィールドに
「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)を可能な限り特殊召喚できる。
このトークンはリリースできない。
「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
この効果で「カバートークン」を特殊召喚した場合、
ターン終了時まで相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。

 

カバ専用のサポートカードとなる速攻魔法です。

アークファイブにおいて榊遊矢がクロウ・ホーガン戦で使用したカードであり

フィールドに5体のモンスターを同時に召喚した後に

カタストロフ・ドローの効果で全員まとめて破壊されました

合掌・・・

 

 

その効果は自分の手札、デッキ、墓地からEMディスカバー・ヒッポ1体を特殊召喚、

その後自分フィールドにカバートークンを可能な限り特殊召喚するというものです。

まさに「カバーカーニバルのさらに上を行く」カードであり

ディスカバーヒッポも含めてカバーカーニバルより2体多くのモンスターを

同時に特殊召喚する事が可能です。

トークンとしての性質もカバーカーニバルのカバートークンと準拠しており

特殊召喚したターンの間相手はカバートークン以外のモンスターを

攻撃対象にできなくする効果を持っていますがリリースする事が出来ず

さらにカバートークンがモンスターゾーンに存在する間、

エクストラデッキからの特殊召喚を封じられるという厄介な効果を持っています。

このエクストラデッキから特殊召喚できなくなる制約はトークンではなく

魔法カード自体に発生しており例え強制転移などで相手にトークンを押し付けても

特殊召喚が封じられるのは自分になるという点には注意してください。

 

 

リリースできない点とエクストラデッキを封じられる点はかなり痛いですが

「ディスカバーヒッポを1枚デッキに入れておく」というかなり緩い条件で

一気に5体ものモンスターを特殊召喚する事が出来るのは中々に破格です。

いざという時の壁としては十分な働きをしてくれるでしょう。

また団結の力を使う事でディスカバーヒッポの攻撃力が4800に到達します。

あらかじめアタッカーとなるモンスターを出しておく事が出来るなら

さらに高い攻撃力を確保できるようになるでしょう。

他にはトークン復活祭を使う事で最大で4枚もの除去が可能となります。

同じ事はスケープ・ゴートでも可能ですがこちらは発動したターンでも

他のモンスターの召喚や特殊召喚が問題なくできる点と

ディスカバーヒッポもついでに特殊召喚できる点で勝ります。

 

 

またトークンを特殊召喚するかどうかは任意であり単純に

「レベル3のモンスターを特殊召喚する」カードとしても使えます。

ディスカバーヒッポを出すだけであれば特殊召喚の制約も発生しない為、

シンクロ素材やランク3のエクシーズ素材に遠慮なく使う事が可能です。

レベル3のモンスターは特殊召喚効果を持ったモンスターが数多くですが

それでも何かしらの特殊召喚条件を持っているモンスターばかりです。

その中でも「カバを1枚入れるだけ」で特殊召喚が可能なこのカードは

状況を選ばずに展開数を増やせるカードとして活用が可能です。

1ターンに1度の制約も無い為何枚でも発動が可能ですが

さすがにオーバーレイユニットになっている状態では特殊召喚できない為

エクシーズ素材にする場合には注意しましょう。

除外された場合でも特殊召喚が出来なくなりますが

カバの攻撃力は800である為奈落の落とし穴を回避する事は可能です。

 

 

シンクロやエクシーズ召喚の素材として気軽にレベル3を呼べるだけでなく

いざという時には壁としても使える中々汎用性の高いカードです。

こうしてくるとディスカバーヒッポ自体の評価も見直す必要があるでしょう。

ランク3のエクシーズ召喚を狙うデッキであれば気軽に特殊召喚できる上に

墓地に落ちればクレーンクレーンだけでなくフレンドンキーからも

蘇生させて新たなランク3のエクシーズ召喚が狙えるカードとなってきます。

「ディスカバーヒッポ1枚+超カバーカーニバル+フレンドンキー」

という出張セットは特にランク3のエクシーズ召喚をメインにするのであれば

中々面白いのではないでしょうか?

 

ディスカバーヒッポ

もうネタカードなんていわせない

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:禁忌の壺

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)ドロソフィルム・ヒドラ

相手モンスターを生贄にしろ   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズ

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その4

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ゴヨウ・キング

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

伝説のフィッシャーマン二世:遊戯王カード考察 梶木くんなにカードになってんねん・・・・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:法眼の魔術師

Vジャンプのレジェンダリーコレクション、皆さんは入手できたでしょうか? ホープゼアルは人気出る

記事を読む

遊戯王アークファイブ第103話『華々しき機械天使』感想

アークファイブ103話の感想です。 遅れるといいましたが思ったより早く予定が終わりました。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・サンクチュアリ

ついにウィジャ盤が強化される!   6月4日に初代遊戯王関連のカードが収録され

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:儀式の下準備

今回はアークファイブのリツイート忘れなかったよ! 今更ですが劇場版遊戯王の前売り券がもう発売さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,713 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑