遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・

 

今回紹介するのはスターターデッキ2016よりこのカードです。

 

 

EMブランコブラ
ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/爬虫類族/攻 300/守1800
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、自分のモンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
相手のデッキの一番上のカードを墓地へ送る。
【モンスター効果】
①:このカードは直接攻撃できる。
②:このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。

 

 

 

新しいエンタメイトの仲間となる爬虫類族のペンデュラムモンスターです。

名前の由来はそのまま「ブランコ」と「コブラ」を掛け合わせたものでしょう。

ブランコブラ

イラストではハート型の舌が特徴の金色のコブラのモンスターとなっています。

空中ブランコに乗っているというか空中ブランコが体に埋め込まれてます。

同じく空中ブランコを題材とするモンスターにEmトラピーズ・マジシャンがいますが

もしかしたらトラピーズマジシャンの後輩や弟子なのかもしれませんね。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、自分のモンスターが戦闘ダメージを与えた時に

相手のデッキトップのカードを1枚墓地に送るというものです。

デッキを墓地に送るという行為は基本的に敵に塩を送る結果に繋がりやすく、

デッキ破壊としても非常にショボく、通常ではほとんど約に立たない効果ですが

ヴァンパイア帝国が発動している状況であれば

アドバンテージの確保に繋がる効果へと変化します。

 

 

モンスター効果は2つあり①はダイレクトアタックが可能になるという効果であり

②はこのカードが攻撃したバトルフェイズ終了時に守備表示になるという効果です。

ブランコで相手のモンスターを迂回して直接攻撃するイメージなのかもしれませんね。

どちらの効果もサブマリンロイドの効果に非常に良く似ていますが、

守備表示になるタイミングがダメージステップ終了時から

バトルフェイズ終了時へとやや遅くなっている点、

何よりも直接攻撃する際、元々の攻撃力でなくてもいい点が大きな違いとなります。

一切の制約なしで直接攻撃が可能なモンスターではありますが

その攻撃力はわずか300と非常に低いので通常ではほとんど意味がないでしょう。

 

 

ですがこいつはエンタメイトです。

エンタメイトは攻撃力を上昇させる手段が豊富に存在する為、

攻撃力を補強した上で直接攻撃すれば馬鹿にならないダメージ量になります。

例えばチアモールとペンデュラム・マジシャンでスケールをセッティングして

ブランコブラを3体特殊召喚すれば合計攻撃力は4800となります。

同時にシルバークロウなども一緒に出せばさらに攻撃力は伸びるでしょう。

しかも攻撃した後は守備表示になる為、相手ターンには壁になれる上に

ペンデュラムスケールが維持できるなら毎ターンこれが可能になります。

相手がどんなに攻撃力や耐性のあるモンスターを出してこようと

ブランコブラによって決着をつける事は十分に狙えるでしょう。

守備力が1800あるので「右手に盾を左手に剣を」を使うのも効果的です。

相手のライフがわずかに残った場合は

ガガガガンマンをエクシーズ召喚して引導を渡す選択肢もあります。

 

 

また爬虫類族なのでキングレムリンの効果でサーチする事が可能です。

爬虫類族の中では2という一番低いペンデュラムスケールを持っており

なおかつ爬虫類族で唯一のレベル4ペンデュラムモンスターです。

レベル4が中心のペンデュラムデッキであれば採用もしやすく

特にキングレムリンと相性のいいカードだと言えるでしょう。

毒蛇の供物の生贄としても優秀です。

 

一見するとそんなに強そうには見えないカードですが

要所要所で面白いポテンシャルをもった1枚です。

特にレベル4の爬虫類族ペンデュラムを待っていたという人は

結構いるのではないでしょうか?

プロフェッサー・コブラ

関連記事

遊戯王アークファイブ第85話『水晶の翼』感想

遊戯王ARC-V85話の感想です。先週休みだったので2週間ぶりですね。 ユーゴVSセレナもこれ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第127話『リバイバル・ゼロ』感想

遊戯王ARC-V127話の感想です。 赤馬零王の元いた世界ではズァークがモンスターと1つになり

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:龍大神(りゅうおおかみ)

相手によってはただのボーナス、相手によっては悪夢そのもの   今回紹介するのは

記事を読む

シューティング・ソニック:遊戯王カード考察

上手く狙えば複数デッキバウンス可能!   今回紹介するのは20th ANNIV

記事を読む

灼銀の機竜(ドラッグ・オン・ヴァーミリオン)遊戯王カード考察  不鵺城の蘇生対象としてうってつけ!

9月9日に海外のカードが多数収録されたEXTRA PACK 2017が発売されます。 今回紹介

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:Kaiju(壊獣)”EXTRA PACK 2016″

2016年9月10日にEXTRA PACK 2016が発売されます。 コズモやバージェストマな

記事を読む

【剛鬼(ごうき)】:遊戯王テーマ考察  プロレスらしい脳筋テーマだ!相手の攻撃力を下げて物理で殴れ!

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するカリスマデュエリスト、鬼塚豪。 恐らくアークファイブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マグネット・フィールド

どちらか片方だけでも物凄く強いのに・・・   今回紹介するのはストラクチャーデ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ショーダウン

ペンデュラムや永続魔法を多用するデッキに   今回紹介するのはスターターデッキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

水晶機巧(クリストロン)-ハリファイバー:遊戯王カード考察 アクセルシンクロの救世主、むしろもっとやばい何か

11月25日に既存OCGテーマ用のリンクモンスターを収録したパック、

おジャマ改造:遊戯王カード考察 このカード1枚で3体特殊召喚して1枚ドロー、デッキさえ組めれば

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,717,461 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑