遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・

 

今回紹介するのはスターターデッキ2016よりこのカードです。

 

 

EMブランコブラ
ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/爬虫類族/攻 300/守1800
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、自分のモンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
相手のデッキの一番上のカードを墓地へ送る。
【モンスター効果】
①:このカードは直接攻撃できる。
②:このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。

 

 

 

新しいエンタメイトの仲間となる爬虫類族のペンデュラムモンスターです。

名前の由来はそのまま「ブランコ」と「コブラ」を掛け合わせたものでしょう。

ブランコブラ

イラストではハート型の舌が特徴の金色のコブラのモンスターとなっています。

空中ブランコに乗っているというか空中ブランコが体に埋め込まれてます。

同じく空中ブランコを題材とするモンスターにEmトラピーズ・マジシャンがいますが

もしかしたらトラピーズマジシャンの後輩や弟子なのかもしれませんね。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、自分のモンスターが戦闘ダメージを与えた時に

相手のデッキトップのカードを1枚墓地に送るというものです。

デッキを墓地に送るという行為は基本的に敵に塩を送る結果に繋がりやすく、

デッキ破壊としても非常にショボく、通常ではほとんど約に立たない効果ですが

ヴァンパイア帝国が発動している状況であれば

アドバンテージの確保に繋がる効果へと変化します。

 

 

モンスター効果は2つあり①はダイレクトアタックが可能になるという効果であり

②はこのカードが攻撃したバトルフェイズ終了時に守備表示になるという効果です。

ブランコで相手のモンスターを迂回して直接攻撃するイメージなのかもしれませんね。

どちらの効果もサブマリンロイドの効果に非常に良く似ていますが、

守備表示になるタイミングがダメージステップ終了時から

バトルフェイズ終了時へとやや遅くなっている点、

何よりも直接攻撃する際、元々の攻撃力でなくてもいい点が大きな違いとなります。

一切の制約なしで直接攻撃が可能なモンスターではありますが

その攻撃力はわずか300と非常に低いので通常ではほとんど意味がないでしょう。

 

 

ですがこいつはエンタメイトです。

エンタメイトは攻撃力を上昇させる手段が豊富に存在する為、

攻撃力を補強した上で直接攻撃すれば馬鹿にならないダメージ量になります。

例えばチアモールとペンデュラム・マジシャンでスケールをセッティングして

ブランコブラを3体特殊召喚すれば合計攻撃力は4800となります。

同時にシルバークロウなども一緒に出せばさらに攻撃力は伸びるでしょう。

しかも攻撃した後は守備表示になる為、相手ターンには壁になれる上に

ペンデュラムスケールが維持できるなら毎ターンこれが可能になります。

相手がどんなに攻撃力や耐性のあるモンスターを出してこようと

ブランコブラによって決着をつける事は十分に狙えるでしょう。

守備力が1800あるので「右手に盾を左手に剣を」を使うのも効果的です。

相手のライフがわずかに残った場合は

ガガガガンマンをエクシーズ召喚して引導を渡す選択肢もあります。

 

 

また爬虫類族なのでキングレムリンの効果でサーチする事が可能です。

爬虫類族の中では2という一番低いペンデュラムスケールを持っており

なおかつ爬虫類族で唯一のレベル4ペンデュラムモンスターです。

レベル4が中心のペンデュラムデッキであれば採用もしやすく

特にキングレムリンと相性のいいカードだと言えるでしょう。

毒蛇の供物の生贄としても優秀です。

 

一見するとそんなに強そうには見えないカードですが

要所要所で面白いポテンシャルをもった1枚です。

特にレベル4の爬虫類族ペンデュラムを待っていたという人は

結構いるのではないでしょうか?

プロフェッサー・コブラ

関連記事

遊戯王カード考察:ダブルバイト・ドラゴン 出すのはそこまで難しくないです。相手を選んで出しましょう

  あ、クリスマスは普通に家族と過ごしました。ケーキ美味しかったです。

記事を読む

遊戯王カード考察:素早きは三文の徳 さてどうやって3枚揃えます?

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ガベージコレクター 召喚効果の再利用をしつつアドバンテージ確保

本日の遊戯王ヴレインズは30分早めの17時55分から放映です。 皆さん間違えないようにしましょ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察: BF(ブラックフェザー)-弔風(とむらいかぜ)のデス

様々なデッキで使えるレベル4チューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第133話『輝かしきエンタメショー』感想

遊戯王ARC-V134話の感想です。 ユーリの伏せカード「超融合」を見事に当てた榊遊勝。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-ソウル・シェイブ・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:仁王立ち

俺はフルモンをやめるぞ、遊矢ーー!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王魂調和(おうごんちょうわ)

発動さえ出来れば非常に優秀!     今回紹介するのはPREM

記事を読む

戦線復帰(せんせんふっき):遊戯王カード考察

こんなカードを待っていた人も多いはず!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン

強い事しか書いてない   ムービーパックのフラゲ情報も出てきたみたいですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,660,557 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑