遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・

 

今回紹介するのはスターターデッキ2016よりこのカードです。

 

 

EMブランコブラ
ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/爬虫類族/攻 300/守1800
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、自分のモンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
相手のデッキの一番上のカードを墓地へ送る。
【モンスター効果】
①:このカードは直接攻撃できる。
②:このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。

 

 

 

新しいエンタメイトの仲間となる爬虫類族のペンデュラムモンスターです。

名前の由来はそのまま「ブランコ」と「コブラ」を掛け合わせたものでしょう。

ブランコブラ

イラストではハート型の舌が特徴の金色のコブラのモンスターとなっています。

空中ブランコに乗っているというか空中ブランコが体に埋め込まれてます。

同じく空中ブランコを題材とするモンスターにEmトラピーズ・マジシャンがいますが

もしかしたらトラピーズマジシャンの後輩や弟子なのかもしれませんね。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、自分のモンスターが戦闘ダメージを与えた時に

相手のデッキトップのカードを1枚墓地に送るというものです。

デッキを墓地に送るという行為は基本的に敵に塩を送る結果に繋がりやすく、

デッキ破壊としても非常にショボく、通常ではほとんど約に立たない効果ですが

ヴァンパイア帝国が発動している状況であれば

アドバンテージの確保に繋がる効果へと変化します。

 

 

モンスター効果は2つあり①はダイレクトアタックが可能になるという効果であり

②はこのカードが攻撃したバトルフェイズ終了時に守備表示になるという効果です。

ブランコで相手のモンスターを迂回して直接攻撃するイメージなのかもしれませんね。

どちらの効果もサブマリンロイドの効果に非常に良く似ていますが、

守備表示になるタイミングがダメージステップ終了時から

バトルフェイズ終了時へとやや遅くなっている点、

何よりも直接攻撃する際、元々の攻撃力でなくてもいい点が大きな違いとなります。

一切の制約なしで直接攻撃が可能なモンスターではありますが

その攻撃力はわずか300と非常に低いので通常ではほとんど意味がないでしょう。

 

 

ですがこいつはエンタメイトです。

エンタメイトは攻撃力を上昇させる手段が豊富に存在する為、

攻撃力を補強した上で直接攻撃すれば馬鹿にならないダメージ量になります。

例えばチアモールとペンデュラム・マジシャンでスケールをセッティングして

ブランコブラを3体特殊召喚すれば合計攻撃力は4800となります。

同時にシルバークロウなども一緒に出せばさらに攻撃力は伸びるでしょう。

しかも攻撃した後は守備表示になる為、相手ターンには壁になれる上に

ペンデュラムスケールが維持できるなら毎ターンこれが可能になります。

相手がどんなに攻撃力や耐性のあるモンスターを出してこようと

ブランコブラによって決着をつける事は十分に狙えるでしょう。

守備力が1800あるので「右手に盾を左手に剣を」を使うのも効果的です。

相手のライフがわずかに残った場合は

ガガガガンマンをエクシーズ召喚して引導を渡す選択肢もあります。

 

 

また爬虫類族なのでキングレムリンの効果でサーチする事が可能です。

爬虫類族の中では2という一番低いペンデュラムスケールを持っており

なおかつ爬虫類族で唯一のレベル4ペンデュラムモンスターです。

レベル4が中心のペンデュラムデッキであれば採用もしやすく

特にキングレムリンと相性のいいカードだと言えるでしょう。

毒蛇の供物の生贄としても優秀です。

 

一見するとそんなに強そうには見えないカードですが

要所要所で面白いポテンシャルをもった1枚です。

特にレベル4の爬虫類族ペンデュラムを待っていたという人は

結構いるのではないでしょうか?

プロフェッサー・コブラ

関連記事

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)59 背反の料理人(バック・ザ・コック)

史上初の真炎の爆発対応ナンバーズ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃

記事を読む

遊戯王OCG、2017年1月の制限改定判明!正月になじみあるカードが正月に規制!エラッタされて禁止解除されたカードも多数!

2017年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 最近結構環境があれてましたが今回どの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:機殻の凍結(クリフォートダウン)

3体分とか言い出しやがりました   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ユニ、EM(エンタメイト)コン

墓地効果を上手く活用できるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-よりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファスP(ペルソナ)、虚竜魔王(きょりゅうまおう)アモルファクターP

儀式魔法内臓のフィールド魔法!   いよいよシャイニング・ビクトリーズが発売さ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古聖戴(こせいてん)サウラヴィス、精霊の祝福

手札誘発効果持ちの儀式モンスター!   いよいよ本日、インベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

マスター・ピース:遊戯王カード考察

さあみんなでかっとビングだ!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

遊戯王OCG,ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-、ストラクチャーデッキ-海馬瀬人-と一緒に揃えておきたいカードは?

ストラクチャーデッキ-武藤遊戯-とストラクチャーデッキ-海馬瀬人-、 いよいよ2つのストラクチ

記事を読む

2016年度遊戯王OCG検定終了、面白かった問題やwikiと裁定の違う問題に関して

4月25日から5月9日までの間、2016年度の遊戯王OCG検定が実施されていました。 28問全

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

レスキューフェレット:遊戯王カード考察  レベル6までなら何でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

東方鈴奈庵第49話『本居小鈴の葛藤(後編)』感想

鈴奈庵49話の感想です。 前回は前編と書かれていなかったのですが

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブも

→もっと見る

PAGE TOP ↑