遊戯王OCGカード考察:レッド・ウルフ

シンクロ召喚以外でも使って見る?

 

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

レッド・ウルフ
効果モンスター
星6/炎属性/悪魔族/攻1400/守2200
①:自分が「リゾネーター」モンスターの召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は半分になる。

 

 

新しく登場したレベル6の悪魔族モンスターです。

アークファイブにおいてジャック・アトラスがセルゲイ・ヴォルコフ戦で使用し

レッド・リゾネーターの召喚と共に手札から特殊召喚され

レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトのシンクロ召喚へと繋げました。

アークファイブのジャック・アトラスは「レッド」と名のつくモンスターを使用しており

このカードも「レッド」モンスターに対応する効果を持っていましたが

さすがに「レッド」をカテゴリ化するのが難しかったのか

OCG化の際にリゾネーターに対応する効果へと変更されています。

レッド・ウルフ

イラストは炎を身にまとった赤い狼というまさに名前通りのデザインです。

アークファイブのジャックは正統派スタイルなモンスターが多いですね。

 

 

その効果はリゾネーターモンスターの召喚に成功した時に

手札から特殊召喚できるというものです。

ただしこの効果で特殊召喚した場合攻撃力が半分になるデメリットが発生します。

非常にシンプルな効果であり、各種リゾネーターと同時に展開する事で

レベル7~9のシンクロ召喚につなげる事が可能です。

墓地にレベル・スティーラーがある状態でレベル3のリゾネーターと一緒に出せば

氷結界の龍 トリシューラのシンクロ召喚につなげる事も出来るでしょう。

 

攻撃力が半分に下がるデメリットが存在しますが元々の攻撃力が1400と低く、

そもそもアタッカーとして使用しづらい為ほとんど気にならないでしょう。

むしろ攻撃力が低下する事でタンホイザーゲートに対応するメリットもあります。

各種リゾネーターも攻撃力が1000以下のモンスターが多い為、

リゾネーターと並べる事でランク7から9のエクシーズ召喚を狙う事も可能です。

またカオスエンドマスターに対応しているモンスターの1枚でもあり

もしカオスエンドマスターの効果が発動できるなら

レベル9のシンクロ召喚を狙う事も可能です。

 

 

正直最近のカードにしてはそこまで強いといえるカードではないですが

【リゾネーター】でレッド・デーモンを召喚したい場合には結構重宝するでしょう。

「レッド」がカテゴリ化されればまた面白いカードだと思うのですが

海外版のカード名を考えるとカテゴリ化は難しそうですね。

 

ジャック4

関連記事

遊戯王アークファイブ第97話『気高き超魔導剣士』感想

遊戯王ARC-V97話の感想です。 ジャックに父親ではなく自分の言葉で語れと指摘された遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械射出機(アンティーク・ギアカタパルト)

歯車街のトリガーにどうぞ   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛

記事を読む

EM小判竜(エンタメイト ドラゴ・リモーラ):遊戯王カード考察

ドラゴン族に混ぜてみるといかがでしょう?   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械魔神(アンティーク・ギア・デビル)

出しやすい上にいやらしい!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖珖神竜(せいこうしんりゅう)スターダスト・シフル

今回紹介するのはVジャンプの応募者全員サービスよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第87話『野獣の記憶』感想

遊戯王ARC-V87話の感想です。今年最後の遊戯王アークファイブですね。 突如ナイターで始まる

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン

純正のトゥーンでは使いづらい、だが・・・   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:PSY(サイ)フレームロード・Λ(ラムダ) モンスターがいたら発動できないなんてもはや過去

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。   &

記事を読む

砂塵の大嵐(さじんのおおあらし):遊戯王カード考察  特にアーティファクトと高相性!つまり相手ターンに使えという事です

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,969,652 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑