遊戯王アークファイブ第94話『魂を刻んだ右腕』感想

公開日: : 最終更新日:2016/02/22 アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王アークファイブ

遊戯王ARC-V94話の感想です。

生きたデュエルマシン(ロジェ談)と化し

アクションデュエルに特化した形状へと変形したセルゲイ・ヴォルコフ。

はたしてジャックはセルゲイにどのようにして挑むのか。

 

 

 

セルゲイの猛攻

セルゲイのターン、マニピュレーターを使って巧みにドローをしています。

Dホイールと一体となったセルゲイはジャックの先を行き

次々とアクションカードをゲットしていきます。

マニピュレーターによるリーチの長さは

アクションカードを取るのにも強いアドバンテージとなっているようです。

そして地縛原の効果でアクションカードを除外し

スカーライトの攻撃力を下げながらジャックにダメージを与えていきます。

ジャックは壁を利用して頭上からセルゲイを追い抜こうとしますが

セルゲイはそれを見切りジャックを対空攻撃、前を取らせません。

さらにセルゲイはコースに攻撃を加えてジャックの妨害までしています。

しかしセルゲイの執拗な攻撃を受けながらもジャックはまったく動揺していません。

凄まじい強キャラオーラです。

いつしか空は曇り雨がぽつぽつと降り注いでいました。

暴動を起こしていたコモンズもジャックとセルゲイのデュエルに見取られています。

先導をしていたシンジ達でさえ動きを止めて中継に夢中です。

ロジェはそんな注目の的になっている試合でジャックを叩き潰し、

人々に絶望を植え付けた上で自分自身が新たな希望になるのだと主張しています。

 

 

ジャックにつきつける選択

5回ほどアクションカードを拾った所でセルゲイがさらに動き出します。

まず魔法カード「地縛救魂」を発動、

シンクロ・フュージョンとストーン・スウィーパーを回収します。

そしてストーン・スウィーパーを特殊召喚した後に新しいチューナーである

地縛囚人 グランド・キーパーを召喚、シンクロ・フュージョンを発動し

この2体のモンスターを使って2度目のシンクロと融合の同時召喚をはたします。

ジャックは「見飽きたわ!」と言っていますが出すモンスター違うから!

現れたのは新たなるシンクロモンスターである地縛戒隷 ジオグレムリン、

そして融合モンスターである地縛戒隷 ジオグレムリーナです。

セルゲイはジオグレムリンの効果を発動、ジャックにある決断を迫ります。

ジオグレムリンの効果は相手モンスター1体を選択し、

相手にそのモンスターを破壊するか破壊しないかを選択させます。

破壊した場合はこのターンのバトルフェイズをスキップさせる事が出来ますが

破壊しなかった場合はスカーライトの現在の攻撃力1500分のライフを

セルゲイが回復し、さらに2体のモンスターで攻撃をしかけられる事なります。

破壊した場合はこのターンを凌ぐ事が可能であり周囲もそうすると予測していますが

セルゲイに抜け目はなく破壊を選んだ場合ジオグレムリーナの効果が発動、

ジオグレムリンとジオグレムリーナが破壊され

その2体の攻撃力分の4000ダメージをジャックに与えるという戦術です。

なおロジェ長官が思いっきりフラグを立ててました。

 

 

王者の魂

しかしジャックには最初から破壊を選ぶつもりなどありませんでした。

レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライトはジャックにとって魂のカード、

例え身を砕かれようとも己の魂を捨てるなど言語道断と言わんばかりに

躊躇無く破壊しない事を選択、この選択はセルゲイにも予想外だったようですが

望みどおりに魂を破壊してやるとばかりに攻撃をしかけます。

しかしジャックは罠カード「レッド・クリスタル」を発動、

このターンスカーライトに破壊耐性を付与します。

ダメージこそ受けましたがライフは持ちこたえスカーライトの破壊も防ぎました。

宇宙の太陽を背景に己の魂とプライドを貫くというジャックの言葉に

セルゲイの心にもいくらか影響を与えているようですごい顔をしています。

しかしそれでもセルゲイの主張は勝負を決めるのは魂などではなく

完成されたボディと完璧なタクティクスであるという姿勢です。

 

 

すごくレースアニメしてる

セルゲイはなおもジャックの先行を取りアクションカードを取る構えです。

既に補足しているアクションカードは7枚、

このうちに5枚を取る事が出来ればジャックのライフを0にする事が可能です。

しかしジャックは勝利を手に入れるには一瞬の光さえあればいいと

スリップストリームを利用してセルゲイと距離を詰めます。

そして雨雲の隙間から差し込む光からコースのラインを見切ったと見るや

Dホイールを加速させ一瞬の隙を突いてセルゲイの前に躍り出ます。

見事なまでの追い抜きテクニックです。完全にレースアニメです。

こういうレース描写もしっかりしてこそのライディングデュエルだよね!

そしてジャックはアクションカードをゲット、これにより地縛原の効果が発動し

セルゲイは手札のアクションカードを捨てる事になりました。

ジャックが先行を取った今、地縛原の効果はジャック有利へと働きます。

そして2枚目のアクションカードを見つけますがジャックはこれをスルー、

馬鹿めとばかりにセルゲイにそのアクションカードの取得を命じるロジェですが

なんとセルゲイもこれをスルー、セルゲイの洗脳はほぼ解けており、

ただジャックを純粋にねじ伏せたいと願うセルゲイの姿がここにありました。

アクションカードに頼らないガチの勝負をジャックに挑むつもりです。

それがセルゲイとしての美学なのでしょう。

ジャックもそんなセルゲイを見て望むところだとばかりにやる気です。

一方でロジェ長官は完全におろおろしてます。

もうロジェ長官は完全に小物一直線ですね。

ジャックはカードを1枚伏せてターンエンドです。

 

 

セルゲイの新たな切り札

テンションMAXなセルゲイのターン。

まずジオグレムリンとジオグレムリーナでスカーライトに攻撃をします。

これに対してジャックはアクション魔法「不撓不屈」を発動、

モンスターが1体だけの時破壊から守る効果です。

これによりスカーライトを守りますがダメージを受けてライフを減らされます。

セキュリティの司会室では人を支配するのは絶対的な力だと主張するロジェに対し

柚子がただの力だけでは結束した人間には適わないと反論します。

真に人を動かすのは笑顔と主張する柚子ですがロジェはそれを一笑します。

そしてさらに速攻魔法「地縛融合」を発動、

ジオグレムリンとジオグレムリーナを融合させ現れるのは

レベル10、地縛戒隷 ジオグラシャ=ラボラス!

どこと無くレッド・デーモンズ・ドラゴンに似た形状なのがなんとも印象的です。

その効果はフィールド魔法が存在する時にシンクロ、融合モンスターと戦う時

その相手の攻撃力を0にするという効果、スカーライトの攻撃力が0になります。

そしてバトルフェイズはまだ続いています、勝負を決めにいくセルゲイですが

ジャックはここで手札からレッド・ミラーの効果と

罠カード「赤き魂(レッド・ソウル)」をそれぞれ発動、

スカーライトに破壊耐性を付与した上で手札からモンスターを墓地へ送り、

その分だけダメージを減らしライフを200だけ残してギリギリ持ちこたえます。

 

 

ここでアクセル全開!魂を右に!

ここで先ほどセルゲイが破壊していた道が崩壊をはじめセルゲイが落下してしまいます。

デュエル中断かと思われた展開ですがスカーライトがセルゲイを救出、

「決着はデュエルでつける」というジャックなりの美学でした。

そのジャックの美学を受けセルゲイの心は再び大きく打たれます。

そしてセルゲイの口から思わず漏れる「美しい・・・」という言葉。

ジャックのその美学は完全にセルゲイの心を魅了していたのでした。

そして救出の影響で再びセルゲイが前方を走る状況になっています。

目の前にはアクションカードが、ジャックのライフは残り200、

あと2枚アクションカードを取れば地縛原の効果が発動してセルゲイの勝利です。

しかしここでもセルゲイはアクションカードを華麗にスルー。

ロジェ9

ロジェ「セルゲェェェェェェェィィィィィィ!!」

ロジェ長官の顔がとんでもない事になっています。

ロジェ長官にしてみれば勝利のチャンスがそこに転がっているのに

それをみすみす手放したセルゲイの行動が理解できなかったのでしょう。

どんなに洗脳を施していてもセルゲイの心にはまだ美学が残っていたのでした。

セルゲイにとってはアクションカードによって決着をつける事は

この美しいデュエルを汚す許せない行為だったのでしょう。

 

ジャックのターン。

ジャックは装備魔法「魂を刻む右(エングレイブ・ソウル・ライト)」を発動し

スカーライトに装備させます。

これは装備させたモンスターより攻撃力の高いモンスターがいる場合、

その攻撃力を装備モンスターと同じにするというものです。

これによりジオグラシャラボラスの攻撃力はスカーライトと同じ0になりました。

それによりスカーライトの効果の発動条件を満たした為効果発動、

ジオグラシャラボラスを破壊しダメージをセルゲイに与えます。

そして魂を刻む右の更なる効果によりスカーライトの攻撃力を

破壊したモンスターの元々の攻撃力と同じにします。

めぐりめぐって攻撃力3000に戻ったスカーライトの魂の一撃、

「何故スカーライトを破壊しなかったのか理解できた」というセルゲイ、

それはスカーライトの手によって美しく葬り去られる事を望んでいるようでした。

灼熱のクリムゾン・ヘル・バーニング

攻撃をまともに受け敗北するセルゲイの表情は快感と歓喜に満ちていました。

そして力尽きコースから落下するセルゲイを救出しようとするジャック、

しかしセルゲイを差し伸べられたスカーライトの手を払います。

「俺の美しい散り様を邪魔するな!」

そういい残したセルゲイはキングに別れを告げそのまま落下していきました。

 

 

 

 

 

 

実にライディングデュエルをしていました。

アクションカードを巡る攻防により特にレースの重要さが発揮されていましたね。

そして最後にはジャックとセルゲイがお互いの美学を貫き通していました。

こうして見るとセルゲイも信念のある非常に格好いいデュエリストだと思います。

やはり美学というものは大事ですね。

 

次回予告 95話『己の信じるデュエル』

セルゲイを失ったロジェは戒厳令という建前の元に

コモンズの暴動を促してシティ大混乱に陥れようとします。

もはやロジェ長官が何をしたいのかさっぱり分かりません。

混乱に乗じてまだ何かをする予定なのでしょうか。

そして遊矢はサムからジャックの伝言を受け取ります。

それは「榊遊矢が信じるデュエルを証明してみせろ」というものでした。

 

 

超熱血!デュエル塾

司会は修造と遊矢と権現坂。

今回はセルゲイの地縛デッキに関する解説をしています。

5D’sにあった地縛神の流れがいくらか受け継がれており

フィールド魔法に強く依存するテーマになっています。

カードの詳細なデータも載っていましたが

ジオグラシャ=ラボラスは通常の融合モンスター扱いになっていましたね。

ちょっと融合・シンクロモンスターというのを期待していたのですが。

召喚条件に比べるとかなり大人しい性能をしていたので

OCG化される場合には強化されている可能性は高いです。

 

異界共鳴-シンクロ・フュージョン
通常魔法
①:自分フィールドから、
Sモンスターカードによって決まれたS素材モンスターであり、
また融合モンスターカードによってl決められた融合素材モンスターでもある
一組のモンスターを墓地へ送り、
そのSモンスター1体と融合モンスター1体をエクストラデッキから
それぞれS召喚・融合召喚する。

 

 

地縛囚人 ライン・ウォーカー
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 800/守1100
①:自分メインフェイズに、
相手フィールドにエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが
存在する場合にそのモンスター1体を対象とし、
このカードを墓地から除外して発動できる。
そのモンスターをもう1度だけ相手フィールドに特殊召喚させる。

 

 

地縛囚人 ストーン・スウィーパー
効果モンスター
星5/闇属性/悪魔族/攻1600/守1600
①:フィールドゾーンにカードが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 

 

地縛戒隷 ジオグリフォン
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2500守1500
「地縛」チューナー+チューナー以外の「地縛」モンスター1体以上
①:自分フィールドの「地縛」モンスターが破壊された場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを破壊する

 

 

地縛戒隷 ジオクラーケン
融合・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2800守1200
「地縛」モンスター×2
①:自分ターンに1度、
相手フィールドにモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このターンに特殊召喚された相手フィールドのモンスターを全て破壊し、
その破壊したモンスターの数×800ダメージを相手に与える。

 

 

地縛戒隷 ジオグレムリン
シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2000守1000
「地縛」チューナー+チューナー以外の「地縛」モンスター1体以上
①:フィールドゾーンにカードが表側表示で存在する場合、
このカードが特殊召喚に成功したターンのメインフェイズ1に1度、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
相手はその対象のモンスターを破壊するかしないかを選択する。
対象のモンスターを破壊した場合、このターンのバトルフェイズをスキップする。
破壊しなかった場合、その対象のモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

 

 

地縛戒隷 ジオグレムリーナ
融合・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2000守1000
「地縛」モンスター×2
①:1ターンに1度、フィールドゾーンにカードが表側表示で存在し、
相手モンスターが効果で破壊された場合に発動できる。
自分フィールドのモンスターを全て破壊し、
破壊したモンスターの攻撃力の合計分のダメージを相手に与える。

 

 

地縛戒隷 ジオグラシャ=ラボラス
融合・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻3000守1800
「地縛戒隷」融合モンスター+「地縛戒隷」Sモンスター
①:フィールドゾーンにカードが表側表示で存在し、
このカードが融合モンスターまたはSモンスターと戦闘を行う場合に発動する。
その相手モンスターの攻撃力は0になる。

 

 

地縛牢
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
フィールドの表側表示モンスターの攻撃力を変化させるカードの効果は無効化される。
②:フィールドゾーンのこのカードが破壊された場合に発動する。
このカードを破壊したプレイヤーのLPは半分になり、
そのプレイヤーのフィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。

 

 

地縛原
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに表側表示で存在する限り、
お互いのプレイヤーはモンスターを守備表示で召喚できず、
表側攻撃表示のモンスターは表示形式を変更できない。
②:プレイヤーがアクションカードを手札に加えた場合に発動する。
そのプレイヤーから見て相手の手札のアクションカードを墓地へ送る。
この効果の発動に対してそれぞれ相手はアクションカードの効果を発動できない。
③:アクションカードが手札に存在する場合、
そのプレイヤーはそれ以外のアクションカードを手札に加える事ができる。
この効果で手札に加えたアクションカードは除外される。
この効果を発動したプレイヤーから見て相手のフィールドの
モンスター1体の攻撃力を300ダウンし、
その相手に300ダメージを与える。

関連記事

遊戯王カード考察:スカイスクレイパー・シュート

これぞHEROの必殺技だ!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

熱き決闘者たち(あつきデュエリストたち):遊戯王カード考察

3つの特徴的な効果を使いこなせ!   今回紹介するのは20th ANNIVER

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタモル・クレイ・フォートレス

連続攻撃を決めろ!   今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DI

記事を読む

遊戯王アークファイブ第112話『笑顔あふれる街へ』感想

遊戯王ARC-V112話の感想です。 ノロの手配によりアカデミアに包囲されてしまった遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:強欲で貪欲な壷

え?3枚積みしていいの?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ミラー・リゾネーター

遊戯王OCGラボでハイスピード・ライダーズのカードをメインに使用した 【スピードロイド】VS【

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO オネスティ・ネオス

攻撃力上昇数値、脅威の2500なコンバットトリック   今回紹介するのは20t

記事を読む

遊戯王カード考察:ベクター・スケア・デーモン まずはアンダークロックテイカーを出そう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:解放のアリアドネ

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードの情報、一気に来ましたね。 今回紹介するのはこのカードです

記事を読む

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー:遊戯王カード考察  相手の妨害に専念する?それとも積極的に攻撃力上げる?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    良い悪役の面白そうなテーマだったしこれ欲しいなぁ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するの

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

→もっと見る

    • 4,979,974 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑