遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!

 

4月9日に新しいパックである「ザ・ダーク・イリュージョン」が発売されます。

今回紹介するのはそのザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。

 

 

 

マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン
効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2100/守2500
「マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン」の①③の効果は
それぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が相手ターンに魔法・罠カードの効果を発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「ブラック・マジシャン」として扱う。
③:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
自分が魔法・罠カードの効果を発動した場合に自分の墓地の
「ブラック・マジシャン」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

青眼の白龍のサポートカードが数多く登場したシャイニング・ビクトリーズに続き

ザ・ダーク・イリュージョンにはブラック・マジシャンをサポートするカードが

数多く収録される事になりました。

その中の1枚となるのがこのマジシャン・オブ・ブラック・イリュージョンです。

レベル、属性、種族はブラック・マジシャンと同一であり

攻撃力と守備力が元のブラック・マジシャンの反対の数値となっています。

 

そのイラスト黒いシルエットのようなブラック・マジシャンであり

手に持っている杖だけは青白く輝いています。

またよく見ると足元が透けている為イリュージョンという名が示すとおり

ブラック・マジシャンの幻影なのかもしれません。

 

 

①の効果は1ターンに1度、相手ターンに自分が魔法、罠の効果を発動した場合に

手札から特殊召喚する事が出来るというものです。

相手ターンにしか特殊召喚が出来ないという点は少し不自由ではありますが

相手ターンに魔法罠の効果を発動するだけで特殊召喚条件を満たせる為、

レベル7の中でも特に特殊召喚のしやすいモンスターだと言えます。

奈落の落とし穴などを採用しているだけでも特殊召喚条件は満たしやすいですが

特に永遠の魂と相性がよくサーチ効果を発動しつつ

好きなタイミングでこのカードを特殊召喚する事が可能です。

また永遠の魂が破壊された時に発動する③のデメリット効果でも

このカードの特殊召喚条件が満たされます。

守備力が2500ある為状況によっては壁としても役立ってくれるでしょう。

 

 

②の効果はモンスターゾーンに存在する限り

ブラック・マジシャンとして扱う効果です。

モンスターゾーンに存在する時限定なので永遠の魂や黒魔術のカーテンの効果で

特殊召喚する事は出来ませんが千本ナイフや黒・魔・導は問題なく使える他、

永遠の魂によって完全耐性を得る事も可能です。

その他様々なブラック・マジシャン関連のサポートに対応していますが

「元々のカード名がブラック・マジシャン」である事を要求する

黒・爆・裂・破・魔・導には対応していない点には注意が必要です。

 

 

③の効果は1ターンに1度、このカードが表側表示で存在する時に1度だけ、

自分が魔法罠を発動した時に墓地のブラック・マジシャンを蘇生できるというものです。

①の効果と違ってこちらは自分のターンに魔法罠を発動しても

問題なく効果を発動する事が可能です。

墓地にブラック・マジシャンさえいれば簡単にレベル7を2体揃える事が出来る為、

幻想の黒魔導師や新しく登場する虚空の黒魔導師のエクシーズ召喚に役立ちます。

 

 

ついに来ましたね、ブラック・マジシャンのリメイクカードが。

ブラックマジシャンの派生カードは今までにいくつも存在していましたが

ブラックマジシャンとしても扱う効果を持ったカードはこれが初となります。

ブラックマジシャンとして扱う効果はフィールドに存在する時限定になりますが

それでも手札から特殊召喚しやすい4枚目以降のブラック・マジシャンとして

ブラック・マジシャン関連のカードを腐らせ辛くする事が可能となるでしょう。

①と③の効果によってランク7のエクシーズ召喚にも大きく貢献してくれるカードです。

 

 

このカードに限らず今回登場したブラック・マジシャン関連のカードは

「相手ターンに魔法罠を発動する」という条件をキーとするカードが多いです。

恐らくはこれが新しい【ブラック・マジシャン】のコンセプトとなるのでしょう。

新しいスタイルのブラマジデッキ、中々末恐ろしい可能性を秘めていると思います。

 

ブラック・マジシャン2

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

八汰烏の骸

発動すると1枚ドローする効果を持った罠カードです。

セットしておけばマジシャン・オブ・ブラック・イリュージョンの①や③の効果を

手札の消費をする事なく、かつ状況を選ばずに発動可能となります。

同じ効果を持った貪欲な瓶でも同様の事が可能です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団の楽屋入り

ほらほら、羽箒打ってもいいんだよ?(ゲス顔)   今回紹介するのはデステニー・

記事を読む

遊戯王カード考察:常夏のカミナリサマー 大狼雷鳴と相性抜群、ようやく雷族にリンクが登場してくれました

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:堕天使(だてんし)

堕天使、天界を追放され悪魔となった天使であり中二の代表格です。 遊戯王では堕天使マリーを始め古

記事を読む

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG:2019年1月の制限改定を個人的に予想してみる

12月になりました。いよいよもって寒くなってきましたが それでもまだ例年よりは暖かい気がします

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The suppression PLUTO(ザ・サプレッション・プルート)

対象に取らないコントロール奪取!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

2019年1月の制限改定判明!主人公エース補正ついに破れる

2019年1月のリミットレギュレーションが判明しました。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン、オッドアイズ・アドベント

10月に発売されるブレイカーズ・オブ・シャドウのカード情報もちらほら出て来ました。 今回はそん

記事を読む

精霊神后(エレメンタルグレイス) ドリアード:遊戯王カード考察  墓地コストがある限り特殊召喚無効、あとはどう召喚条件を満たすか

7月8日です。いよいよサーキット・ブレイク発売ですね。 今回紹介するのはサーキット・ブレイクよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,982,574 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑