遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)スライハンド・マジシャン

ついに登場した最上級エンタメイト!

今回紹介するのは今回紹介するのは2016年のスターターデッキよりこのカードです。

 

 

 

EMスライハンド・マジシャン
効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻2500/守2000
①:このカードはPモンスター以外の自分フィールドの
「EM」モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、手札を1枚捨て、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

新しく登場したエンタメイトの新しい仲間です。

エンタメイトの中では初の最上級モンスターであり

何気に攻撃力2500守備力2000という主人公エースのステータスを持ちます。

オッドアイズにおけるオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン、

魔術師ペンデュラムにおける覚醒の魔導剣士に並ぶ

エンタメイトというカテゴリにおけるエースモンスターなのかもしれません。

 

スライハンドとはマジックの手法の1つで仕掛けを使わない、

純粋に手先の技術のみを使って行われるマジックの事を意味します。

(逆に仕掛けの施された道具を使うマジックは「ギミック」と呼びます)

そんなスライハンドの名を冠したこのモンスターはまさに高い技術を持って

観客を魅了する、エンタメイトの中でも花形に位置するモンスターなのでしょう。

 

 

①の効果はペンデュラムモンスター以外のエンタメイト1体をリリースする事で

手札から特殊召喚する事が出来るという効果です。

これにより最上級モンスターでありながら簡単にフィールドに出す事が可能です。

ただ「ペンデュラム以外のエンタメイト」というのがネックであり

ドクロバット・ジョーカーによってサーチした後そのまま特殊召喚したり

ペンデュラム召喚によってリリース要因を確保したりなどが出来ません。

フレンドンキーで墓地からモンスターを蘇生させれば

ディスアドバンテージを抑えつつスライハンドマジシャンの特殊召喚が可能です。

またソード・フィッシュやウィップ・バイパーで相手の攻撃力を下げつつ

このカードにつなげて2500打点で殴るといった芸当も可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で

フィールドの表側表示のカードを1枚破壊する事が可能です。

表側表示限定ですがモンスターと魔法罠療法に対応できる万能除去効果です。

1:1交換になりますがエンタメイトはペンデュラム・マジシャンをはじめとして

手札の補充効果に優れている為手札コストの確保は難しくないでしょう。

 

 

レベル7となる最上級エンタメイトですが純粋な打点としては

レベル6のハンマーマンモに劣る数値となっています。

ただこちらはリリース要因さえ確保できるなら容易に特殊召喚が可能であり

②の除去効果もある為そのあたりで差別化を図るといいでしょう。

①の効果は1ターンに1度の制約も無い為手札にスライハンドマジシャンが

複数ありリリース要因を確保できるなら複数同時に特殊召喚する事も可能です。

エンタメイト故にサーチ手段は多く、フレンドンキーの効果を使えば

リリース要因を2体確保できる為に意外と狙える機会は多いです。

ランク7のエクシーズを狙う際には重宝するでしょう。

 

遊矢10

関連記事

遊戯王OCG、2016年4月の制限改定判明!がっつり変更がありました

とうとう2016年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回3つのカードが規制される

記事を読む

遊戯王カード考察:魔玩具補綴(デストーイ・パッチワーク)

強い事しか書いてない   今回紹介するのはDIMENSION BOXよりこのカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の導き

メぇぇぇ~~~リぃぃぃぃクリっスマぁぁぁーーースぅ!! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王カード考察:見習い魔嬢(まじょう) これで6属性全て揃いました

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

No.(ナンバーズ)70 デッドリー・シン:遊戯王カード考察

このカードのおかげで出来る事は結構多いです   今回紹介するのはプレミアムパッ

記事を読む

遊戯王カード考察:シャドール・ネフィリム ネフィリムが帰って来た!・・・・・・あれなんか違う

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第71話『白銀の剣』感想

遊戯王ARC-V71話の感想です。 次回予告の時点でシンクロ次元の闇がひしひしと感じられる今回

記事を読む

変則(トランスミッション)ギア:遊戯王カード考察  遊戯王初!相手とジャンケンするカード!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第56話『初陣!ブルーガール』感想

遊戯王ヴレインズ56話の感想です。   前回のあらすじ:わざわざ従者が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,412,000 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑