遊戯王OCGカード考察:輝望道(シャイニング・ホープ・ロード)

手札1枚でホープゼアル!

 

 

今回紹介するのはPREMIUM PACK 18よりこのカードです。

 

 

 

輝望道
通常魔法
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを特殊召喚できない。
①:自分の墓地のモンスター3体を対象として発動できる。
そのモンスター3体を効果を無効にして特殊召喚し、
その3体のみを素材として「ホープ」Xモンスター1体をX召喚する。

 

 

ホープ用のサポートカードとなる通常魔法です。

漫画版ZEXALにおいて九十九遊馬がe・ラー戦で使用したカードであり。

SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニングNo.37 希望織竜スパイダー・シャーク

No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシーの3体を墓地から蘇生、

その3体をシャイニングナンバーズ扱いとした上でランクを5に揃え、

SNo.0 ホープ・ゼアルのエクシーズ召喚へと繋げました。

漫画版では蘇生させたモンスター2体のランクを上昇させており、

作中でもランクアップマジックの一種として扱われていますが

OCG化に伴いこのランクを上げる効果はなくなっています。

 

 

その効果は自分の墓地のモンスター3体を効果を無効にして蘇生、

その3体のみを素材として「ホープ」と名の付くエクシーズモンスター1体を

エクシーズ召喚するというものです。

ただしこのカードを発動するターン、

他のカードの効果ではモンスターを特殊召喚できくなる制約が発生します。

必ず3体全てを使ってエクシーズ召喚する必要がある為、

素材が2体となる希望皇ホープや希望皇ビヨンド・ザ・ホープは出せません。

またあくまで蘇生させたモンスター3体を素材にエクシーズ召喚する効果であり

エクシーズ召喚するモンスターの正しい素材を3体蘇生させる必要があります。

例えばCNo.39 希望皇ホープレイをこのカードでエクシーズ召喚する場合、

墓地から光属性のレベル4モンスター3体を蘇生させる必要があります。

この為素材に「X素材を持った同じランクの「No.」Xモンスター」を要求する

No.93 希望皇ホープ・カイザーもこのカードで出す事は不可能です。

結構勘違いしやすい部分なのでこのカードを使う場合には留意しておきましょう。

 

 

このカードで出すホープの第一候補は恐らくSNo.0 ホープ・ゼアルでしょう。

3000打点を確保できる上に効果も非常に優秀であり

手札1枚から出せるモンスターとしてはかなり魅力的です。

素材となる同じランクのナンバーズ3体を墓地に揃えるのは少し難しいかもしれませんが

ホープレイやホープONEに重ねられる希望皇ホープ等を用いれば

墓地に3体揃えるのはそこまで難しくはないでしょう。

大量展開のしやすいランク1中心のデッキでも十分に狙えると思います。

 

No.99 希望皇龍ホープドラグーンも①の効果こそ制約によりそのターン使えませんが

それでも対象耐性持ちの4000アタッカーは十分に優秀です。

【列車】のようなレベル10中心のデッキであれば

墓地に素材を揃えるのも難しくないでしょう。

 

 

またこのカードを特に活用しやすいデッキとしては【光天使】が挙げられます。

セプターやスケールを素材にホープレイやホープONEをエクシーズ召喚すれば

そのまま素材となった時の効果を発揮する事が可能です。

特にセプターを複数枚素材に出来れば多大なアドバンテージに繋がるでしょう。

 

 

このカードはエクシーズ召喚の条件を満たせるモンスターしか蘇生する事ができませんが

デビリアン・ソングやDNA移植手術によってレベルや属性を変更する事で

カード3体を蘇生しつつエクシーズ召喚の条件を満たさない事が可能です。

この場合蘇生させたモンスターはそのままフィールドに残り続けます。

蘇生させたモンスターの効果は無効になりそのターン特殊召喚できない制約も発生するので

そこまで悪用させる事は難しいですがリリース要因にする事は可能な為、

神のカードやThe tyrant NEPTUNEのアドバンス召喚に使ってもいいでしょう。

また【列車】などでは深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイトを筆頭に

高打点のモンスターを3体一気に特殊召喚する手段としても活用可能です。

 

 

色々と制約こそ存在しますが様々なデッキで活用できる面白いカードだと思います。

遊馬2

関連記事

遊戯王OCGカード考察:天照大神(アマテラス)

待ちに待ったスピリットの新カード!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第99話『永遠のデュエル』感想

遊戯王ARC-V99話の感想です。 今回は100と一挙同時放送となります。 100話の方

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:昇天の剛角笛(グレイトホーン)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王ヴレインズ第1話『俺の名はPlaymaker(プレイメーカー)』感想

5月10日、とうとうアニメ遊戯王第6作「遊戯王VRAINS」放送日です! VR(バーチャルリア

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:真紅眼の遡刻竜(レッドアイズ・トレーサードラゴン)

レジェンダリーコレクションから結構時間経ってますけど気にせずいきます。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

暗黒界の洗脳(あんこくかいのせんのう):遊戯王カード考察

ライコウ「何このマント・・・」   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ファジー・レイニアス

クラッシュ・オブ・リベリオンが発売されましたね。 皆さんが特に注目しているカードは何でしょうか

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ブレード・バーナー・ファルコン

降り注ぐ火玉 舞い降りるアカデミア エクシーズとかっとビングと未来の街、ハートランドが燃える

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:月光(ムーンライト)

ランサーズの逆ハーレム紅一点にして融合次元代表のセレナの扱うムーンライト、 アニメで活躍してい

記事を読む

トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINSのメインキャラクターである

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑