遊戯王OCGカード考察:アークブレイブドラゴン

対ペンデュラム決戦兵器!

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-巨神竜復活-よりこのカードです。

 

 

 

アークブレイブドラゴン
効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2000
①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの表側表示の魔法・罠カードを全て除外し、
このカードの攻撃力・守備力は、この効果で除外したカードの数×200アップする。
②:このカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに、
「アークブレイブドラゴン」以外の自分の墓地の
レベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

新しく登場したレベル7のドラゴン族モンスターです。

アークブレイブドラゴンダークブレイズ・ドラゴン

恐らくはダークブレイズドラゴンのリメイクカードであり

色こそ黒と赤基調から白と金基調に変わっていますがデザインに類似性が見られる他、

丁度ダークブレイズドラゴンのステータスが2倍になった攻撃力と守備力になっています。

またどちらも墓地から蘇生する事で効果を発動する点も共通しています。

なお名前が似ていますが「ブレイズ(炎)」ではなく「ブレイブ(勇気)」です。

 

 

①の効果は墓地からの特殊召喚に成功した場合に

相手フィールドに表側表示で存在する魔法、罠を全て除外、

そして除外した数×200だけこのカードの攻撃力、守備力を上げるというものです。

もう露骨なまでのペンデュラムメタです。

永続魔法や永続罠に対しても有効な効果ですが最大の狙い目はやはりペンデュラムであり、

除外という形で除去する為エクストラデッキを肥やす事もありません。

相手のスケールが揃っている状態であれば自分のターンに特殊召喚しても効果的ですが

リビングデッドの呼び声などで相手ターンに特殊召喚する事ができれば

ペンデュラム召喚の妨害として非常に効果的です。

 

 

②の効果はこのカードが墓地へ送られた次のターンのスタンバイフェイズに

自身と同名カード以外のレベル7、8のドラゴン族モンスターを

自分の墓地から蘇生させるというものです。

墓地へ送られる形はなんでもよく手札やデッキから落とした場合や

エクシーズ素材として墓地へ送った場合でも発動が可能です。

自分ターンに墓地へ送った場合、蘇生されるのは相手ターンになってしまう為、

有効利用するのは難しくなりますが相手ターンに墓地へ送る事ができれば

自分のターンに蘇生させる事ができ、エクシーズ召喚等につなげやすくなります。

相手ターンにツインツイスターなどのコストにしたり、

もしくはエクシーズ素材にする事で相手ターンに墓地へ送りやすくなるでしょう。

 
巨神竜フェルグラントと同じく①、②どちらの効果も

「レベル7、8ドラゴンの蘇生」という今回のテーマを体現しているカードです。

巨神竜フェルグラントとの相性もばっちりであり、

巨神竜フェルグラントは蘇生した時にモンスターを除外、

こちらは蘇生した時に魔法罠を除外と役割分担がはっきりしている他、

お互いの効果でお互いを蘇生させる事が可能となっています。

この2体のモンスターを繰り返し蘇生させる事が基本的な動きとなってくるでしょう。

 

 

先述したようにペンデュラム召喚に対して強力なメタ性能を発揮するカードであり、

ペンデュラム召喚が人気であればあるほど輝くカードだと言えるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ 攻撃力6000が3回殴りつけてくる

歴代のデュエリストにちなんだカードを収録したパック デュエリストパック-レジェンドデュエリスト

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ドクロバット・ジョーカー

今回紹介するのはマスター・オブ・ペンデュラムよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM-光波昇華(ランクアップマジック サイファー・アセンション)

超銀河眼の光波龍を出す為のほぼ必須カード!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王カード考察:月光融合(ムーンライト・フュージョン) 舞豹姫や舞獅子姫がより出しやすく

本日11月10日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-が発売されます。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王カード考察:時械神(じかいしん)ミチオン ほとんどそのまんま効果再現されました

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)モンキーボード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・ホワイトハット 戦闘補助にぴったりでしかも出しやすい

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018) よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:水晶機巧(クリストロン)-グリオンガンド

チューナーが大量に出せるデッキにどうぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王カード考察:闇鋼龍(くろがねりゅう) ダークネスメタル デッキに戻った方が都合がいいカードと言えば?

今回紹介するのはVジャンプ7月号の 応募者全員サービスとしてついてくるこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜皇(しんりゅうおう)リトスアジムD(ディザスター)

新たなるエクストラデッキメタ降臨   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

Comment

  1. 名無しの決闘者 より:

    これまたドラゴン族が環境入りするかもしれませんね
    青眼が何か来そうな気します
    ただEMのサーチを超える手段がないと厳しいかも
    アイツらの恐ろしさは事故らないところですから

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,952,208 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑