遊戯王OCGカード考察:復活の福音

蘇生できるだけでも強いのに・・・

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-巨神竜復活-よりこのカードです。

 

 

復活の福音
通常魔法
①:自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:自分フィールドのドラゴン族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

新しく登場するドラゴン族用の魔法カードです。

イラストでは水晶と化したフェルグラントに祈りを捧げる男が描かれています。

恐らくこの祈りによりフェルグラントが復活するのでしょう。

 

 

①の効果は自分の墓地にあるレベル7、レベル8のドラゴン族モンスター1体を

蘇生するといういわば対象を限定した死者蘇生です。

レベル7、レベル8のドラゴン族の蘇生をテーマにしていると思われる

今回のストラクチャーデッキまさにそのままの効果となっています。

まさに巨神竜フェルグラントや蘇生しろといわんばかりの効果であり

蘇生した時に発動する除外効果を存分に発揮する事が可能です。

 

 

②の効果は自分の場にあるドラゴン族が破壊される場合、

墓地のこのカードを除外する事で身代わりにできるというものです。

こちらも巨神竜フェルグラントのサポートとして優秀な効果であり

除去から守る事ができればより②の効果を発動しやすくなるでしょう。

またこちらは①と違いドラゴン族であればレベルに関係なく身代わりとして使える為、

エクシーズ召喚したモンスターを守りたい場合にも活用が可能です。

 

 

普通に強い事しか書いてないですね。

どちらの効果も最上級のドラゴン族を大きくサポートする効果であり

このストラクチャーデッキのメインとなる巨神竜フェルグラントは勿論、

レベル8やレベル7モンスターをメインにするギャラクシーアイズやブルーアイズ、

レッドアイズ等にとっても非常に重宝するカードだと思われます。

各種レベル7、レベル8のドラゴン族シンクロモンスターや

オッドアイズ・グラビティ・ドラゴンやロード・オブ・ザ・レッドも蘇生できる為、

これらをメインに据えるデッキに採用しても面白いです。

 

フェルグラント

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使する財前晃に苦戦するプレイメーカ

記事を読む

遊戯王カード考察:マイクロ・コーダー サイバネットカテゴリ化、サーチ対象は有力なものばかり

7月になりました。いよいよ新制限になりますね。 今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO オネスティ・ネオス

攻撃力上昇数値、脅威の2500なコンバットトリック   今回紹介するのは20t

記事を読む

遊戯王カード考察:フュージョン・オブ・ファイア 転生炎獣用超融合、手札コストもいらない

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

巨神竜復活と一緒に揃えておきたいカードは?色んなカードが収録されているぞ!

ストラクチャーデッキR-巨神竜復活-の発売日となる2月6日もいよいよ目前に迫ってきました。 既

記事を読む

遊戯王カード考察:豆まき 上手くハマレば大量手札交換のロマンカード

モンスターハンターワールドにハマってます。今回曲射が強くて楽しいです。 ドラゴンボールファイタ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第47話『帰って来たPlaymaker』感想

遊戯王ヴレインズ48話の感想です。 前回のあらすじ:第一部完!大トリはデコード・トーカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ドラマチックシアター

脳筋こそエンタメイトの本質だと思うあなたへ・・・   3月19日に2016年度

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:絶望神アンチホープ

Vジャンプ8月号の付録カードが絶望神アンチホープである事は 結構以前から判明していたのですがつ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:アモルファージ

シャイニング・ビクトリーズに登場する新しいテーマが判明しました。 その名も「アモルファージ」、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,750,158 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑