遊戯王OCGカード考察:巨神竜(きょしんりゅう)フェルグラント

蘇生して、さらにまた蘇生する

 

2016年2月9日にストラクチャーデッキR-巨神竜復活-が発売されます。

まさかのフェルグラントドラゴンを主軸にしたストラクチャーデッキであり、

名前もフェルグラントドラゴンが看板を飾る巨竜の復活を意識したものとなっています。

どうやらレベル7,8のドラゴン族の蘇生をメインとしたコンセプトのようですね。

今回紹介するのはそんな巨神竜復活からこのカードです。

 

 

 

巨神竜フェルグラント
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2800
①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合、
相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外しこのカードの攻撃力・守備力は、
除外したモンスターのレベルまたはランク×100アップする。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、
「巨神竜フェルグラント」以外の自分または相手の墓地の
レベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

 

 

伝説の巨竜、神の力を纏う――。 『 巨神竜 』、復活。

そんな謳い文句と共に巨神竜復活の看板を掲げるモンスターです。

フェルグラントドラゴンのリメイクモンスターとなっており

レベル、属性、種族、攻撃力守備力全て同一のステータスとなっています。

フェルグラント

左向きで翼を下ろしていたフェルグラントドラゴンに対し

右向きで翼を広げているという対比を意識したイラストが特徴的です。

 

 

①の効果はこのカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に

相手のフィールド、もしくは墓地のモンスターを除外した上で

その除外したモンスターのレベル、もしくはランク×100の数値分だけ

自身の攻撃力、守備力を上昇させるというものです。

墓地から蘇生するという条件がありますがドラゴン族は墓地肥やしが容易であり

条件を満たすのは難しくないでしょう。

蘇生するだけで相手のモンスターを除外できるのは非常に優秀であり

一度墓地に落とす事ができればリビングデッドの呼び声などの蘇生カードが

フリーチェーンで相手モンスターを除外できるカードに化けます。

さらに攻撃力と守備力を上昇させるおまけまでついている強烈な効果です。

元々攻撃力と守備力が2800ある為簡単に3000以上の打点を確保できるでしょう。

フィールドだけでなく墓地のモンスターも除外できる事も特徴であり

相手のフィールドにモンスターがいない時や

②の効果為にモンスターを残しておきたい時にも柔軟に活用が可能です。

 

 

②の効果は戦闘で相手モンスターを破壊した場合に

自身と同名カード以外のレベル7,8のドラゴン族モンスターを

自分、もしくは相手の墓地から蘇生できるというものです。

①の効果とシナジーしておりあちらの効果で攻撃力を上昇させていれば

より相手モンスターを戦闘破壊するという発動条件を満たしやすくなるでしょう。

レベル8のドラゴン族を蘇生させればそのままランク8のエクシーズ召喚に繋げられます。

蘇生させる候補は魔法罠を除外できる効果を持つ白き霊龍あたりがオススメです。

蘇生制限を満たしているならシンクロや融合モンスターを蘇生させてもいいでしょう。

 

 

文句なしに強力なモンスターです。

蘇生するだけでもアドバンテージを確保できるだけでなく、

相手モンスターを戦闘破壊する事ができればさらなるアドバンテージを確保できます。

巨神竜復活にはこのカードの蘇生サポートするカードも数多く存在する為、

それらのカードを駆使する事ができれば存分に力を振るう事ができるでしょう。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン

巨神竜フェルグラント自身や②の効果で蘇生させたいドラゴン族を

デッキから墓地へ落とすのに活用できるカードです。

ランク8のエクシーズ召喚が可能であれば出せるモンスターである為、

巨神竜フェルグラントを主軸とするデッキであれば出せる機会も多いでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ブロック・ドラゴン

コアキメイルを配慮した嬉しい耐性!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

究極宝玉陣(きゅうきょくほうぎょくじん):遊戯王カード考察 一気に7体墓地肥やしして融合召喚

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:ファイヤーオパールヘッド 3体目のスケール0、ランスフォリンクスとセットでどうぞ

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されたこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァレルガード・ドラゴン リバースモンスターと組み合わせてみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:解放のアリアドネ

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードの情報、一気に来ましたね。 今回紹介するのはこのカードです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者トーマス

毎ターンエクストラのペンデュラム回収!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュ

記事を読む

遊戯王カード考察:フォトン・チェンジ 銀河眼の光子竜以外でのコスト候補は?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マイルド・ターキー、ゴースト・ビーフ

2月11日にデュエリストフェスティバル2016でプロモーションパックが配布されました。 今回紹

記事を読む

ストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-と一緒に揃えておきたいカードは? 禁止令のテキスト変わってます

今日3月10日にストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-が発売されました。 収録されているカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ゴヨウ・ディフェンダー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑