遊戯王OCGカード考察:巨神竜(きょしんりゅう)フェルグラント

蘇生して、さらにまた蘇生する

 

2016年2月9日にストラクチャーデッキR-巨神竜復活-が発売されます。

まさかのフェルグラントドラゴンを主軸にしたストラクチャーデッキであり、

名前もフェルグラントドラゴンが看板を飾る巨竜の復活を意識したものとなっています。

どうやらレベル7,8のドラゴン族の蘇生をメインとしたコンセプトのようですね。

今回紹介するのはそんな巨神竜復活からこのカードです。

 

 

 

巨神竜フェルグラント
効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2800
①:このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合、
相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外しこのカードの攻撃力・守備力は、
除外したモンスターのレベルまたはランク×100アップする。
②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、
「巨神竜フェルグラント」以外の自分または相手の墓地の
レベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

 

 

伝説の巨竜、神の力を纏う――。 『 巨神竜 』、復活。

そんな謳い文句と共に巨神竜復活の看板を掲げるモンスターです。

フェルグラントドラゴンのリメイクモンスターとなっており

レベル、属性、種族、攻撃力守備力全て同一のステータスとなっています。

フェルグラント

左向きで翼を下ろしていたフェルグラントドラゴンに対し

右向きで翼を広げているという対比を意識したイラストが特徴的です。

 

 

①の効果はこのカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に

相手のフィールド、もしくは墓地のモンスターを除外した上で

その除外したモンスターのレベル、もしくはランク×100の数値分だけ

自身の攻撃力、守備力を上昇させるというものです。

墓地から蘇生するという条件がありますがドラゴン族は墓地肥やしが容易であり

条件を満たすのは難しくないでしょう。

蘇生するだけで相手のモンスターを除外できるのは非常に優秀であり

一度墓地に落とす事ができればリビングデッドの呼び声などの蘇生カードが

フリーチェーンで相手モンスターを除外できるカードに化けます。

さらに攻撃力と守備力を上昇させるおまけまでついている強烈な効果です。

元々攻撃力と守備力が2800ある為簡単に3000以上の打点を確保できるでしょう。

フィールドだけでなく墓地のモンスターも除外できる事も特徴であり

相手のフィールドにモンスターがいない時や

②の効果為にモンスターを残しておきたい時にも柔軟に活用が可能です。

 

 

②の効果は戦闘で相手モンスターを破壊した場合に

自身と同名カード以外のレベル7,8のドラゴン族モンスターを

自分、もしくは相手の墓地から蘇生できるというものです。

①の効果とシナジーしておりあちらの効果で攻撃力を上昇させていれば

より相手モンスターを戦闘破壊するという発動条件を満たしやすくなるでしょう。

レベル8のドラゴン族を蘇生させればそのままランク8のエクシーズ召喚に繋げられます。

蘇生させる候補は魔法罠を除外できる効果を持つ白き霊龍あたりがオススメです。

蘇生制限を満たしているならシンクロや融合モンスターを蘇生させてもいいでしょう。

 

 

文句なしに強力なモンスターです。

蘇生するだけでもアドバンテージを確保できるだけでなく、

相手モンスターを戦闘破壊する事ができればさらなるアドバンテージを確保できます。

巨神竜復活にはこのカードの蘇生サポートするカードも数多く存在する為、

それらのカードを駆使する事ができれば存分に力を振るう事ができるでしょう。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン

巨神竜フェルグラント自身や②の効果で蘇生させたいドラゴン族を

デッキから墓地へ落とすのに活用できるカードです。

ランク8のエクシーズ召喚が可能であれば出せるモンスターである為、

巨神竜フェルグラントを主軸とするデッキであれば出せる機会も多いでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ロングフォーン・ブル

ワグナス!ペンデュラムサーチできなくなってた!   今回紹介するのは今回紹

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-霧雨のクナイ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重忍者(ちょうじゅうにんじゃ)シノビ-A・C(ア・シー)

意外と超重武者以外でも使えるぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト

とうとうディメンション・オブ・カオスのパッケージを堂々と飾るカードが判明しました。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:今一度デニス・マックフィールドについて振り返ってみる

2015年もいよいよ終わりを迎えます。 今年1年この考察好きニコ厨のMUGEN次元に付き合って

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊剣士の揺籃(はかいけんしのようらん)

墓地からバスブレ落としてそのまま蘇生!   2017年の1月14日にマキシマム

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑