遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パチンゴーカート、SR電々大公(でんでんだいこう)

着実に増えるスピードロイド

 

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

SRパチンゴーカート
効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1800/守1000
①:1ターンに1度、手札から機械族モンスター1体を捨て、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

 

SR電々大公
チューナー・効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1000/守1000
「SR電々大公」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・墓地から「SR電々大公」以外の
「スピードロイド」チューナー1体を選んで特殊召喚する。

 

 

 

新しく登場したスピードロイド2体です。

電々大公はスピードロイドの中では「ダイス」と付かない初のチューナーとなります。

アークファイブにおいてユーゴがセレナ戦で使用したカードであり

パチンゴーカートはクリアウィングの効果で破壊され攻撃力を上昇させるのに、

電々大公は墓地の赤目のダイスを蘇生させるのにそれぞれ使われました。

電々大公はアニメでは攻撃力1200、守備力600というステータスでしたが

OCG化に伴い攻撃力守備力が共に1000に変更されています。

それぞれパチンコ(スリングショットの方)とでんでん太鼓がモチーフとなっています。

 

 

SRパチンゴーカートの効果は1ターンに1度、手札から機械族モンスターを捨てる事で

フィールドのモンスター1体を破壊するというものです。

アニメでは召喚に成功した時に発動する効果であり、

攻撃を行えない代わりにノーコストで相手モンスターを破壊できる優秀な効果でしたが

さすがに強すぎたと判断されたのかOCG化に伴いいくつか仕様変更がありました。

それでも破壊したいモンスターがいる場合にはありがたい効果です。

機械族全般をコストにできる為スピードロイド以外でも活用が可能であり

墓地から除外して発動できる効果を持っている超電磁タートルや

墓地から蘇生できるボルト・ヘッジホッグやブンボーグ001あたりを

コストにすれば無駄もないでしょう。

ただコストが必要になった事でアニメで行ったような

クリアウィングの攻撃力を上げる目的にはやや不向きとなっています。

 

 

 

SR電々大公の効果は墓地から除外する事で

手札、墓地から同名カード以外のスピードロイドチューナーを蘇生するというものです。

前述のパチンゴーカートと相性がよく、あちらの効果のコストとして墓地に送れば

スムーズに電々大公の効果を利用してシンクロ召喚につなげる事が可能な他、

電々大公の効果で蘇生させたいスピードロイドチューナーを墓地に送る手段にもなります。

 

電々大公は三つ目のダイスと同じくレベル3のチューナーであり、

クレーンクレーンやガスタの神裔 ピリカからレベル6シンクロに繋げられ、

一緒に採用する事でこれらのカードを使いやすくなるでしょう。

ただしどちらも墓地で除外して発動する効果を持っている為、

蘇生させたい場合、無闇に効果を発動しない事が大事になってきます。

 

 

ユーゴ4

関連記事

遊戯王OCGカード考察:トルクチューン・ギア

チューナーのユニオン登場!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王カード考察:虹の架け橋  ごく普通、だからこそ強いサーチカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:黒竜降臨、黒竜の聖騎士(ナイト・オブ・ブラックドラゴン)

今回紹介するのはコレクターズパック-運命の決闘者編-よりこれらのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:レディ・デバッガー シンプルかつ優秀なサーチ効果

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

星遺物-『星鎧』(せいいぶつせいがい):遊戯王カード考察 リバーステーマで特殊召喚を狙うかアドバンス召喚を狙うか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者コペルニクス

今回紹介するのはペンデュラム・ドミネーションよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エンジェル・トランペッター

ついに登場したレベル4バニラチューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,970,712 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑