遊戯王アークファイブ第89話『強襲!オベリスクフォース』感想

公開日: : 最終更新日:2016/01/20 アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王アークファイブ

遊戯王ARC-V89話の感想です。

とうとうシンクロ次元にやってきたオベリスクフォース。

ランサーズやセキュリティもそれを察知して各自様々な動きをしています。

 

 

 

隠密する気0

どうやらオベリスクフォースのハングライダーには

夜間行動用のライトが備わっていたようです。

地上部隊と連携しながら上空からライトを照らし周囲を探索しています。

もう目立ってしょうがないです。

当然シンクロ次元も完全にオベリスクフォースに気づいているのですが

どうやら会場を盛り上げるコスプレ集団としか思っていない模様。

完全にパフォーマー扱いをしておりまったく状況を認識できていません。

評議会も完全に他人任せの状態でありその様子を見た赤馬社長も

シンクロ次元が協力するに足る存在か疑問を感じている様子です。

恐らくは多少なりとも被害を受けてもらい状況を認識して貰うつもりでしょう。

 

 

ノルマ達成

一方で暴走した遊矢に乗り移っていたユーリとユーゴは意識を取り戻します。

先ほど乗り移っていた状態にまだ戸惑うユーリですがすぐにユーゴと対面します。

宿敵を見つけたユーゴは怒り心頭といった様子ですが

ここでも「融合じゃねぇ!ユーゴだ」と持ちネタを披露します。

いまいちシリアスになりません。

ユーリの方は完全にユーゴを馬鹿にした様子で軽い口調で話しかけています。

リンの元に案内しろというユーゴに「それなら柚子をつれてきてよ」と

交渉を持ちかけるユーリ、しかしユーゴにとって柚子は死んでいる扱いです。

突然涙ながらに柚子の思い出を胸にしまうユーゴにユーリも呆れ顔です。

ユーリは「あ、これ駄目だな」という感じでヴァイオレット・フラッシュ発動、

そそくさとユーゴの元から退散します。

ユーリ、底知れない悪役という立場のはずなのですが前回といい今回といい

すっかり顔芸要因となっています。

 

 

迫るオベリスクフォース

舞台は変わって月影、零羅、セレナ組。

廃墟ビルに避難し身を隠していた月影達ですが表にはもう

オベリスクフォースが捜索しており見つかるのも時間の問題です。

オベリスクフォースは評議会にも勢力を伸ばしており

足止めをするセキュリティを無視するように評議会に近づいてきます。

こちらはセルゲイがオベリスクフォースと対峙する姿勢のようですね。

セルゲイのスタンディング用デュエルディスクは特別製のようで

服を破るように回転して展開するという非常に凝った仕掛けがされています。

オベリスクフォースの身体能力は凄まじくシティのいたる所を

まるで忍者のように俊敏に動きながら捜索をしています。

どうやらアカデミアはこの身体能力がデフォルトのようです。

オベリスクフォースの目的は自分と柚子、

その為に自分を置いて逃げろと言うセレナですが

月影も零羅もセレナを見捨てて逃げるつもりなど微塵もありません。

零羅は疲労しきった体を奮い立たせながら足止めを志願した上で

月影に地下の仲間達に応援を要請するように呼びかけます。

そしてオベリスクフォースは足跡から月影達の居場所を突き止めてきました。

どうやらデニスの記憶からランサーズの足跡も読み取っていたようです。

 

 

零羅の意地、月影の意地

さすがにロジェ長官が切り札として用意していただけあって

セルゲイは順調にオベリスクフォースを撃退しています。

今の所は装置の方も暴走する事なくセルゲイを制御できている様子です。

どうやらオベリスクフォースは敗北すると自動でアカデミアに送還されるようです。

これには評議会もご満悦で早速自分からクビにしておいた

ロジェ長官と再び関係を取り戻そうかと話あっています。

まあロジェはあんたら抹殺しようとしてるんですけどね。

一方でランサーズと合流する為に地下施設へと走る月影ですが

オベリスクフォース3名が自分を追跡している事を察知します。

このまま地下施設へ向かうと柚子の居場所も気づかれてしまう、

そう判断した月影は足を止めてオベリスクフォースの撃退を試みます。

回想では零羅がオベリスクフォースを撃退している様子が描かれており

月影としてはそんな零羅の奮闘を無駄にするわけにはいきません。

オベリスクフォースは月影から柚子の居場所を聞き出そうとしますが

当然月影がそれに頷く事もなく1VS3のデュエルが開始されます。

 

 

オベリスクフォースの恐怖

先行はオベリスクフォース。

まずは古代の機械猟犬を召喚した後カードを1枚伏せてターン終了です。

続いて月影のターン。

まずは忍法 朧分身の術を発動して黄昏の忍者シンゲツを特殊召喚、

この時カードを回転させながら発動するという非常にオシャレな演出をしています。

そのシンゲツをリリースして黄昏の忍者将軍-ゲツガをアドバンス召喚します。

古代の機械猟犬に攻撃をしかけますがここでオベリスクフォースが

永続罠「融合塹壕-フュージョン・トレンチ-」を発動。

融合モンスター以外が攻撃できなくなるという効果を持っており、

これによりゲツガの攻撃を無効化されてしまいます。

攻撃を防がれた月影はカードを2枚伏せてターン終了です。

 

そして2人目のオベリスクフォースのターン。

融合を発動し手札の古代の機械猟犬3体を素材に古代の機械参頭猟犬を融合召喚します。

攻撃力は1800ですがここで融合塹壕-フュージョン・トレンチ-の更なる効果発動、

そのターンに融合モンスター以外の召喚、特殊召喚を行っていないプレイヤーは

直接攻撃できるというもので古代の機械参頭猟犬で月影にダイレクトアタック、

伏せカードも発動できず月影のライフは2200まで減ってしまいました。

これで2人目のオベリスクフォースのターンは終了、

しかし3人目のオベリスクフォースも同様に融合を発動、

手札の手札の古代の機械猟犬3体を素材に古代の機械参頭猟犬を融合召喚します。

そして「歴史は繰り返す」と同じように融合塹壕の効果で月影にダイレクトアタック、

月影のライフは残り400です。

 

 

まさかの次元共通ペナルティ

ここで一巡して1人目のオベリスクフォースのターンに戻ろうとしています。

1人目のオベリスクフォースは「600のバーンダメージを与える効果がある」と伝え

ここで柚子の居場所を聞きだそうと最後の降伏勧告を行います。

敗北が濃厚となった状態でもまだ月影は首を縦に振りません。

たとえ自分の身が滅びようとも仲間を売るような真似はしないと言い放ちました。

説得は無理と判断したオベリスクフォースは月影にトドメを指そうとしますが

ここで素良が乱入し、颯爽と月影に加勢を乱入ペナルティ2000

デニス9

どういうアレだーーー!

ていうか素良!お前がつけてるの融合次元のディスクだろ!なんでペナルティあるんだ!

柚子とセキュリティのデュエルに乱入した時はペナルティ発生してなかったじゃん!

なんていうかもうわけわかんないよ!別にペナルティ発生させなくていいだろ!

 

 

因縁のタッグ

なんにしても素良はここでアカデミアを裏切って月影の味方となりました。

素良と月影、中々に因縁のあるタッグがここに生まれました。

乱入した素良のターンです。

まず素良は手札1枚とエクストラデッキのデストーイ2枚をコストに

永続魔法「デストーイ・サンクチュアリ」を発動、

コストとしてエッジインプDTモドキと

エクストラデッキのシザーベア、ホイールソウライオを墓地に落とします。

その後にすかさずデストーイ・フュージョンを発動、

先ほどコストとして墓地に落とした3体を除外して

デストーイ・マッド・キマイラを融合召喚、さらに融合も発動、

手札のファーニマル・ベアとエッジインプ・シザーを素材に

デストーイ・シザー・タイガーを融合召喚し、その効果で融合塹壕を破壊します。

これで融合モンスター以外も攻撃が可能となりました。

 

 

月影と素良の鬼畜コンボ

そしてここで月影が罠カード「結界忍法-朧移しの術」を発動し、

古代の機械参頭猟犬の効果をデストーイ・マッド・キマイラに付与します。

これによりデストーイ・マッド・キマイラは3回攻撃が可能となりました。

ゴヨウ効果のあるマッドキマイラに連続攻撃が付与されたとなれば

後に待っているのはもう蹂躪展開です。

まずマッドキマイラで1体目の古代の機械参頭猟犬を攻撃して破壊、

その効果により古代の機械参頭猟犬を自分フィールドに特殊召喚します。

ここでデストーイ・サンクチュアリの効果が発動、

自分フィールドの融合モンスターを全てデストーイ扱いとします。

これによりマッドキマイラとシザータイガの効果で攻撃力が強化されました。

続いてもう1体の古代の機械参頭猟犬をマッドキマイラで攻撃し同じく破壊、

やはりフィールドに特殊召喚されてさらに素良のモンスターは攻撃力が上昇します。

そして古代の機械猟犬に3体目の攻撃をしこれを破壊、

既に攻撃力がすごい事になっているマッドキマイラの攻撃により

1人目のオベリスクフォースのライフもう風前の灯です。

「古代の機械猟犬は融合モンスターじゃないから攻撃力上がらないよ、よかったね」

と涼しげにゆう素良ですがもはやそんな事言ってられない攻撃力と化しています。

最後には奪ったアンティーク・ギア達でオベリスクフォース達にダイレクトアタック。

まさに飼い犬に手どころか全身噛まれる形でオベリスクフォースは全滅です。

即席タッグによる見事なワンターンスリーキルゥでした。

 

 

和解

今回の件でもまだ日影をカード化した謝罪にはならないという素良ですが

月影は「恨み言は繰り返さない」と完全に素良を恨む事をやめたようです。

月影は素良に事情を話し、地下にいる仲間に応援を要請しにいく事、

現在零羅がセレナを守る為に戦っている事を伝えます。

それを聞いた素良は自分もセレナを守る為に動き出す事に決め、

それぞれの目的を胸に再び活動を開始します。

 

一方で必死にオベリスクフォースを撃退している零羅ですが、

何度倒しても追っては再びやってきます。

既に体力も精神も限界に来ている零羅はオベリスクフォースの姿を

過去に戦争をしていた兵士の姿に重ねてしまいトラウマを誘発させてしまいます。

絶体絶命と思った所で零羅を叫ぶ遊矢の声が。

零羅のピンチにDホイールで駆けつけるというまさに主人公の姿がそこにありました。

 

 

 

 

よかったー!月影生きてたー!

それも因縁のある素良とのタッグを組みさらに見事な連携を見せてくれました。

因縁のあった2人が手を組み鬼畜コンボを披露したのはこの上ないカタルシスでした。

遊矢も久々に主人公らしい格好いい登場をしてくれましたね。

 

 

次回予告『革命の狼煙』

とうとう地下組が活動する時が来たようです。

またシンジはトニーやデイモンと手を組んでトップスに反旗を翻すようで

オベリスクフォースが攻め込んでいる最中なのでさらに混乱が加速しそうです。

こっそりとデュエルチェイサー227の姿も見えます。

一方で零羅の救援にかけつけた遊矢はバレットと対峙する様子です。

 

超熱血!デュエル塾

今回も詰めデュエルの解答と更なる詰めデュエルの問題です。

・・・・・・あれ、色々試行錯誤してみましたがやばいです、答えが分かりません。

ちょっともう少し解答に悩んでみます。

 

追記:こっそり相手のライフポイント7500になってんじゃねーか!

最初7600だったぞ!見逃してないからな!

というわけで7500なら既に解答は見つけてあります。

どうすれば覇王黒竜の効果をスサノOに適用できるかを考えましょう。

関連記事

衛生兵マッスラー:遊戯王カード考察  切り込み隊長投げ飛ばしてたあの人が変則的なデメリットアタッカーとして登場

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第83話『師弟の絆』感想

遊戯王ARC-V83話の感想です。 今回は柚子と素良がメインの回になりそうですね。 結局

記事を読む

デューテリオン:遊戯王カード考察 これ三沢くんより梶木くんの方が使いこなせるんじゃ・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第9話『追い求めてきた敵』感想

遊戯王ヴレインズ第9話の感想です。 ついにプレイメーカーの前に姿を現したリボルバー。 リ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファスP(ペルソナ)、虚竜魔王(きょりゅうまおう)アモルファクターP

儀式魔法内臓のフィールド魔法!   いよいよシャイニング・ビクトリーズが発売さ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フルメタルフォーゼ・アルカエスト

相手モンスターを溶かしまくれ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ネクロ・ヴァルチャー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者ニュートン

12月12日にストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-が発売されます。 赤馬零児を

記事を読む

遊戯王OCG、2017年1月の制限改定判明!正月になじみあるカードが正月に規制!エラッタされて禁止解除されたカードも多数!

2017年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 最近結構環境があれてましたが今回どの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:浮幽(ふゆ)さくら

ミラーマッチ用最終兵器!(他にも色々使えるよ)   今回紹介するのはシャイニン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,629,071 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑