遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ペイン・レイニアス、RR-アベンジ・ヴァルチャー

「この痛みだ・・・この痛みこそが俺を本気にさせる!」

 

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

RR-ペイン・レイニアス
効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
「RR-ペイン・レイニアス」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
このカードをX召喚の素材とする場合、鳥獣族モンスターのX召喚にしか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、
自分フィールドの「RR」モンスター1体を対象として発動できる。
自分はそのモンスターの攻撃力か守備力の内、
低い方の数値分のダメージを受け、このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードのレベルは、対象のモンスターのレベルと同じになる。

 

 

RR-アベンジ・ヴァルチャー
効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1700/守 100
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は
「RR」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

 

 

レイド・ラプターズの新しい同胞達です。

どちらもアークファイブにおいて黒咲隼がクロウ・ホーガン戦で使用したカードで

ペイン・レイニアスが自身の効果で黒咲さんの頭をコンコンしつつ特殊召喚した上で

さらにそれによって受けたダメージを利用して

アベンジ・ヴァルチャーを特殊召喚するというコンボを披露しました。

なおデュエル塾において

「俺はセルゲイと違い自分からダメージを受けたりはしない!」

といった矢先に使用したカードでもあります。

 

 

ペイン・レイニアスの効果は1ターンに1度、

自分フィールドのレイドラプターズ1体を選択し、

その攻撃力か守備力の低い方の数値分のダメージを受ける事で

手札から特殊召喚した上で選択したレイドラプターズと同じレベルになるというものです。

ただしこのペイン・レイニアスをエクシーズ素材にする場合、

鳥獣族モンスターしかエクシーズ召喚できない制約が存在します。

エクシーズ召喚に関する制約こそ存在しますがレイドラプターズにとっては

非常に緩い条件で手札から特殊召喚できるモンスターとして重宝するでしょう。

シンギング・レイニアスやトリビュート・レイニアスのように

攻撃力か守備力の低いRRを対象にすれば受けるダメージも微量で済みますが、

もしワイルド・ヴァルチャーあたりを対象にしてしまった場合、

受けるダメージも馬鹿にならなくなります。

アニメでは受けるダメージがわずか100だった為に頭コンコンで済みましたが

その16倍のダメージを受けた場合には黒咲さんの頭が大変な事になるでしょう。

 

 

 

 

黒咲10

黒咲さんの頭が大変な事になるでしょう。

 

 

 

アベンジ・ヴァルチャーの効果は自分が・戦闘ダメージを受けた場合に

このカードを手札から特殊召喚する事が可能というものです。

ただしこの効果を発動した場合ターン終了までレイドラプターズ以外の

エクストラデッキからの特殊召喚ができなくなる制約が発生します。

アニメで見せたようにペイン・レイニアスとは高いシナジーがあり、

アベンジ・ヴァルチャーを対象にペイン・レイニアスの効果を使えば

受けるダメージは100ポイントで済む上にそのダメージを利用して

さらにアベンジ・ヴァルチャーを特殊召喚する事も可能です。

攻撃力も1700とそこそこの数値を持っており、

いざという時には壁として出す事もできるでしょう。

H・Cサウザンド・ブレードと特殊召喚条件が似ている為、

クラウンブレードのギミックに採用するのも1つの選択肢ですが

その場合にはエクストラデッキの特殊召喚に関する制約に注意しましょう。

 

 

 

同じく手札から特殊召喚が可能であり、召喚に制約の存在する

ファジー・レイニアスとペイン・レイニアスの2枚を比較する場合、

あちらはダメージ無しで特殊召喚できる利点と

墓地へ送られた場合に同名カードをサーチできる利点が存在し、

また最初からレベル4である為通常召喚でもレベルが揃えやすいのも特徴です。

一方でペイン・レイニアスはファジー・レイニアスより特殊召喚の縛りが緩く

鳥銃士カステル零鳥獣シルフィーネのエクシーズ召喚に繋げられる他、

ダメージを受ける事を利用して前述のアベンジ・ヴァルチャーや

H・C サウザンド・ブレードの特殊召喚に繋げる事も可能です。

RR-スカル・イーグルを対象にすればランク3のエクシーズに繋げられるのも

ファジー・レイニアスには無いポイントとなるでしょう。

そもそもどちらも1ターンに1度しか効果を使えない制約が存在する為、

両方とも採用した方が大量展開を狙うのに向いているでしょう。

ファジー・レイニアスとペイン・レイニアスにタンホイザーゲートを使用、

レベル8となった2体でサテライト・キャノン・ファルコンをエクシーズ召喚

といった動きも可能です。

 

 

どちらのカードもレイドラプターズの展開力を強化してくれる優秀なカードです。

特殊召喚に関する制約も純正のレイドラプターズならば問題になりにくく、

特にライズ・ファルコンのエクシーズ召喚はより狙いやすくなるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:リンク・ディヴォーティー デメリットをどう受け入れるか

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:闇霊神(やみれいしん)オブルミラージュ エラッタ前クリッター効果、いつ出しても腐りにくい

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ジェルゴンヌの終焉 発動は難しいけどダメージ量は魅力

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:究極幻神(きゅうきょくげんしん)アルティミトル・ビシバールキン

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:今一度デニス・マックフィールドについて振り返ってみる

2015年もいよいよ終わりを迎えます。 今年1年この考察好きニコ厨のMUGEN次元に付き合って

記事を読む

遊戯王OCG、2016年10月の制限改定判明!ついにあのカードが禁止解除!

2016年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 4月と10月に大幅な改定が行われる

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破戒蛮竜(はかいばんりゅう)-バスター・ドラゴン

ようやく秋らしい涼しさになってきましたね。 自分は完全に冬型の人間で暑いのが大の苦手なので助か

記事を読む

遊戯王OCG、2018年4月の制限改定判明!日本ではじめて無制限になりました

2018年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 新マスタールールになってもう1年です

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-レヴォリューション・ファルコン-エアレイド

素良戦の原作再現が可能になりました   今回紹介するのはザ・ヴァリュアブル・ブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,338,297 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑