遊戯王OCGカード考察:エンジェル・トランペッター

ついに登場したレベル4バニラチューナー!

 

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

エンジェル・トランペッター
チューナー・通常モンスター
星4/地属性/植物族/攻1900/守1600
天使の様な美しい花。
絶えず侵入者を惑わす霧を生み出し、
聖なる獣たちが住まう森の最深部へ立ち入ることを許さない。

 

 

新しく登場した植物族の通常モンスターです。

シャイニング・ビクトリーズにおける今回の通常モンスター枠です。

フレーバーテキストに「聖なる獣たちが住まう森」という表記がある事から

恐らく森の聖獣と関係のあるモンスターなのでしょう。

エンジェル・トランペッターエンジェル・トランペット

イラストから見ても名前の由来はキダチチョウセンアサガオと見ていいでしょう。

園芸用として人気のある植物ですが幻覚を引き起こす毒を持っており

このあたりもエンジェル・トランペッターのフレーバーテキストと共通しています。

 

 

通常モンスターの中では初となるレベル4のチューナーとなります。

今まで通常モンスターのチューナーは

レベル1:ガード・オブ・フレムベル、ウォーター・スピリット

レベル2:ギャラクシーサーペント

レベル3:チェーン・ウォリアー、ジェネクス・コントローラー

レベル5:A・マインド

レベル6:ラブラドライドラゴン

とレベル4だけ穴が空いていた状態でしたがエンジェル・トランペッターの登場により

1から6までの全てのレベルで通常モンスターのチューナーが揃った事になります。

 

 

レベル4の通常モンスターである為予想GUYやレスキューラビット等で

簡単にデッキから特殊召喚する事が可能です。

ランク4のエクシーズ召喚をメインにするデッキにも混ぜやすく、

ランク4のエクシーズ召喚とレベル8のシンクロ召喚を併用しやすくなるでしょう。

また植物族である為、ローンファイアブロッサムやギガプラントにも対応しています。

スポーアの効果を利用する為のコストにするのもいいでしょう。

バニラ軸、植物族軸、どちらでも優秀な働きが期待できるカードです。

 

 

また下級チューナーの中では1900とトラップ・イーターに並ぶ最高打点です。

単純にアタッカーとして使える他、苦渋の決断で容易に墓地に送る事が可能な為

イージーチューニングを使う為のコストにするのも面白いでしょう。

カード1枚で1900の打点アップが可能なのは結構大きいです。

 

 

チューナーとしても植物族モンスターとしてもかなり革命的な通常モンスターです。

エンジェル・トランペッターのようなカードをずっと待っていた、

という人も結構いるのではないでしょうか?

個人的にはレベル4軸のバニラペンデュラム中心のデッキに

シンクロギミックとして入れてみたいカードだったりします。

関連記事

遊戯王雑記:アークファイブの改善点を挙げるとしたら

いよいよ2017年も終わりを迎えようとしています。 遊戯王的に2017年は環境を大きく変える新

記事を読む

遊戯王アークファイブ第110話『破かれたスマイル・ワールド』感想

遊戯王アークファイブ110の感想です。 カイトの助けによりオベリスクフォースを撃破できた遊矢達

記事を読む

遊戯王カード考察:嵐竜の聖騎士(ナイト・オブ・ストームドラゴン) サイバース・ウィッチから簡単に出せます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ライトロード・セイント ミネルバ

シンクロ次元篇、続きが気になって仕方ありません。 毎回予告がずるいんですよアークファイブって。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:磁石の戦士δ(マグネット・ウォリアー・デルタ)

マグネット・バルキリオンがさらに救済!     8月21日にV

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-猪鹿蝶(いのしかちょう)-

これはエンジョイできる強さだ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王カード考察:黒牙の魔術師(こくがのまじゅつし)

相手の攻撃力を下げつつ墓地のカードを蘇生!しかもスケール8!   今回紹介する

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

ペンデュラム・パラドックス:遊戯王カード考察  ペンデュラム召喚しないデッキでも結構有用

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,750,220 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑