遊戯王OCGカード考察:裏風(うらかぜ)の精霊

公開日: : 最終更新日:2016/01/08 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

まだリバースモンスターは終わらない!

 

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

裏風の精霊
効果モンスター
星4/風属性/天使族/攻1800/守 900
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからリバースモンスター1体を手札に加える。

 

 

 

ミエル

↑とりあえずリバースか儀式関連来たらこの画像貼っとけという短絡思考

 

 

新しく登場した天使族モンスターの1体です。

裏風の精霊

かなり正統派なデザインの精霊風イラストであり逆に新鮮味を感じます。

裏風は恐らく裏側表示と浦風を掛け合わせた言葉でしょう。

 

 

 

その効果は召喚に成功した場合に、デッキからリバースモンスターをサーチするという

非常にシンプル極まりないものです。

リバースモンスター以外に制限はなくあらゆるリバースモンスターをサーチ可能です。

注意点としてはスノーマンイーターやゴーストリックのように

「リバースモンスターではないがリバースした時の効果を持つモンスター」

はサーチが出来ないので間違えやすいので気をつけましょう。

【◯◯族/リバース/効果】

のような表記、もしくは

「リバース:~~~」

といったテキストが書かれたモンスターがリバースモンスターとなります。

 

 

まさにリバースモンスターの救済とも言える効果を持ったカードです。

メタモルポットやカオスポッドなどを使いまわすタイプのデッキにとっては

これらのキーカードをサーチできる為安定性の向上に繋がります。

しかしリバースモンスターをセットする為には基本的に召喚権を使う必要があり

このカードの効果の発動の為の召喚権も合わせてやや動きが遅くなってしまいます。

そのあたりをどのようにしてカバーするかが課題となってくると思われます。

召喚権を増やすカードや防御系カードを上手く使っていきましょう。

 

 

特にサーチしたカードを儀式や融合のリリースに用いる事もできる

シャドールや占術姫にとっては非常にありがたいカードだと言えます。

占術姫ではこのカードでシャドール・ビーストをサーチすれば

裏風の精霊と合わせて聖占術姫タロットレイのリリース要因を確保できる他、

禁忌の壷をサーチすれば裏風の精霊を残したままリリース要因を確保可能です。

前者は儀式召喚しつつ1枚ドロー、後者はそのまま禁忌の壷を蘇生できる為、

状況に合わせてサーチ対象を選ぶといいでしょう。

 

 

どんどん環境の高速化が進む中、どうしても動きが遅くなりがちな

リバースモンスターは中々辛い立場に存在すると思います。

しかしそんな中でもこういったカードの登場は実に嬉しい存在です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:究極幻神(きゅうきょくげんしん)アルティミトル・ビシバールキン

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-神立(がんだち)のオニマル

初となる縛りなしレベル12シンクロ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

遊戯王カード考察:嵐竜の聖騎士(ナイト・オブ・ストームドラゴン) サイバース・ウィッチから簡単に出せます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-アンゼリカ

回復にもシンクロ召喚にも!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:肥大化

コンボ用だけど単体でも結構使える   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

リンクリボー:遊戯王カード考察  レベル1モンスターの活用手段がまた増えました

今回紹介するのは8月4日に発売される最強ジャンプの付録となるこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:デグレネード・バスター 単純に特殊召喚しやすい2500打点として優秀

モンスターハンター・ワールド買いました。 今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションより

記事を読む

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The blazing MARS(ザ・ブレイジング・マーズ)

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:デストーイ・ハーケン・クラーケン

かゆい所に手が届くデストーイ!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ん、シャドール・ビーストが
    レベル5でドロー効果では
    ないでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,342,803 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑