遊戯王OCGカード考察:波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

波紋のバリア -ウェーブ・フォース-
通常罠
①:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。

 

 

 

 

 

新しく登場する汎用の通常罠カードです。

最近シリーズ化されているミラーフォースシリーズの1つです。

神風のバリア -エア・フォース-

業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

砂塵のバリア -ダスト・フォース-

と続いてきた為いつか来るかと思っていましたが

やっぱり来ましたね、水属性版のミラーフォースが。

ウェーブフォース

イラストもやはり他のミラフォシリーズを踏襲したものとなっています。

 

 

 

その効果は相手モンスターの直接攻撃時に発動し、

相手の攻撃表示のモンスターを全てデッキバウンスにするというものです。

言うなれば神風のバリア -エア・フォース-を直接攻撃限定にした代わりに

手札でなくデッキにバウンスするようにしたものです。

 

 

「デッキにバウンスする」という性質上特にペンデュラムモンスターに対して

大きな損害を与えられるカードです。

ペンデュラムモンスターは破壊しても手札に戻してもペンデュラム召喚によって

簡単に再利用が可能である為ペンデュラムの再利用を防ぐという用途においては

ミラーフォースやエアフォースに無い大きな利点となります。

ペンデュラムモンスターに限らずメインデッキのモンスターで戦うデッキ全般と相性がよく

墓地からの蘇生が容易なブルーアイズに対しても非常にいやらしいカードになるでしょう。

 

 

 

その一方で直接攻撃限定という事で他のミラーフォースシリーズよりも

発動できる状況が限られておりモンスターを守る手段としても使えません。

特に融合やシンクロ、エクシーズモンスターに対するカードとしては

エアフォースでも同じ損害を与える事が可能である為、

発動しやすさの関係でエアフォースの方に分があります。

このカードを有効に活用する場合フィールドに空きが発生しやすく

相手に直接攻撃を狙われやすいデッキの方が採用しやすいでしょう。

【妖仙獣】や【PSYフレーム】であればフィールドが空く事も多く

このカードを発動させる機会も多いでしょう。

 

 

このウェーブフォースの登場により各属性ごとのミラフォシリーズが出揃いました。

今後また新しいミラフォシリーズが出るかどうかは不明ですが、

個人的にはせっかくですし今後も同じようなカードが登場して欲しいですね。

 

波紋防御

関連記事

遊戯王OCG、2015年の制限改定発表!だがしかし・・・

とうとう今年7月のリミット・レギュレーションが判明しました。 どのカードが規制強化されるのか、

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:濡れ衣

ブレイカーズ・オブ・シャドウのフラゲ情報も出ているみたいですね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

『破壊』と『無効にして破壊』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、ちゃんと無効にしないと発動は防げません

前回に引き続き遊戯王の複雑なルール、通称「コンマイ語」の解説第2回です。 特にデュエルリンクス

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリアクリボー

効果ダメージと直接攻撃をそれぞれ防ぐ!   今回紹介するのは4月3日に発売され

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ガストル、アモルファージ・ルクス、アモルファージ・プレスト

魔法ダメ!罠ダメ!モンスター効果もダメ!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:虚空の黒魔導師(くろまどうし)

相手の魔法罠破壊カードを腐らせろ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)37 希望織竜(きぼうしきりゅう)スパイダー・シャーク

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真紅眼(レッドアイズ)の凶星竜(きょうせいりゅう)-メテオ・ドラゴン、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

黒炎弾と合わせて4900バーン   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:「A」細胞組み換え装置

エーリアンなんかすっごい強化きた   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:素良や黒咲など「色」を表す人物について

久しぶりにアニメの考察でもしようかと思います。   遊戯王ARC-Vにおいて紫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,473,435 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑