遊戯王OCGカード考察:波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

波紋のバリア -ウェーブ・フォース-
通常罠
①:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。

 

 

 

 

 

新しく登場する汎用の通常罠カードです。

最近シリーズ化されているミラーフォースシリーズの1つです。

神風のバリア -エア・フォース-

業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

砂塵のバリア -ダスト・フォース-

と続いてきた為いつか来るかと思っていましたが

やっぱり来ましたね、水属性版のミラーフォースが。

ウェーブフォース

イラストもやはり他のミラフォシリーズを踏襲したものとなっています。

 

 

 

その効果は相手モンスターの直接攻撃時に発動し、

相手の攻撃表示のモンスターを全てデッキバウンスにするというものです。

言うなれば神風のバリア -エア・フォース-を直接攻撃限定にした代わりに

手札でなくデッキにバウンスするようにしたものです。

 

 

「デッキにバウンスする」という性質上特にペンデュラムモンスターに対して

大きな損害を与えられるカードです。

ペンデュラムモンスターは破壊しても手札に戻してもペンデュラム召喚によって

簡単に再利用が可能である為ペンデュラムの再利用を防ぐという用途においては

ミラーフォースやエアフォースに無い大きな利点となります。

ペンデュラムモンスターに限らずメインデッキのモンスターで戦うデッキ全般と相性がよく

墓地からの蘇生が容易なブルーアイズに対しても非常にいやらしいカードになるでしょう。

 

 

 

その一方で直接攻撃限定という事で他のミラーフォースシリーズよりも

発動できる状況が限られておりモンスターを守る手段としても使えません。

特に融合やシンクロ、エクシーズモンスターに対するカードとしては

エアフォースでも同じ損害を与える事が可能である為、

発動しやすさの関係でエアフォースの方に分があります。

このカードを有効に活用する場合フィールドに空きが発生しやすく

相手に直接攻撃を狙われやすいデッキの方が採用しやすいでしょう。

【妖仙獣】や【PSYフレーム】であればフィールドが空く事も多く

このカードを発動させる機会も多いでしょう。

 

 

このウェーブフォースの登場により各属性ごとのミラフォシリーズが出揃いました。

今後また新しいミラフォシリーズが出るかどうかは不明ですが、

個人的にはせっかくですし今後も同じようなカードが登場して欲しいですね。

 

波紋防御

関連記事

遊戯王カード考察:雪花の光(せっかのひかり) フルモン用カード、でも超重武者で使う場合には少し注意

FLAMES OF DESTRUCTION(フレイム・オブ・デストラクション)、 本日いよいよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:天地開闢(てんちかいびゃく)

戦士族の新しい墓地肥やし手段!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

補充部隊:遊戯王カード解説  実際これがあると大分相手は攻撃し辛いと思います

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:闇鋼龍(くろがねりゅう) ダークネスメタル デッキに戻った方が都合がいいカードと言えば?

今回紹介するのはVジャンプ7月号の 応募者全員サービスとしてついてくるこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:竜絶蘭(りゅうぜつらん) 4種族それぞれに対応した効果、どれが狙い目?

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜(しんりゅう)の目覚め

デッキから儀式モンスターだと!?     今回紹介するのはシャ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:銀河眼の光波竜(ギャラクシー・アイズ・サイファー・ドラゴン)

え?そこまで再現しちゃっていいの?   今日は私用によりアークファイブの感想は

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ボットアイズ・リザード

言うなれば運命共同体 互いに頼り 互いに庇い合い 互いに助け合う トップスがコモンズの為に コモ

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【プランキッズ】 融合+リンク召喚!相手ターンにも展開しまくって妨害する

デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズに登場する新テーマ、 1つの家でどったんばったん大騒ぎ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第21話『新たな闘いの火種』感想

遊戯王ヴレインズ21話の感想です。 財前晃とのデュエルに勝利したプレイメーカーは ハノイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,660,557 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑