遊戯王OCGカード考察:ワンダー・エクシーズ

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

ワンダー・エクシーズ
通常罠
①:自分フィールドのモンスターを素材としてXモンスター1体をX召喚する。

 

 

 

相手ターンにエクシーズ召喚だと!?

 

 

新しく登場するエクシーズサポートの罠カードです。

ワンダー・エクシーズ

イラストではガンバラナイトとゴゴゴゴーレムが

まさにオーバーレイネットワークを構築する様子が描かれています。

 

 

その効果は自分フィールドのモンスターを素材にエクシーズ召喚を行うという

たった1行でまとめられるほど非常にシンプルな内容となっています。

一言で言ってしまえば「エクシーズ版緊急同調」であり、

フリーチェーンでエクシーズ召喚を行えるようにするカードです。

漫画版ZEXALにおいてコロンが

「クイック・エクシーズ」という似たような効果のカードを使っており

それの強化版とも言える性能となっています。

 

 

このカードの使い方は多岐に及びます。

まず相手ターンにエクシーズ召喚をする手段として活用が可能です。

幻影騎士団シャドーベイルのような相手の攻撃に反応して特殊召喚するモンスターや

アーティファクトのように相手ターンに特殊召喚する事で進化を発揮するモンスターを

相手の攻撃によって除去される前にエクシーズ素材にする事が容易となります。

「エクシーズモンスターの召喚誘発効果を相手ターンに使いたい時」にも有効です。

星輝士 トライヴェールやDDD双暁王カリ・ユガを相手ターンにエクシーズ召喚すれば

相手の展開の大きな妨害となるでしょう。

それ以外でもセイクリッド・プレアデスのようにフリーチェーンで発動できる効果を

相手ターンにエクシーズ召喚するのも奇襲として効果的です。

 

 

サクリファイス・エスケープとしても利用が可能です。

エクシーズ素材を出した時に奈落の落とし穴などを使われた場合に

このカードですぐさまエクシーズ召喚する事で除外を防ぐ事ができるでしょう。

特にペンデュラム召喚からエクシーズ召喚を狙う場合にはお世話になります。

 

 

 

このカードを使う上で重要な裁定変更が12月24日にありました。

その裁定変更がこちらになります。

 

Question
「銀河暴竜」の『この効果で特殊召喚に成功した時、
自分フィールド上の「ギャラクシー」と名のついたモンスターのみを素材として、
「ギャラクシー」と名のついたエクシーズモンスター1体をエクシーズ召喚できる』効果を発動しました。

その「銀河暴竜」の効果を適用し、
エクシーズ召喚を行う際に、
自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「No.62 銀河眼の光子竜皇」をエクシーズ素材として、
『このカードは自分フィールドの「ギャラクシーアイズ」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる』方法によって、
「No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン」をエクシーズ召喚する事はできますか?

 

Answer
「銀河暴竜」の『自分フィールド上の「ギャラクシー」と名のついたモンスターのみを素材として、
「ギャラクシー」と名のついたエクシーズモンスター1体をエクシーズ召喚できる』
効果は対象を取る効果ではありません。

また、そのエクシーズ素材として使用される「ギャラクシー」と名のついたモンスターは、
レベルや種族・属性などがそのエクシーズ召喚する
「ギャラクシー」と名のついたエクシーズモンスターを
正規の手順でエクシーズ召喚する際に必要な素材として適切なモンスターでなければなりません。

質問の状況の場合であれば、
自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する、
「No.62 銀河眼の光子竜皇」に重ねて
「No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン」をエクシーズ召喚する事はできます。

 

 

ギャラクシー・ティラノの裁定変更です。このカードはワンダー・エクシーズと同じく

フィールドのカードを使ってエクシーズ召喚を行う効果を持っていましたが

今まで「エクシーズモンスターの上に重ねる」タイプのエクシーズ召喚は出来ませんでした、

しかし12月24日にこれが可能であるという裁定に変わりました。

この裁定をワンダー・エクシーズにも適用するならば

ワンダー・エクシーズの効果でエクシーズモンスターの上に重ねる事も可能という事になります。

これが可能になる事によって特に大きな意味合いが出てくるのが外神アザトートです。

アザトートはエクシーズ召喚に成功したターン、相手のモンスター効果の発動を封じる事が出来、

ワンダー・エクシーズの効果で相手のターンにアザトートをエクシーズ召喚する事が出来れば

強力な妨害を仕掛ける事が可能です。

またギャラクシーアイズのエクシーズモンスターからワンダー・エクシーズを使って

ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴンやギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン

に繋げる事で4000以上の攻撃力による連続攻撃も可能になります。

 

 

シンプルな効果ながら様々な活用法が存在する面白いカードです。

特に外神アザトートはこのカードによってかなり利用価値が高まったのではないでしょうか?

 

プリンセス・コロン

関連記事

遊戯王カード考察:死魂融合(ネクロ・フュージョン) 万能墓地融合、専用融合なかったデッキなどに

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:光霊神フォスオラージュ 光属性と言えばライトロードがあるけれど・・・

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:BF(ブラックフェザー)-朧影(おぼろかげ)のゴウフウ

とっても使いやすいレベル5チューナーモンスター!   今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

遊戯王カード考察:オルフェゴール・トロイメア イヴぅ?誰それぇ?私リース!

SAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)の収録カードが判明したみたいですね。 今回紹

記事を読む

遊戯王アークファイブ第87話『野獣の記憶』感想

遊戯王ARC-V87話の感想です。今年最後の遊戯王アークファイブですね。 突如ナイターで始まる

記事を読む

遊戯王カード考察:大胆無敵 ここにきてまさかのキュアバーン強化です

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:音響戦士(サウンドウォリアー)マイクス

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバネット・リグレッション どうせ狙う相手ターンに

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018)よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,978,511 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑