遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。

 

 

 

RR-アルティメット・ファルコン
エクシーズ・効果モンスター
ランク10/闇属性/鳥獣族/攻3500/守2000
鳥獣族レベル10モンスター×3
①:このカードは他のカードの効果を受けない。
②:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、相手フィールドのモンスターの攻撃力は1000ダウンし、
相手はカードの効果を発動できない。
③:このカードが「RR」モンスターをX素材としている場合、以下の効果を得る。
●お互いのエンドフェイズ毎に発動できる。
相手フィールドのモンスターの攻撃力は1000ダウンする。
相手フィールドに表側表示モンスターが存在しない場合、相手に1000ダメージを与える。

 

 

 

究極至高のハヤブサよ!
数多なる朋友の意思を継ぎ、勝利の天空へ飛び立て!
ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!
現れろランク10!RR-アルティメット・ファルコン!

 

 

新しく登場したランク10のレイドラプターズエクシーズです。

アークファイブにおいて黒咲隼がクロウ・ホーガン戦で使用したカードであり、

RUM-スキップ・フォース2連打によりレヴォリューション・ファルコンから

サテライト・キャノン・ファルコンに繋げてさらにこのアルティメット・ファルコンに

一気にランクアップさせました。

アルティメット・ファルコン

白を貴重としていたサテライト・キャノン・ファルコンに対し、

こちらは群青色のボディに黄金に輝く翼というかなり神々しい形状をしております。

なおこのカードの登場によりサテライトキャノンファルコンが誇っていた

「鳥獣族で最大の攻撃力」という地位はあっさりと奪われる事になりました。

短い天下でしたね・・・サテライトキャノンファルコン・・・。

というわけで現在の鳥獣族最高攻撃力はこのアルティメットファルコンになります。

 

 

ランク10のエクシーズであり素材にはレベル10の鳥獣族3体を要求します。

実際に素材を揃えてエクシーズ召喚を狙うのは困難を極めるでしょう。

一応BF-極光のアウロラあたりにギャラクシー・クィーンズ・ライトを使えば

出来ない事も無いですがランクアップマジックによるエクシーズ召喚が基本になるでしょう。

サテライト・キャノン・ファルコンを素材にソウル・シェイブ・フォースを使う、

もしくはブレイズ・ファルコンにデス・ダブル・フォースを使うのが出しやすいです。

 

 

①の効果は他のカードの効果を一切受けないという完・全・耐・性です。

アニメでも同様の耐性を持っていましたがOCG化の際にも完全再現される事となりました。

まさにアルティメットの名に相応しい耐性です。

3500という攻撃力を思う存分に発揮する事が出来るでしょう。

 

 

②の効果はオーバーレイユニットを1つ消費する事で

そのターンの間相手モンスター全ての攻撃力を1000下げ、さらにカードの発動を封じます。

これにより3500という攻撃力と合わせて4500打点まで戦闘破壊する事が可能となり、

さらにコンバット・トリックで攻撃力を上げて返り討ちにするという行動も封じられます。

この効果の発動に対してフリーチェーンの効果を使わせれてしまう可能性はありますが

アルティメットファルコンは完全耐性を持っている為、相手に出来る選択肢は多くないでしょう。

相手モンスター全ての攻撃力を下げた上でカードの発動を封じる為、

他のモンスターを展開する際や一斉攻撃する際にも強力なサポートとなります。

 

 

③の効果はレイドラプターズをエクシーズ素材にしている状態の時、

お互いのエンドフェイズ時に発動し、相手フィールドにモンスターがいれば

相手の全モンスターの攻撃力を1000下げる効果が発動し、

モンスターがいなければ1000ダメージを与えるという効果です。

②の効果と違ってこちらは永続的に攻撃力を下げる事が可能です。

お互いのエンドフェイズごとに発動する事も特徴であり、

特にバーンダメージは中々馬鹿にならないものとなるでしょう。

ただしソウル・シェイブ・フォースやデス・ダブル・フォースで

アルティメットファルコンをエクシーズ召喚する場合、

基本オーバーレイユニットは1つしか存在しない状態となる為

その場合②の効果とはどちらか1つしか発動できない事になります。

どちらの効果も優秀であり状況に合わせてどちらを発動するか判断しましょう。

エクシーズ召喚したサテライトキャノンファルコンからスキップ・フォースで出すなら

複数のオーバーレイユニットを確保できる為遺憾なく両方の効果を発揮可能です。

 

 

レイドラプターズである為、RR-インペイル・レイニアスの効果等で蘇生が可能です。

その場合②や③の効果は使えませんがそれでも完全耐性持ちの3500打点を誇り

アタッカーとして十分すぎる活躍が期待できるでしょう。

ホープ・ザ・ライトニングは天敵の1体ですがあちらの効果の発動にも限りがあり、

また3枚積みしているデッキもあまり存在しない為、

いっその事蘇生カードを使って倒されても倒されても何度でも立ち上がり、

相手がライトニングを切らすまでGORIOSIするのも1つの突破方です。

 

 

まさに切り札らしい切り札と言えるカードです。

かなり原作に近い形でOCG化されたモンスターの1体です。

特に完全耐性がしっかりOCG化されるケースは相当に珍しいといえます。

ただこの完全耐性は自分のカードも一切受け付けない為、

RR-レディネスなどの効果によって戦闘破壊を防げない点には注意が必要です。

 

 

とうとうレイドラプターズのエクシーズもランク10までやってきました。

このままの勢いでランク12のレイドラプターズが出てくるかは気になる所ですね。

ただアルティメットファルコンは完全耐性によってRUMも受け付けない為、

実際にランク12が出るとすればまた別の方法で出る事になりそうです。

しかしもしこれより上のランクが出るとすればどんな名前になるんでしょうね。

ハートランドファルコンとかかっとビングファルコンとかでしょうか?

関連記事

捕食植物(プレデター・プランツ)コーディセップス:遊戯王カード考察

制約は重い、だがしかし・・・   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第10話『衝撃!サイバース消失』感想

遊戯王ヴレインズ第10話の感想です。 ストームアクセスによってトポロジック・ボマー・ドラゴンを

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜皇(しんりゅうおう)リトスアジムD(ディザスター)

新たなるエクストラデッキメタ降臨   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア

これで捕食植物も融合デッキだ!   2016年の11月12日に新しいブースター

記事を読む

LL(リリカル・ルスキニア)-インディペンデント・ナイチンゲール:遊戯王カード考察

ちょっと再現しちゃダメな部分再現してます   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第22話『漆黒に染まる日輪』感想

遊戯王ヴレインズ22話の感想です。 物語はさらなる展開を迎えハノイの騎士も再び活動を開始します

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

7月9日に新パック「インベイジョン・オブ・ヴェノム」が発売されます! 今回紹介するのはそのイン

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:BF(ブラックフェザー)-朧影(おぼろかげ)のゴウフウ

とっても使いやすいレベル5チューナーモンスター!   今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A-アサルト・コア、B-バスター・ドレイク、 C-クラッシュ・ワイバーン

公式はユニオンを見捨てていなかった!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,876,128 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑