遊戯王OCG、2016年1月の制限改定判明!コナミさん最近サボってません?

公開日: : 最終更新日:2016/01/09 遊戯王, 遊戯王OCG ,

2016年1月のリミットレギュレーションが判明しました。

10月の時点ではEMEmにノータッチだった公式ですが、

果たして今回はどのような結果になるでしょうか。

 

 

規制強化されたカード

・禁止

Emヒグルミ
Emダメージ・ジャグラー
No.16 色の支配者ショック・ルーラー

 

 

規制緩和されたカード

無し!

 

 

 

 

 

 

 

アマンダ1

コナミさんちょっと変更少なくないですかね?

変更点禁止カード3つだけって!?もっとこう!なんかこう!ね?

とはいえ禁止カード3つはどれもEMEmで猛威を振るっていたカードであり、

最低限EMEmだけでもなんとか対策しようと動いた点は伝わってきます。

逆に言えばEMEmが大暴れしすぎていたせいで

他のどのカードを調整するべきか判断できなかった可能性もあります。

とりあえず今回禁止カードになった3枚のカードについて考察してみましょう。

 

 

Emヒグルミ(無制限→禁止)

まあこれは妥当な処置だと思います。

EMEmが環境を支配していた一番の原因といってもよく、

制限にしただけでは止まらないと判断した上での禁止化だったのでしょう。

登場から発売まで166日で禁止化という速さであり、

これは169日で禁止になった子征竜2匹を抜く最速禁止記録更新です。

それだけ公式はこのカードの存在を重く見たという事でもあるのでしょう。

 

 

Emダメージ・ジャグラー(無制限→禁止)

ヒグルミだけでなくダメージ・ジャグラーも禁止になってしまいました。

このカードもまたEmの動きの中核をなしていたカードであり

ヒグルミだけを禁止にしたのではまだ不足と公式が考えたのかもしれません。

 

 

No.16 色の支配者ショック・ルーラー(無制限→禁止)

強力な制圧力を誇っていたランク4×3の中でも特に強力なエクシーズモンスターです。

EMEmをはじめとする様々なランク4主体のデッキで猛威をふるっていました。

海外では既に禁止カードになっていたカードであり、

日本での禁止カード化はようやくと思った人もいるのではないでしょうか。

それにしてもランク4×3のエクシーズモンスターの中では初期の初期のカードなのに

それでもなおランク4×3の中ではトップクラスの性能を維持し続けていましたね。

インフレ化の激しいランク4×2に比べると不動の王者って感じがします。

 

 

 

 

before

遊矢4デニス7

 

after

遊矢4デニス9

 

 

 

こんな感じの結果になりましたね

EMEmにテコ入れがされた結果、エンタメイジは大きな打撃を受けましたが

一方でエンタメイトは特に何も規制されておらず被害を免れています。

まあこれはEMEmでも中核をなしていたのがヒグルミだった関係の他に

エンタメイト単体での活躍はあまり聞かなかった関係もあるのかもしれません。

今後エンタメイトがどのような活躍を見せるのか注目ですね。

 

 

またなんとなく予想はしていましたが発売してまあり日付が経過していない関係か、

EMEmの次に活躍をしていた彼岸や帝も一切の規制を免れています。

EMEmが大きく弱体化した今回のリミットレギュレーションにより

彼岸と帝はより活躍の幅を広げるものだと予想されます。

この2つのデッキにどう対処するかは今後の課題となってきそうです。

制限改定の影響を受けたカードの数自体は少ないですが、

環境は確かな変化を見せるものと思われます。

 

 

2016年1月-2

関連記事

デュアル・アセンブルム:遊戯王カード考察 対象に取らない除外効果!攻撃力低下はバックドアでフォローしよう

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

スローライフ:遊戯王カード考察  通常召喚一切活用しないデッキって結構少ないんですよ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖戦士カオス・ソルジャー

待ちに待った大逆転裁判を入手できてちょっと興奮が抑えきれないユリポエです。 でも頑張ってブログ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王魂調和(おうごんちょうわ)

発動さえ出来れば非常に優秀!     今回紹介するのはPREM

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ABC-ドラゴン・バスター

手札消費一切無しで特殊召喚が可能!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリストロン・インパクト、クリストロン・エントリー、クリスタルP(ポテンシャル)

全部強いです。   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-ローズマリー

フリーチェーンの回復効果と組み合わせよう   今回紹介するのはインベイジョン・

記事を読む

遊戯王OCG:2016年10月の制限改定を個人的に予想してみる

8月ももうすぐ終わりです。 次のリミットレギュレーションまであと1ヶ月とちょいになりましたね。

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:ダイナミスト

ブレイカーズ・オブ・シャドウにも様々な新テーマが登場しています。 そのうちの1つがこのゾイドや

記事を読む

遊戯王アークファイブ第53話『笑顔のデュエル「スマイル・ワールド」』感想

遊戯王ARC-V53話です。 アークファイブのテーマともいえるサブタイトルをしています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,473,435 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑