遊戯王OCG、2016年1月の制限改定判明!コナミさん最近サボってません?

公開日: : 最終更新日:2016/01/09 遊戯王, 遊戯王OCG ,

2016年1月のリミットレギュレーションが判明しました。

10月の時点ではEMEmにノータッチだった公式ですが、

果たして今回はどのような結果になるでしょうか。

 

 

規制強化されたカード

・禁止

Emヒグルミ
Emダメージ・ジャグラー
No.16 色の支配者ショック・ルーラー

 

 

規制緩和されたカード

無し!

 

 

 

 

 

 

 

アマンダ1

コナミさんちょっと変更少なくないですかね?

変更点禁止カード3つだけって!?もっとこう!なんかこう!ね?

とはいえ禁止カード3つはどれもEMEmで猛威を振るっていたカードであり、

最低限EMEmだけでもなんとか対策しようと動いた点は伝わってきます。

逆に言えばEMEmが大暴れしすぎていたせいで

他のどのカードを調整するべきか判断できなかった可能性もあります。

とりあえず今回禁止カードになった3枚のカードについて考察してみましょう。

 

 

Emヒグルミ(無制限→禁止)

まあこれは妥当な処置だと思います。

EMEmが環境を支配していた一番の原因といってもよく、

制限にしただけでは止まらないと判断した上での禁止化だったのでしょう。

登場から発売まで166日で禁止化という速さであり、

これは169日で禁止になった子征竜2匹を抜く最速禁止記録更新です。

それだけ公式はこのカードの存在を重く見たという事でもあるのでしょう。

 

 

Emダメージ・ジャグラー(無制限→禁止)

ヒグルミだけでなくダメージ・ジャグラーも禁止になってしまいました。

このカードもまたEmの動きの中核をなしていたカードであり

ヒグルミだけを禁止にしたのではまだ不足と公式が考えたのかもしれません。

 

 

No.16 色の支配者ショック・ルーラー(無制限→禁止)

強力な制圧力を誇っていたランク4×3の中でも特に強力なエクシーズモンスターです。

EMEmをはじめとする様々なランク4主体のデッキで猛威をふるっていました。

海外では既に禁止カードになっていたカードであり、

日本での禁止カード化はようやくと思った人もいるのではないでしょうか。

それにしてもランク4×3のエクシーズモンスターの中では初期の初期のカードなのに

それでもなおランク4×3の中ではトップクラスの性能を維持し続けていましたね。

インフレ化の激しいランク4×2に比べると不動の王者って感じがします。

 

 

 

 

before

遊矢4デニス7

 

after

遊矢4デニス9

 

 

 

こんな感じの結果になりましたね

EMEmにテコ入れがされた結果、エンタメイジは大きな打撃を受けましたが

一方でエンタメイトは特に何も規制されておらず被害を免れています。

まあこれはEMEmでも中核をなしていたのがヒグルミだった関係の他に

エンタメイト単体での活躍はあまり聞かなかった関係もあるのかもしれません。

今後エンタメイトがどのような活躍を見せるのか注目ですね。

 

 

またなんとなく予想はしていましたが発売してまあり日付が経過していない関係か、

EMEmの次に活躍をしていた彼岸や帝も一切の規制を免れています。

EMEmが大きく弱体化した今回のリミットレギュレーションにより

彼岸と帝はより活躍の幅を広げるものだと予想されます。

この2つのデッキにどう対処するかは今後の課題となってきそうです。

制限改定の影響を受けたカードの数自体は少ないですが、

環境は確かな変化を見せるものと思われます。

 

 

2016年1月-2

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ツインツイスター

最近メタルギアオンライン3にはまっております。 重装メインでやってますがやっぱり茨の道っぽいで

記事を読む

Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The tripping MERCURY(ザ・トリッピング・マーキュリー)

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:覇王烈竜(はおうれつりゅう)オッドアイズ・レイジング・ドラゴン

エクシーズ・ペンデュラムモンスター、2体目   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ009(ゼロゼロナイン)

脳筋の彼方へ・・・・・・     シャイニング・ビクトリーズの

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリストロン・インパクト、クリストロン・エントリー、クリスタルP(ポテンシャル)

全部強いです。   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカー

記事を読む

コード・トーカー:遊戯王カード考察

9月9日から各種店舗においてカードが貰える リンクモンスターGETキャンペーンが開催されます。

記事を読む

GUYダンス:遊戯王カード考察 とりあえず複数同時展開の妨害にはなるかな

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINSのメインキャラクターである

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:甲虫装機(インゼクター) ピコファレーナ 超進化の繭が使いやすくなりました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:ジェムナイト・ファントムルーツ ジェムナイトの持ち味である連続融合のサポートに

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:魔導原典(まどうげんてん) クロウリー

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

→もっと見る

    • 4,803,191 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑