遊戯王OCGカード考察:左腕の代償

最近ずっとモンスターハンターXやっております。

ニャンターがすごく楽しいです。

ブーメランが強いので新しいガンナー職が追加されたような気分です。

 

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。

 

 

 

左腕の代償
通常魔法
このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
①:このカード以外の自分の手札が2枚以上の場合、
その手札を全て除外して発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

 

 

 

何がなんでも手札に欲しい魔法カードがある時に

 

原作遊戯王において闇マリクが闇遊戯戦で使用したカードであり、

その効果でラーの翼神竜を扱う要である死者蘇生を手札に加えました。

闇マリクは1枚の死者蘇生をひたすら再利用する戦術を取っており、

もしかしたらあちらの世界でも死者蘇生は制限カードなのかもしれません。

イラストでは宝箱に手を出す男とその後ろで曲刀を構える男が描かれています。

カード名から判断するにこの宝を手にする代償として左腕を切り落とすのでしょう。

闇マリクらしい猟奇的なカードだと言えます。多分切り落とすの自分の腕ですが。

 

 

その効果はこのカード以外の手札が2枚以上の時に発動でき、

手札を全て除外する事でデッキから魔法カード1枚を手札に加えるというものです。

さらにこのカードを発動するターンは魔法罠カードをセットできない制約があり、

あらかじめ魔法罠カードを伏せてコストを減らすという手段もとりにくいです。

 

 

単純に使えば1:3交換のディスアドバンテージであり、

さらには魔法罠をセットできなくなる制約効果も発生する非常に重いカードですが

デッキから好きな魔法カードをサーチし、なおかつサーチしたターンに使える魔法カードは

このカード以外では黒衣の大賢者ぐらいしかありません。

少なくとも黒衣の大賢者に比べればずっと使いやすいカードだと言えるでしょう。

なおサーチした魔法カードをすぐに使用できなくてもいいのならば

他にデッキから魔法カードをサーチする手段としては封印の黄金櫃が存在します。

こちらはまさに代償を払ってでも速攻を仕掛けたい場合に採用する事になるでしょう。

なおかつカードのセットが封じられ基本的にサーチしたカード1枚だけ発動する事になる為、

「それ1枚だけで状況を打破できるカード」をサーチする必要性が求められるでしょう。

 

 

このカードでサーチする候補としてはとしてはまず名推理やモンスターゲートが思い浮かびます。

インフェルノイドは墓地のカードの数がアドバンテージに直結する為、

このカードでモンスターゲートや名推理をサーチして発動する事が出来れば、

その墓地肥やし効果でこのカードの損失分を容易に取り返す事も可能です。

 

【ラヴァル】などのデッキであれば真炎の爆発も有力なサーチ候補に入ります。

墓地が十分に肥えている上体ならば真炎の爆発による展開力は

このカードの代償を補って余りあるものとなるでしょう。

 

ソウル・チャージも強力です。

このカードの制約に加えさらにバトルフェイズを行えない制約も発生しますが

それでもモンスターの大量蘇生が出来ればいくらでもやりようはあるでしょう。

制限カードである為特にこのカードでサーチする意義はあるでしょう。

 

【RR】ではRUM-ソウル・シェイブ・フォースも切り札になりえます。

サテライト・キャノン・ファルコン等を有効に活躍さられる状況を見つけたら

その隙をついてサーチするといいでしょう。

 

 

 

ある意味では一点買いの魔法カード版ともいえる効果を持っています。

しかしあちらとコストが1枚少ないのとモンスターカードも除外できるのが利点です。

異次元の偵察機やネクロフェイス、霊獣や不知火など

除外する事にメリットがあるモンスターをコストとして除外する事も可能です。

これらのカードを扱うデッキで採用してみるのもいいでしょう。

 

 

マリク3

関連記事

異次元の探究者:遊戯王カード考察 帰還タイミングがポイント

モリンフェンスリーブ化されるみたいですね。まあ接戦でしたしね。 この調子でズァークもスリーブ化

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エルフの聖剣士

今年からローソンのloppyによる劇場版遊戯王による前売券の受付が開始されました。 この前売券

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-ターリア

妖精伝姫シリーズ化決定   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

遊戯王カード考察:ファーニマル・オクト

墓地アドバンテージと手札アドバンテージを両方キープ   今回紹介するのはフュー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光波分光(サイファー・スペクトラム)

消すと増えます   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第84話『運命のダイスロール』感想

遊戯王ARC-V84話の感想です。 2回戦最終試合ユーゴVSセレナ。 はたしてどのような

記事を読む

白闘気白鯨(ホワイト・オーラ・ホエール)遊戯王カード考察  貴重なレベル8水シンクロ、除去要員としてもアタッカーとしても優秀

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第140話『魂のペンデュラム』感想

遊戯王ARC-V140話の感想です。 沢渡とクロウも倒され零王も倒され 沢渡からペンダン

記事を読む

遊戯王OCG:デッキ枚数を減らす事、増やす事それぞれの意義について

「デッキ枚数はどれくらいがいいのか?」 遊戯王においてたびたび検証される永遠の議題ですね。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第92話『悲運の再会』感想

遊戯王ARC-V92話の感想です。 もうタイトルからして不穏な気配しかしませんね。 つい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ブースター・ドラゴン とりあえずヴァレットの効果発動したい時に

VRAINS主要4キャラのテーマである サイバース族、トリックス

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

→もっと見る

    • 4,879,154 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑