遊戯王アークファイブ第84話『運命のダイスロール』感想

遊戯王ARC-V84話の感想です。

2回戦最終試合ユーゴVSセレナ。

はたしてどのようなデュエルになるでしょうか。

 

 

湧き上がるセレナコール

独房の遊矢はただ柚子の無事を祈り続けていました。

柚子やみんなと共に故郷へ戻る、そんな願いをずっとしています。

そしていよいよはじまるユーゴVSセレナ。

セレナの入場により会場から湧き出るのは溢れんばかりのセレナコール。

トップスからもコモンズからも好かれる彼女は今やシティの希望の1つ、

またセレナも駒として色々企んでいるロジェ長官でした。

 

 

彼女はリンではない(何度も足蹴り)

そしてユーゴも入場と共に観客から声援を受けます。

第1試合で素晴らしいデュエルをした彼にもファンがいるようです。

しかしユーゴは観客の声には一切耳を傾けず、

リンと前回のデュエルで亡くなった柚子に絶対に勝つと誓いを立てます。

まあその柚子もうすっかり怪我とか治ってる感じなんですけどね。

そして対峙するセレナとユーゴ。

セレナは自分を無視するユーゴに怒り、バイザーを外し素顔を晒します。

「リーーーン!」

目の前に現れるリンと瓜二つの顔に対しいきなり抱きつこうとします。

それに対してセレナ、「寄るな」と言ってアッパーカットで撃退。

それでもユーゴはめげずにセレナに近づき再度アッパーカットで撃退されます。

以前月影の前で平気服を脱ごうとするぐらいに恥じらいの薄いセレナでしたが、

さすがに抱きつこうとするユーゴには本能で危機感を感じ取ったようです。

月影の時は彼が紳士だった為にそういうセンサーが反応しなかったのかしれません。

何度も抱きつこうとして蹴りで撃退されるという漫才模様にメリッサもあきれ果て

デュエルで決着を付けろと言われてしまいます。

その一方でロジェは何かを企んでいる様子。

どうやらデュエル中にセレナ優位になるように細工を仕掛ける様子です。

 

 

だからリンじゃないっつってんだろ

まもなくデュエルが開始されようとしていますがユーゴは全然準備できていません。

倒れたDホイールを必死で起こしています。

このバイクの引き起こし、免許の講習でも難関の1つらしいですね。

なんとか走り出す事に成功しましたが完全に出遅れてしまいます。

メリッサからも「やっぱり」とか言われています。

しかしセレナの姿から愛しのリンへの妄想を爆発させ、

その妄想パワーから一気に加速、ゼロヨンを制します。

・・・いやまあユーゴのDホイールは自家製ですし性能差あるのかもしれませんが。

というわけで先制はユーゴ、彼は新カードSR電々大公(でんでんだいこう)を召喚、

そのままターンエンドします。

伏せカードも無しに攻撃力1200を召喚して終わったユーゴに対して

セレナは「舐めているのか!」と激おこ。どうやら何かの戦術とかではなく

伏せカードが無いのはユーゴのうっかりのようです。

だとしてももう少しハッタリきかせてもいいと思います。

そんなうっかりユーゴにセレナは失望したようで思いっきりジト目です。

 

 

ノルマ達成(同時に2つ)

セレナのターン、まずは月光紫蝶を通常召喚。

そして融合を発動して手札の月光蒼猫と月光白兎を素材にし、

月光舞猫姫を融合召喚です。セレナのいつもの流れですね。

この時例によって「ユーゴーじゃねぇ!ユーゴだ!」とユーゴが怒ってますが

それ以上にセレナが激おこしてユーゴを黙らせます。

セレナが完全にツッコミ役になっています。

てかユーゴ、君この大会で散々融合カード見慣れてるでしょうに。

そして何かフトシ似の女性が痺れてます!

恐らく彼女はシンクロ次元にいるフトシの同一存在ですね、間違いありません。

月光舞猫姫の連続攻撃効果により大ダメージを受けながら電々大公を破壊されてしまいます。

回想の中で浮かれてしまって勝利を逃してしまう事を注意されているユーゴ。

リン似の女の子が目の前にいる為に浮かれきっていたユーゴでしたが、

どうやら目を覚ます事に成功したようです。

 

 

トマボー

先週に引き続きこんな感じの遊矢

ドアを必死に叩きますが残念ながらビクともしません。

独房に入れられ自分の無力をかみ締める遊矢、でもまだ諦めていないようです。

 

 

試合中の不正は悪党の基本

色々と吹っ切れたユーゴのターン。

ベイゴマックスと赤目のダイスを一気に展開して2体のモンスターでチューニング、

レベル4のHSR怪盗乱破ズールをシンクロ召喚します。パズルがモデルのHSRですね。

怪盗乱破ズールは攻撃力1300ですが特殊召喚したモンスターと戦闘を行う際、

1ターンに1度だけ攻撃力が倍の2600になる性質を持っています。

これによって月光舞猫姫を攻撃しますがここでロジェ長官が細工を発動、

突然コースが変更になりました。

セレナのDホイールにはあらかじめロジェがルートをインプットさせていますが、

それをしていないユーゴは咄嗟にコーナーを曲がりきれずに投げ出される危機に。

しかしユーゴは咄嗟に操作をマニュアルに変更、なんとかコーナーを曲がりきります。

ロジェ長官、ここに来て悪党のお約束と言える試合中の不正に走っています。

タキ議長はこのコース変更がロジェの仕業だと見抜いているようですね。

完全に不正だと思うのですが何事もなくデュエルは続行です。

これ下手すれば死人でると思うんですけどそれでいいのか。

コースが変更された先にアクションカードが存在しており、

セレナはアクション魔法「大脱出」でズールの攻撃を凌ぎます。

ユーゴは完全に不正を食らった形ですが「道っていうのは突然変わるものだ」と

この突然のルール変更には超前向きです。それでいいのか。

カードを2枚伏せてターンエンドです。

 

 

待ってくれる

セレナのターン、彼女は再び融合を発動、

フィールドの月光舞猫姫と手札の月光黒羊(ムーンライト・ブラック・シープ)を素材に

更なる融合モンスター月光舞豹姫を召喚します。

さらに月光黒羊の効果発動、融合素材となった場合に手札に戻ります。

この流れですとセレナはまだ更なる融合召喚を狙っていそうですね。

月光舞豹姫によりズールを攻撃、月光舞豹姫も月光舞猫姫と同じく連増攻撃が可能です。

ユーゴは最初こそズールの攻撃力をあげダメージを抑えますがこの効果は1ターンに1度、

2回目の攻撃に時には攻撃力は1300に戻りこのままではライフが0になります。

ユーゴは慌てて「待ってくれ!」と懇願します。

いやこの場面で待てと言われて待つような人は・・・あれ、なんか待ってるぞ

待ってもらったユーゴはDホイールを加速させアクションカードを取りにいきます。

セレナ、「しまった!」とか言ってますがそりゃ待ったらそうなるって。

しかしここでもロジェ長官の不正が発動、またもやコースが変更されます。

ユーゴはコーナーを曲がる事には成功しましたがアクションカードを取り損ねてしまいます。

これに対しユーゴは勝利の女神に見放されたと想い、諦めかけてしまいます。

そんな中ユーゴはリンとデュエルをしていた時の事を思い出します。

どうやら絶体絶命の状態の中必死に打開策を模索している最中のようです。

リンにはどれだけ考えても結果は変わらないと呆れられていますが、

同時に諦めない事こそがユーゴの強みだとも言っています。

それを思い出したユーゴは諦める事をやめ、何か決心をしたようです。

 

 

勝負は時の運

待ってくれてたセレナですがいよいよ2回目の攻撃をしかけます。

それに対してユーゴは罠カード「リサイコロ」を発動。

このカードはエクストラデッキからシンクロモンスター1体を選択、

その後墓地のダイスモンスターを蘇生させた上でダイスを振り、

ダイスモンスターのレベルを出た目の数値にした上でフィールドのモンスターを素材に、

このカードで選択したシンクロモンスターをシンクロ召喚します。

但しこの時シンクロ召喚できるレベルを揃えられなかった場合、

自分フィールドのモンスターが全て破壊されてしまうデメリットがあります。

ユーゴが選択したシンクロモンスターはレベル7のクリアウィング・シンクロ・ドラゴン

フィールドには赤目のダイスの他にはレベル4のズール1体のみ。

この状況でシンクロ条件を満たすにはダイスで3を振るしかありません。

確率6分の1、まさに一世一代の大バクチです。

そんな運を天に任せたデュエルにセレナは「そんなデュエルは遊びだ」と一括しますが。

ユーゴは「だからこそ楽しい」と反論、そうですデュエルとは遊びであるべきなんです。

そして始まる運命のダイスロール、出た数字は・・・3!

見事にギャンブルを成功させクリアウィングのシンクロ召喚を果たします。

そして同時に独房にいた遊矢にも異変が、気がつくとDホイールで走っており

頭上にはクリアウィング、横には共に走るセレナの姿が。

完全にユーゴに乗り移った遊矢、お楽しみはこれからだとハモります。

 

 

 

 

 

ユーゴのリン欠乏症が深刻です。

やっぱりユーゴは抱きつき癖があるみたいですね。

歴代遊戯王でも一番女性に対する好意に素直なキャラなんじゃないでしょうか。

それにしてもロジェ長官が思いっきり小物な行動に出てしまいました。

というかあのあからさまな不正、メリッサはもう少しツッコミ入れてもいいと思います。

そして残念ながら来週のアークファイブはおやすみです・・・。

 

次回予告『水晶の翼』

神聖なる光蓄えし翼煌かせ、その輝きで敵を討て!シンクロ召喚!

いでよ!クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン!

憑依した遊矢と共に放たれる召喚口上、

いよいよクリアウィングの進化形態が登場するようです。

 

超熱血!デュエル塾

司会は遊矢とセレナ、今回はセレナのデッキ「月光(ムーンライト)」の紹介です。

融合次元のセレナが扱うデッキですから当然融合をメインとするデッキであり、

相手に1回の戦闘破壊耐性を付与した上で2回攻撃をし、

戦闘によって大ダメージを与える事を狙いとしたテーマになっています。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:青き眼の賢士(けんし)、青き眼の護人(もりと)

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリストロン・インパクト、クリストロン・エントリー、クリスタルP(ポテンシャル)

全部強いです。   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DDD剋竜王(こくりゅうおう)ベオウルフ

今回紹介するのはペンデュラム・ドミネーションよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影剣(ファントム・ソード)、幻影翼(ファントム・ウィング)

もうすぐウィング・レイダーズも発売です。 フラゲ情報も出てきたみたいですね。 今回紹介す

記事を読む

魂喰い(たまぐい)オヴィラプター:遊戯王カード考察

サーチも墓地肥やしもどっちもできる!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン、カオス・フォーム

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこの

記事を読む

遊戯王アークファイブ雑記:ランサーズをセレナちゃん主役の乙女ゲー風に紹介

注意:今回は考察ではなく雑記です。しかもわりと頭悪い内容です。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:No.(ナンバーズ)93 希望皇ホープ・カイザー

今回はザ・ヴァリアブル・ブック18の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:苦渋の黙札(Painful Escape)

結構色んなデッキで使えるよ!   今回紹介するのはエクストラパック2016より

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:カイザー・ブラッド・ヴォルス

レベル5手札特殊召喚の新たな候補!   今回紹介するのはTHE DARK SI

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,205,909 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑