東方は男性向けよりは女性向け寄りの作品?

公開日: : 東方, 雑記、検証

東方projectの製作者、ZUNこと太田順也さんは少女漫画家である竹本泉氏のファンであり、

東方旧作にも竹本泉作品の影響が強く反映されています。特に東方夢時空で顕著であり、

ほとんど「エレン・ふわふわ頭・オーレウス」そのままといっていいエレンの他にも

数多くのキャラクターが竹本泉作品をモデルにしているといわれています。

弓美

「ゆみみみっくす」より、岡崎夢美のモデルの1人と言われる吉沢弓美、かわいい

 

 

 

とまあこんな風に東方って元々は少女マンガ風の作品だったわけですね。

そして今でもそのスタンスって実はあんまり変わっていないのでは?と思っています。

東方を好むユーザーというのは男性の方が多いと思いますが、

むしろ東方という作品自体はどちらかというと女性向けよりなのでは?と自分は考えています。

確かに女キャラばかりなのですがそれは少年漫画に男キャラが多いのと同じノリだって思ってるんですよね。

 

その根拠と言えるのがセックスアピールの無さ、言い換えるとお色気シーンの無さです。

多くの男性向けの女の子がたくさん出てくる作品というのはこう

 

だいなあいらん5

水着シーンだとか

 

だいなあいらん2

シャワーシーンだとか

 

だいなあいらん4

入浴シーンだとかその手の視聴者サービスを所々で見かけます。

※ちなみに画像は竹本泉作品の1つ「だいなあいらん」からです

 

しかし東方にこれらのお色気要素はこれでもかというほどありません。

いえ、実際には東方儚月抄に水着シーンがあるのですがそれも色気を演出するようなものではありませんでした。

露出というのも可能な限り控えられており、

敗北絵が存在するにも関わらずそこにもお色気要素らしきものはありません。

せいぜい紫の谷間が見えたりマミゾウが風呂に入ったり、それくらいです。

それで十分って人もいるでしょうが。

 

このあたりは東方という作品にそういったセックスアピールを極力持ち込まないという、

ZUNさんの強いこだわりというものがあると思われます。

逆に茨歌仙なんかだと華扇が動物をたくさん使役していますね。

可愛らしい動物が実に多く「女性層を狙っているのでは?」と邪推する事もできます。

霊夢も人間離れしているとよく言われますが、イケメンに弱かったり

逢引を見て顔を赤らめていたり等どこにでもいるような普通の女の子としての側面がちゃんとあります。

こういう普通の女の子としての要素も霊夢の魅力と言えるでしょう。

 

と、ここまで「東方にはセックスアピールがない」という事を主張してきましたが、

そんな中で例外ともいえるキャラクターが存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

勇儀

星熊勇儀です。

着物を肌蹴させ、北半球を思いっきり露出させた実にセクシーなその姿は

サービスカット以外の何者でもありません。

というか完全に遊女のそれです。

この姿はメッセオンサーの東方地霊殿の予約特典のものであり、

これだけならメッセオンサーの暴走という解釈もできるのですが、

東方心綺楼でもこの姿で登場しちゃいました。

心綺楼はZUNさんの監修が入っているわけでこの勇儀の格好にも、

ZUNさんからGOサインが出ているはずです。

人の大勢いる人里の往来、しかも真っ昼間にこの格好をしています。

思いっきり人前で肌を晒すのに慣れてますこの人。

それぐらいの事は気にしないという勇儀の豪快な性格が伝わってきます。

 

補足:一応ちゃんとした形で着物を着てる姿もあります。

さすがにここまではだけた状態で歩いたらポロリといっちゃうのでしょう。

勇儀さんの性格を考えると仮にそうなっても笑ってすましそうな感じもしますが。

 

 

そんなわけで遊女のイメージを強く意識させる星熊勇儀ですが、

実際の所幻想郷や旧都の時代背景を考えると遊郭というのは存在して当たり前のものなんですよね。

江戸時代、明治時代を舞台にした作品であれば遊郭の存在は必ずと言っていいぐらいに出てきます。

それぐらい当時では特に忌避されるものでもない一般的な存在だったわけですね。

おそらく幻想郷でも同じように一般的な存在なのではないでしょうか?

遊女風の勇儀の姿はセックスアピールを極力しない東方のスタンスにおいても、

そういった事実からは目を背けないというZUNさんのメッセージなのかもしれません。

関連記事

雑記:MHXXにおける弓エリアルスタイルについて追記(重射の補正や無敵時間、ジャンプ近接攻撃について)

前回エリアル弓についての記事を書いたのですが あれ以降もエリアル弓を使い続けてかなり使用頻度が

記事を読む

東方文果真報(とうほうぶんかしんぽう)発売、気になる新事実が色々判明。これは酷い偏向報道ですね※ネタバレ注意

3月30日に東方の書籍である東方文果真報が発売されました。 射命丸文が自ら発禁処分にした週刊誌

記事を読む

動画紹介:東方卓遊戯という名目のMUGEN卓

今度はTRPG、ソードワールド2.0から動画を紹介していきたいと思います。 一応このサイト、T

記事を読む

「東方天空璋~ Hidden Star in Four Seasons.」製品版発売、新キャラクター判明(ネタバレ注意)

8月11日、東方天空璋が発売されました。 自分は委託待ちの1人ですが早くプレイしたい所

記事を読む

雑記:MHWベータテスト版における弓を曲射を中心に色々触ってみました(他にも新要素の紹介など)

さて久しぶりに遊戯王とまったく関係ない話題です。 PS4版のモンスターハンター新作である「モン

記事を読む

東方紺珠伝web体験版が実装、さて今回目玉の完全無欠モードは?

7月31日、待ちに待った東方紺珠伝のweb体験版が配信されました。 今までずっと人聞きだったり

記事を読む

MUGENのタッグ戦で同時に必殺技を発動させやすくするAIの仕組み

自分の事を知ってる人がいるなら大体の人がMUGEN関係だと思うのですが、 全然MUGENに関す

記事を読む

東方Project第11回人気投票結果発表、興味深い順位変動があったキャラ

こちらで行われていた人気投票ですが結果が出た模様です。 まあ結果に関しては各自でごらんになった

記事を読む

東方鈴奈庵第38話『情報の覇者は萃か散か 前編』感想

東方鈴奈庵38話の感想です。 今回の表紙は花見に来ている小鈴達。 小鈴と阿求が一緒のシー

記事を読む

遊戯王OCG新ルール「リンク召喚」登場!新マスタールールにより今までのエクストラデッキにも多大な影響が発生!

今年の春に放送される遊戯王新アニメ「遊戯王ヴレインズ」 やはり皆さんが一番注目していたのは新し

記事を読む

Comment

  1. 天羽々斬 より:

    ティンクルスタープライツやその他のSTGもお色気少ないと思いますよ?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,164,717 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑