遊戯王アークファイブ第81話『それぞれの戦場』感想

遊戯王ARC-V81話の感想です。

期待していたであろう新旧闇属性鳥獣族対決。

はたして黒咲とクロウ、勝者はどちらに微笑むのか。

 

 

 

人間不信MAX

2人のデュエルが開始されますが黒咲は思いっきり敵意むき出しです。

デニスが裏切り者と判明して他にもアカデミアのスパイがいると考えており

もはや誰も信用できない状態です。

クロウもクロウでコモンズの復権の為に必死になっている状態です。

デュエル開始前から非常にピリピリした状態です。

一方でライディングデュエルのコースが変更になるようで

シティ全体を走るものから会場の周囲を走るタイプになったみたいです。

どうやらこのコース変更はロジェ長官の計らいであるようです。

これに対してメリッサは「誰かさんに壊された時予防」としていますが

ロジェ長官は「資金は用意できるが町の景観を損ないたくないから」だそうです。

やっぱり壊された時予防じゃないすか

 

 

続々登場する新規カード

ゼロヨンを制したのはクロウ、というわけで先行はクロウのターンです。

クロウは早速BF-蒼天のジェットとBF-突風のオロシを立て続けに召喚、

レベル2の新モンスター、ABF-雨隠れのサヨをシンクロ召喚します。

恐らく名前の元ネタは小夜左文字という刀ですね。

今更ですが弓のビーフォースに対してアサルトブラックフェザーは刀のようです。

そして通常のBFが風関係の肩書きに対してABFは雨関係の肩書きです。

さらにクロウは装備魔法「魁の旋刃」を発動、雨隠れのサヨに装備します。

その効果により黒咲に800のダメージを与えます。

しかしここで黒咲の反撃、効果ダメージを受けた事をトリガーとし

手札から新規カードであるRR-アベンジ・ヴァルチャーを特殊召喚します。

クロウはカードを1枚伏せターン終了です。

 

 

あの台詞、再び

黒咲のターン、またまた新カードであるRR-ペイン・レイニアスを特殊召喚。

ペインレイニアスはレベル1ですがフィールドのRRのレベルを参照し、

そのレベルになる事が可能です。

この時ペインレイニアスの効果の代償として参照にしたモンスターの

攻撃力か守備力、どちらかの数値分黒咲がダメージを受ける事になります。

そんなわけでアベンジヴァルチャーの守備力100分のダメージ。

ヘルメットコンコンしてるアベンジヴァルチャーが可愛いです。

そしてこの効果ダメージも黒咲の計算のうち、

効果ダメージを受けた事で2枚目のアベンジ・ヴァルチャーを特殊召喚です。

自らを傷つけながらもモンスターを展開する見事な戦術です。

いよいよもってセルゲイの事を言えなくなってまいりました。

さらに魔法カードRR-サンクチュアリを発動。

フィールドにレイドラプターズが3体以上いる時に発動できる強欲な壷です。

そしてバトルフェイズ、アベンジ・ヴァルチャー2体で雨隠れのサヨに攻撃です。

しかし雨隠れのサヨは2回まで破壊を防ぐ効果を持っており耐え切ります。

そこに畳み掛けるように速攻魔法「RR-ラピッド・エクシーズ」を発動。

バトルフェイズ中にエクシーズ召喚をし、さらに召喚した直後に

オーバーレイユニットを使用する効果を発動できるという代物です。

これによりRR-ライズ・ファルコンをエクシーズ召喚。

効果により攻撃力を上昇させた上で雨隠れのサヨを攻撃、撃破します。

クロウ「インチキ効果も大概にしろ!」

クロウのお約束の台詞が思わず炸裂します。

いきなりの怒涛の展開に実況のメリッサも大興奮の様子。

 

 

懐柔フェイズ

一方場面は変わってロジェの部屋。

セキュリティが捕獲に成功した遊矢をつれてきました。

この時遊矢はさっきまで着ていたライダースーツではなくいつもの格好をしています。

いつの間に着替えさせたんでしょう?

ロジェはセキュリティを遠ざけ遊矢と2人きりの状況を作ります。

明らかに懐柔する気マンマンです。

ロジェはまず次に戦う事になるかもしれないと今のデュエルを遊矢に見るように言います。

こうなりますと多分3回戦はこの試合の勝者と戦う可能性が高そうですね。

というより対戦カードはロジェが選べるのですからセルゲイはぶつけないでしょう。

 

 

まだまだ登場する新規カード

再び場面は2人のデュエルへ、クロウのターンです。

クロウはまたまた新カード、逆巻のトルネードを召喚。

その効果で墓地の突風のオロシを吊り上げてチューニング、

ABF-五月雨のソハヤをシンクロ召喚です。これも刀の名前ですね。

そしてさらに五月雨のソハヤで雨隠れのサヨを蘇生し2体でチューニング。

ABF-驟雨のライキリのシンクロ召喚へと繋げます。

普通にアクセルシンクロをしていますがそんな特別なものではないのでしょうか。

それとも相手ターンにシンクロをしてこそアクセルシンクロなのでしょうか。

まずは驟雨のライキリの効果でライズ・ファルコンを破壊しようとしますが

黒咲はアクションマジック「ミラー・バリア」をゲットしてこれを防ぎます。

効果による破壊を防がれたクロウは今度は戦闘で破壊を試みます。

しかし黒咲は今度は手札のRR-ブースター・ストリクスを発動。

オーバーレイユニットを消費する事で相手の攻撃を無効、

逆に驟雨のライキリを破壊しようとします。

しかしこれに対しクロウは永続罠「ブレード・シェード」を発動。

1ターンに1度破壊を防ぎさらに黒咲に500のダメージを与えます。

戦争ごっこならよそでやってくれと訴えるクロウに対し、

どこであろうと戦場だと主張する黒咲、これは和解出来そうにありません。

さらに黒咲はランサーズを仲間だと思った事は無いと発言。

ある程度仲間意識みたいなのが芽生えていると思っていましたが

まだまだ黒咲が抱える復讐心は強そうですね。

やはり黒咲の心の闇をどうするかも1つの課題となりそうです。

 

 

懐柔フェイズその2

再び場面はロジェ長官と遊矢に。

ロジェはお互いにいがみ合う黒咲とクロウを批判、

その上で遊矢の相手を思いやるデュエルを素晴らしいと絶賛します。

自分も遊矢のように平和な世界を実現したい、だから協力して欲しいと

非常にねっとりとしたいやらしい言葉で遊矢に懐柔を試みます。

今まで洗脳とかで味方に引き入れようとする悪役は何人もいましたが

ここまで正攻法で懐柔しようとしてくる悪役がかつていたでしょうか。

ああでもこの人もセキュリティ洗脳してましたね。

この人遊矢の心の隙を確実についてきます。

実際懐柔されないかどうか非常に心配ないやらしさです。

 

 

一方柚子たちは

柚子と子供たちは観戦に丁度いい場所に来ていたようです。

クロウに対して辛く当たる黒咲に子供たちはおもいっきりボロクソ言っています。

それに対して柚子は黒咲も故郷を奪われて辛いと擁護をしますが

そもそもコモンズは最初から何も持っていない、

それでも間違った事はするなとクロウに教えられたと子供たちは反論。

これにはさすがの柚子も言い返せなかったみたいです。

どうやらクロウは「自分たちの代でなんとかしてみせる」と子供に言っていたようです。

クロウが色々と切羽詰っている原因はそこにもあるのかもしれませんね。

 

 

懐柔フェイズその3

三度ロジェのターン。ロジェは自分も平和な世界を望んでいると主張します。

明らかに心にもない事を言っています。

いや自分の理想の世界を作ろうとしているのである意味嘘じゃないかもしれません。

とは言っても遊矢が考えているようなものではないのは間違いないでしょう。

遊矢は思わず素良の名前を口走ってしまいます。

勿論ロジェ長官は見逃しません、素良は友達だという遊矢に対し

アカデミアが信じるものはプロフェッサーでありいつか裏切るというロジェ。

さらにここでロジェ長官は自分がアカデミアにいたという事を明かします。

こういう時情報をちゃんと公開するのがロジェ長官というかなんとういか。

なんていうか嘘と真実を上手い具合に織り交ぜてるんですよね。

本当に有能ですねこの人、やる事がえげつないです。

 

一方デュエルでは黒咲がRUM-レイド・フォースを発動。

ブレイズ・ファルコンにランクアップさせ驟雨のライキリの効果破壊を狙います。

しかしブレード・シェードにより破壊を防ぎ黒咲に効果ダメージ。

黒咲はひるまずブレイズ・ファルコンでクロウにダイレクト・アタック。

ブレイズ・ファルコンのもう1つの効果で驟雨のライキリを破壊します。

ブレード・シェードは1回しか破壊を防げずこの効果破壊は通してしまいます。

 

 

 

 

黒咲とクロウのデュエルは次回に持ち越しのようですね。

1回戦、2回戦と続き回をまたぐデュエルを与えられる黒咲の優遇っぷり。

アークファイブで主人公のデュエルの比率が抑えられてる事を実感しますね。

こうやってより多くのキャラが活躍する方が自分好きですけどね。

 

次回予告『究極の隼VS黒羽の雷』

黒咲「墓地からシンクロ召喚だと!?」

墓地からランクアップさせる人が何か言ってますね。

どうやらこの墓地からのシンクロは「ファントム・シンクロ」と呼ぶそうです。

一方で何かを見つけたようで黒咲がデュエルの中止を訴えるようです。

もしかしたら素良の姿を見たのかもしれません。

 

 

超熱血!デュエル塾

今回も黒咲登場、最近出番多いなあんた!

今回は黒咲の使うランクアップマジックについての解説です。

今までに黒咲が使用したRUMは5枚。

遊馬ですらそんなに使ってないのによくもまあ5枚も使うもんです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者ニュートン

12月12日にストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-が発売されます。 赤馬零児を

記事を読む

遊戯王カード考察:クリフォート・ゲニウス 機械族全般で有用、スキルドレインのお供に

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディシジョンガイ

デュエル中に1度だけの決断を   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズより

記事を読む

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:覇王烈竜(はおうれつりゅう)オッドアイズ・レイジング・ドラゴン

エクシーズ・ペンデュラムモンスター、2体目   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黒の魔導陣(まどうじん)

ブラマジ出せれば1枚除外!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ドラコニアの翼竜騎兵(Sky Dragoons of Draconia)

意外と貴重な鳥獣族ペンデュラム   今回紹介するのはEXTRA PACK 20

記事を読む

遊戯王カード考察:アイアンドロー 機械族デッキの新たなドローソース

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴェンデット・キマイラ 儀式召喚してもいいし生贄にしてもいい

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第72話『曇りなき極致』感想

遊戯王ヴレインズ72話の感想です。   前回のあらすじ:ウィンディ使い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,953,319 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑