遊戯王OCGカード考察:天翔(てんしょう)の竜騎士ガイア

2015年12月19日にMILLENNIUM PACKが発売される事になりました。

今回はそんなMILLENNIUM PACKからこのカードの紹介です。

 

 

天翔の竜騎士ガイア
融合・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
「暗黒騎士ガイア」モンスター+ドラゴン族モンスター
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「竜騎士ガイア」として扱う。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「螺旋槍殺」1枚を選んで手札に加える。
③:このカードが相手モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その相手モンスターの表示形式を変更する。

 

 

元祖乗っただけ融合とも言える竜騎士ガイアのリメイクモンスターです。

真っ赤になったカース・オブ・ドラゴンと

黄金の鎧を身にまとった暗黒騎士ガイアが印象的なイラストです。

リメイク元になった竜騎士ガイアと属性や種族、ステータスは同じですが

融合素材の縛りが緩くなっているのが特徴で特にカースオブドラゴン側は

ドラゴン族モンスターであれば何でもOKになっています。

その代わり融合準備や融合徴兵などのカードを使えなくなっていますが

これは通常の竜騎士ガイアも一緒に採用する事で解決が可能です。

 

 

①はモンスターゾーンに存在する限りカード名を「竜騎士ガイア」として扱う効果です。

竜騎士ガイアというモンスター名に関係するカードは現状螺旋槍殺のみであり、

実質螺旋槍殺の対象にする為の効果だと言えるでしょう。

 

 

②は特殊召喚に成功した場合にデッキ、墓地から螺旋槍殺を手札に加える効果です。

墓地からも回収できる為1枚の螺旋槍殺を使いまわす事も出来ますが

螺旋槍殺は永続魔法でありフィールドに残るケースも多い為、

安定してこの効果を発動したい場合は螺旋槍殺を複数枚採用するといいでしょう。

 

 

③の効果はこのカードが相手モンスターに攻撃宣言した時に

その相手モンスターの表示形式を変更できるというものです。

これにより相手の守備力が2600未満であれば戦闘破壊が可能となります。

また守備表示の相手を攻撃表示にする事も出来る為、

守備力の方が高いモンスターと戦闘する際にも効果を発揮する事が可能となります。

相手からの攻撃の時には発動できない点には留意しましょう。

 

 

①、②、③全ての効果が螺旋槍殺の為に存在すると言えます。

①と②は勿論の事、③の効果も実質相手を守備表示にした上で

螺旋槍殺の効果で貫通ダメージを与えドローする事を前提とした効果だと思われます。

螺旋槍殺のドロー効果は間違いなく強力と言えるものであり

天翔の竜騎士ガイアの効果を使えばドロー効果を発動できる機会も大幅に増えるでしょう。

 

 

天翔の竜騎士ガイアを融合召喚する上で悩むのはやはり融合素材をどうするかでしょう。

【カオス・ソルジャー】であれば暗黒騎士ガイアの方は普通にデッキに採用できる事から

後はドラゴン族を容易すれば融合召喚が可能となります。

その場合は超戦士の儀式で暗黒騎士ガイアとレベルを合わせる事の出来る。

レベル1のドラゴン族を採用するといいでしょう。

また天翔の竜騎士ガイアはドラゴン族である為、竜の鏡にも対応しています。

儀式召喚で墓地に送ったモンスターを素材に融合召喚すれば無駄がないでしょう。

 

 

天翔十字鳳

関連記事

遊戯王アークファイブ第82話『究極の隼VS黒羽の雷』感想

遊戯王ARC-V82話の感想です。 まだまだ続く黒咲VSクロウの新旧闇属性鳥獣族対決。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者コペルニクス

今回紹介するのはペンデュラム・ドミネーションよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

捕食植物(プレデター・プランツ)バンクシアオーガ:遊戯王カード考察 捕食カウンターをのっけるのも利用するのもお手のもの!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

鎖龍蛇(さりゅうじゃ)-スカルデット:遊戯王カード考察 今度のリンク4は優秀な手札交換効果付き

エクストリーム・フォース、いよいよ明日発売です。 カードの情報も色々と判明したみたいですね。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フルメタルフォーゼ・アルカエスト

相手モンスターを溶かしまくれ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第144話『呪われし機械仮面(ギアマスク)』感想

遊戯王ARC-V144話の感想です。 黒咲とデュエルをする為にエクシーズ次元へと旅立った遊矢。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第132話『稀代のエンターテイナー』感想

遊戯王ARC-V132話の感想です。 検討むなしくユーリに打ち負かされてしまったユーゴ。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)モモンカーペット

史上初となるペンデュラムのリバースモンスター!   昨日のアークファイブは残念

記事を読む

ヴァレルロード・ドラゴン:遊戯王カード考察  チェーン封じにコントロール奪取とライバルエースの風格十分!

7月8日に第10期2つ目のパック「サーキット・ブレイク」が発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:修禅僧(しゅぜんそう) ゲンドウ

結構いやらしいです、こいつ   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,011 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑