遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)サン-5(ゴ)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

超重輝将サン-5
ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 300/守 500
【Pスケール:青8/赤8】
①:自分の墓地に魔法・罠カードが存在する場合、
このカードのPスケールは4になる。
②:1ターンに1度、自分の「超重武者」モンスターが
戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。
【モンスター効果】
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
「超重輝将サン-5」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、
自分フィールドの「超重武者」モンスターを2体までリリースして発動できる。
リリースした数だけ自分はデッキからドローする。

 

 

超重武者用のペンデュラムモンスターの1体です。

アークファイブで権現坂昇がクロウ・ホーガン戦で使用たカードであり

超重輝将ヒス-Eと共にペンデュラムスケールをセッティングし、

ペンデュラム召喚に繋げた後ペンデュラム効果でサポートを行っていました。

翡翠をモチーフにしているヒス-Eと同様こちらは宝石の珊瑚をモチーフとしています。

恐らくは超重輝将は宝石の日本名で統一する方針なのでしょう。

やはりこちらもルール上超重武者として扱う効果外テキストが付いています。

 

 

ヒス-Eとセットになっている超重武者用のペンデュラムモンスターですが

レベルはそれぞれヒス-Eが8とサン-5が1になっており

なおかつスケールが1と8になっている為、自身をペンデュラム召喚できません、

また2枚合わせた時のスケールは広いのですが超重武者のメインともいえる

超重武者ビッグベン-Kもペンデュラム召喚できないようになっています。

その為超重武者においても採用するかは少し考える必要があるでしょう。

 

 

超重輝将サン-5のペンデュラム効果は2つ存在します。

①は墓地に魔法、罠が存在する場合にスケールが4になるデメリット効果です。

②は1ターンに1度、超重武者が相手モンスター戦闘破壊した時に、

もう一度攻撃を可能にするというものです。

アニメではこのカードを破壊する必要がありましたがOCG化の際に自壊しなくなっています。

超重武者にはビッグベンーKなど3000を超える打点を持つモンスターが多く存在する為、

連続効果を付与する事でゲームエンドに持ち込む事も十分に可能でしょう。

 

 

モンスター効果は1ターンに1度、自分の墓地に魔法罠が無い場合に発動でき、

フィールドの超重武者モンスターを2体までリリースする事で

リリースした数だけデッキからドローできるというものです。

ドローソースの一種として活用できますが超重武者は特殊召喚に制約を持つものが多く、

召喚権や制約を考慮してこの効果でリリースするか考える必要があります。

モンスター限定である為ペンデュラムゾーンにセットされている超重輝将や

装備カード扱いになっている超重武者をリリースできない点にも注意しておきましょう。

ペンデュラム召喚が出来る状態であれば墓地に送りたい超重武者を

リリースする手段として活用できイワトオシの効果を能動的に発動させたりできます。

 

 

ヒス-Eと違い、こちらはペンデュラム効果、モンスター効果共に

墓地に魔法罠が無い事を条件とする効果が存在します。

この為基本的にフルモンスターを前提としたデッキで使う事になるでしょう。

逆に言えばフルモンスターであればスケール8のペンデュラムカードとして使用できます。

今でも汎用的に使えるスケール8のペンデュラムカードは貴重であり、

7レベルのペンデュラム召喚を狙う場合、フルモン構築にする価値が生まれます。

超重武者に関係する効果を多く持っていますがこのスケールを目当てに

超重武者がメインでないフルモン型のペンデュラムデッキに採用するのも1つの手です。

関連記事

遊戯王OCG、2017年1月の制限改定判明!正月になじみあるカードが正月に規制!エラッタされて禁止解除されたカードも多数!

2017年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 最近結構環境があれてましたが今回どの

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第24話『ダークマスクが背負う宿命』感想

遊戯王ヴレインズ24話の感想です。 ドクター・ゲノムの操る地獄螺旋鬼の猛攻に苦しめられるGo鬼

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:究極幻神(きゅうきょくげんしん)アルティミトル・ビシバールキン

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:アイアンドロー 機械族デッキの新たなドローソース

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The despair URANUS(ザ・ディスペア・ウラヌス)

普通にアタッカーとして優秀   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:素良や黒咲など「色」を表す人物について

久しぶりにアニメの考察でもしようかと思います。   遊戯王ARC-Vにおいて紫

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・オーバーロード

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の精霊龍(ブルーアイズ・スピリット・ドラゴン)

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第54話『シンクロ次元「シティ」』感想

遊戯王ARC-V54話です。 いよいよシンクロ次元の様子が見れますね。  

記事を読む

心眼の祭殿:遊戯王カード考察  戦闘ダメージを1000に固定、中々用途が広いです

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,413,013 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑