遊戯王OCGカード考察:超重輝将(ちょうじゅうきしょう)サン-5(ゴ)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

超重輝将サン-5
ペンデュラム・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 300/守 500
【Pスケール:青8/赤8】
①:自分の墓地に魔法・罠カードが存在する場合、
このカードのPスケールは4になる。
②:1ターンに1度、自分の「超重武者」モンスターが
戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターはもう1度だけ続けて攻撃できる。
【モンスター効果】
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
「超重輝将サン-5」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、
自分フィールドの「超重武者」モンスターを2体までリリースして発動できる。
リリースした数だけ自分はデッキからドローする。

 

 

超重武者用のペンデュラムモンスターの1体です。

アークファイブで権現坂昇がクロウ・ホーガン戦で使用たカードであり

超重輝将ヒス-Eと共にペンデュラムスケールをセッティングし、

ペンデュラム召喚に繋げた後ペンデュラム効果でサポートを行っていました。

翡翠をモチーフにしているヒス-Eと同様こちらは宝石の珊瑚をモチーフとしています。

恐らくは超重輝将は宝石の日本名で統一する方針なのでしょう。

やはりこちらもルール上超重武者として扱う効果外テキストが付いています。

 

 

ヒス-Eとセットになっている超重武者用のペンデュラムモンスターですが

レベルはそれぞれヒス-Eが8とサン-5が1になっており

なおかつスケールが1と8になっている為、自身をペンデュラム召喚できません、

また2枚合わせた時のスケールは広いのですが超重武者のメインともいえる

超重武者ビッグベン-Kもペンデュラム召喚できないようになっています。

その為超重武者においても採用するかは少し考える必要があるでしょう。

 

 

超重輝将サン-5のペンデュラム効果は2つ存在します。

①は墓地に魔法、罠が存在する場合にスケールが4になるデメリット効果です。

②は1ターンに1度、超重武者が相手モンスター戦闘破壊した時に、

もう一度攻撃を可能にするというものです。

アニメではこのカードを破壊する必要がありましたがOCG化の際に自壊しなくなっています。

超重武者にはビッグベンーKなど3000を超える打点を持つモンスターが多く存在する為、

連続効果を付与する事でゲームエンドに持ち込む事も十分に可能でしょう。

 

 

モンスター効果は1ターンに1度、自分の墓地に魔法罠が無い場合に発動でき、

フィールドの超重武者モンスターを2体までリリースする事で

リリースした数だけデッキからドローできるというものです。

ドローソースの一種として活用できますが超重武者は特殊召喚に制約を持つものが多く、

召喚権や制約を考慮してこの効果でリリースするか考える必要があります。

モンスター限定である為ペンデュラムゾーンにセットされている超重輝将や

装備カード扱いになっている超重武者をリリースできない点にも注意しておきましょう。

ペンデュラム召喚が出来る状態であれば墓地に送りたい超重武者を

リリースする手段として活用できイワトオシの効果を能動的に発動させたりできます。

 

 

ヒス-Eと違い、こちらはペンデュラム効果、モンスター効果共に

墓地に魔法罠が無い事を条件とする効果が存在します。

この為基本的にフルモンスターを前提としたデッキで使う事になるでしょう。

逆に言えばフルモンスターであればスケール8のペンデュラムカードとして使用できます。

今でも汎用的に使えるスケール8のペンデュラムカードは貴重であり、

7レベルのペンデュラム召喚を狙う場合、フルモン構築にする価値が生まれます。

超重武者に関係する効果を多く持っていますがこのスケールを目当てに

超重武者がメインでないフルモン型のペンデュラムデッキに採用するのも1つの手です。

関連記事

恐獣の鼓動と一緒に揃えておきたいカードは?新マスタールールでも十分戦えるぞ!

明日2月25日にストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-が発売されます。 収録されるカードは以下の

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:古神(こしん)ハストール

真皇帝降臨と一緒にEXTRA PACK 2015の発売も近づいてまいりました。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)シェイブー・メラン

今回紹介するのはハイスピードライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:強化支援メカ・ヘビーアーマー

ユニオン全般をサポートするぞ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬

記事を読む

遊戯王アークファイブ第138話『暗翼の竜』感想

遊戯王ARC-V138話の感想です。 黒咲、カイトがズァークに敗れ去り今度は権現坂とジャックが

記事を読む

遊戯王アークファイブ第145話『終わりなき反逆』感想

遊戯王ARC-V145話の感想です。 デニスとのエンタメデュエルを無事成功させた遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:儀式の下準備

今回はアークファイブのリツイート忘れなかったよ! 今更ですが劇場版遊戯王の前売り券がもう発売さ

記事を読む

遊戯王ヴレインズ第1話『俺の名はPlaymaker(プレイメーカー)』感想

5月10日、とうとうアニメ遊戯王第6作「遊戯王VRAINS」放送日です! VR(バーチャルリア

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

飢えた竜はより貪欲に   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズよりこ

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)コブ-C(シー):遊戯王カード考察  まさかの超重武者専用レベルスティーラー

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑