遊戯王OCGカード考察:ゴヨウ・ディフェンダー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

ゴヨウ・ディフェンダー
シンクロ・効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1000/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが
戦士族・地属性のSモンスターのみの場合に発動できる。
エクストラデッキから「ゴヨウ・ディフェンダー」1体を特殊召喚する。
②:このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージステップ終了時まで、
このカード以外の自分フィールドの戦士族・地属性のSモンスターの数×1000アップする。

 

 

 

君はこのカードをどう使う?

 

 

新たに登場したゴヨウシンクロモンスターです。

また同時に貴重な汎用レベル3シンクロモンスターでもあります。

アークファイブにおいて捕縛隊がランサーズ達に使用したカードであり、

それはもうワラワラと出てきてゴヨウ・キングの効果の補助として活躍しました。

アニメでは1体が効果で破壊された場合自分のモンスターが

全て自壊するデメリットが存在しましたがOCG化の際にそのデメリットが消え、

他にも様々な面で強化がされています。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが

戦士族、地属性のシンクロモンスターしかいない時、

エクストラデッキからゴヨウ・ディフェンダー1体を特殊召喚する効果です。

この効果で出したゴヨウ・ディフェンダーも同じ効果を使える事から

条件さえ整っていれば3体並べて展開する事が可能になります。

 

 

②の効果は攻撃対象に選択された時、ダメージステップ終了時まで

自分の場の地属性、戦士族シンクロモンスターの数×1000攻撃力を上げるものです。

①の効果でゴヨウ・ディフェンダーを3体展開していれば3000まで上昇します。

あくまで「攻撃対象に選択された時」限定であり自分からの攻撃では上昇しない為、

基本的には攻撃力3000の壁としての運用となるでしょう。

 

 

 

同名モンスターを3体並べる事の出来る効果を持つかなり特殊なシンクロモンスターです。

このカード使い道は豊富に存在します。

まずレベル3を3体並べる事が出来る事からランク3のエクシーズ召喚に役立ちます。

素材3体を要求するトライエッジ・リヴァイア等も比較的楽に場に出す事が可能です。

 

またアニメの様にゴヨウ・キングやゴヨウ・エンペラーの効果を発動、適用する為の

地属性、戦士族シンクロモンスターを揃える目的としても重宝します。

特にゴヨウ・エンペラーはこのカードを融合素材にする事が出来る上に、

展開したゴヨウ・ディフェンダーの数だけ②の効果を使う事が可能な為、

ゴヨウ・ディフェンダーの登場によりついに本領発揮が可能となるでしょう。

 

比較的緩い条件でシンクロモンスターを3体並べる事が出来る事から

アクセルシンクロに繋げる選択肢もあります。

この場合3体並べたゴヨウ・ディフェンダーの他にもう1体、

たつのこか波動竜フォノン・ドラゴンを展開する事が出来れば

シューティング・クェーサー・ドラゴンやスターダスト・シフルに繋げられます。

ディフェンダー1体をアクセル・シンクロンのシンクロ素材にして

アクセル・シンクロンを効果でレベル6にするのもいいでしょう。

 

 

どのような使い道にしても「エクストラデッキを相当に圧迫する」という点は

このカードを採用する上で一番頭を悩ませる部分になってくるでしょう。

それでも比較的緩い状態でシンクロモンスターを3体並べられる点は

他に類を見ない非常に優秀な効果です。

様々な悪用が考えられるカードであり実に面白い1枚だと思います。

 

ゴヨウ・ディフェンダー

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

黒白の波動

シンクロモンスターを素材にしたエクシーズモンスターがいる時に

フィールドのカードを除外しつつ1枚ドローできるカードです

ゴヨウ・ディフェンダーはエクシーズ素材にしやすい点から

容易にこの発動条件を満たす事が可能です。

 

 

貪欲な瓶

その効果の関係上ゴヨウ・ディフェンダーを3体並べられるのは

基本的に1回だけになってしまいます。

もしゴヨウ・ディフェンダーを並べる事を主軸にしたい場合、

エクストラデッキに戻す手段は確保しておくといいでしょう。

関連記事

遊戯王OCG,10月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションが出る10月も近づいてまいりました。 前回7月の制限改定はまさか

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜呼(りゅうこ)相打つ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ユニ、EM(エンタメイト)コン

墓地効果を上手く活用できるか?   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:鬼(おに)くじ

ゴブリン「スカってなんだよスカって・・・・・・」 今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2

記事を読む

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンクヴレインズパックの登場により環

記事を読む

遊戯王テーマ考察:LL(リリカル・ルスキニア)

DIMENSION BOX LIMITED EDITIONには アークファイブのデュエリストに

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜(えんまりゅう)レッド・デーモン・アビス

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・フォクシーウィッチ ちくちくじゃ済まないダメージ量

今回12月23日、LINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)の発売です。

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ

フィールドも墓地も全て除外してしまえ   今回紹介するのは12月19日に発売さ

記事を読む

遊戯王カード考察:月光彩雛(ムーンライト・カレイド・チック)

墓地に送ってもよし、除外してもよし   本日いよいよディメンション・ボックスが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,557,823 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑