遊戯王OCGカード考察:魔海城(まかいじょう)アイガイオン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

魔海城アイガイオン
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/水属性/機械族/攻   ?/守3000
レベル8モンスター×2
「魔海城アイガイオン」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
相手ターンでも発動できる。
①:相手のエクストラデッキから裏側表示のモンスターをランダムに1体除外する。
このカードの攻撃力は除外したモンスターの攻撃力と同じになる。
②:このカードのX素材を1つ取り除き、
除外されている相手の融合・S・Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエクストラデッキに戻し、そのモンスターと
同じ種類(融合・S・X)の相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 

 

新しい形のエクストラデッキメタ!

 

新しく登場したランク8の汎用エクシーズモンスターです。

アイガイオンというのは百の腕を持つ巨人ヘカトンケイルの1人、

ブリアレオスの別名であり「エーゲ海の男」という意味を持ちます。

その名の因んでか巨大な海上要塞といった風貌をしたモンスターです。

 

 

①の効果は1ターンに1度、相手のエクストラデッキから裏側表示のモンスターを

ランダムに1体除外し、その除外したモンスターと同じ攻撃力になるというものです。

大型のモンスターを除外する事が出来れば高い攻撃力を得ることが可能になりますが

不安定な部分も強い為、普段は守備表示にして3000という高い守備力を生かし、

運よく高い攻撃力のモンスターを除外できた時に攻撃に転じる形になるでしょう。

 

また相手のエクストラデッキを破壊する効果としての意味合いも大きいです。

除外できるモンスターはランダムな上に1ターンに1体しか除外できませんが

フリーチェーンで発動できる事が特徴で相手ターンにも除外が可能です。

この効果はエクシーズ素材を必要としない為に死者蘇生などで蘇生させても発動でき

繰り返し発動すれば馬鹿にならない除外数になるでしょう。

除外という形である為再利用が困難である事も大きな利点です。

エクストラデッキに依存しているデッキが相手の場合、

上手く相手の切り札を除外できればそれで勝負が決まるケースもあるでしょう。

 

 

②の効果はオーバーレイユニットを1つ消費する事で

除外されている相手の融合、シンクロ、エクシーズモンスター1を

エクストラデッキに戻し、戻したモンスターと同じ種類の

相手の融合、シンクロ、エクシーズモンスター1体を選らんで破壊するというものです。

こちらもフリーチェーンで発動できる事が大きな特徴であり、

相手がエクストラデッキのカードを1種類に統一しているのなら

フリーチェーンで発動できる対象に取らない除去効果として猛威を振るう事が出来ます。

一方で相手が複数の種類のカードをエクストラデッキに採用している場合、

この効果を発動できない場合も出てきます。

それでも自分と相手のターンで2回除外効果を発揮すれば

相手の出したモンスターと同じ種類のモンスターを除外できる可能性は高く、

この効果を発動できないケースは結構少ないと思われます。

ただ除外した相手のエクストラデッキのカードをまた元に戻す事になる為、

除外したカードを戻したくない場合は発動しない選択肢も必要になってきます。

 

 

攻撃力が?となっているモンスターですが①の効果で攻撃力を得るまでにタイムラグがあり

エクシーズ召喚した時には攻撃力0の状態でフィールドに出る事になります。

その為ランク8のエクシーズの中で現状唯一の奈落の落とし穴に引っかかりません。

いざという時には守備力3000の壁として活躍させる事も出来るでしょう。

上手くフィールドに維持できれば相手のエクストラデッキを根絶やしにする事も狙えます。

①の効果も②の効果もエクストラデッキのモンスターに対するメタとして

今までに無い性質を持っており汎用ランク8のエクシーズモンスターとして

新しい可能性を見出せる非常に面白いカードだと思います。

 

アイガイオン

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

轟雷帝ザボルグ

同じく相手のエクストラデッキを破壊する性質を持ったカードです。

レベル8のモンスターでありもう1体レベル8を用意できるなら

轟雷帝ザボルグの効果でデッキ破壊した後アイガイオンのエクシーズに繋げ

更なるデッキ破壊を狙っていく事も可能となります。

関連記事

星遺物(せいいぶつ)を巡る戦い:遊戯王カード考察  ほぼ亜空間物質転送装置の上位互換です

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王カード考察:超戦士の萌芽

墓地肥やししつつ儀式召喚!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ジャンク・チェンジャー

ランク3にシンクロギミックを混ぜたい時に!   今回紹介するのはPREMIUM

記事を読む

デュエリスト・アドベント:遊戯王カード考察

結構サーチできるカード多いです   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王アークファイブ第132話『稀代のエンターテイナー』感想

遊戯王ARC-V132話の感想です。 検討むなしくユーリに打ち負かされてしまったユーゴ。

記事を読む

遊戯王OCG、2016年4月の制限改定判明!がっつり変更がありました

とうとう2016年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回3つのカードが規制される

記事を読む

幻煌龍(げんおうりゅう):遊戯王テーマ考察

通常モンスターである幻煌龍(げんおうりゅう) スパイラルを主軸にする新しいテーマ、 それがマキ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第141話『ジュニアユース選手権』感想

遊戯王ARC-V141話の感想です。 見事ズァークに打ち勝った零羅。 しかしズァークを封

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-リハン:遊戯王カード考察  融合の六武衆が登場、影忍術で使いまわそう

8月11日にデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズが発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,876,128 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑