遊戯王OCGカード考察:マジェスペクター・スーパーセル

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

マジェスペクター・スーパーセル
永続罠
①:自分のPゾーンに「マジェスペクター」カードが存在する場合、
このカード以外の「マジェスペクター」カードの
自分フィールドで発動する効果の発動と効果は無効化されない。
②:1ターンに1度、自分の墓地の「マジェスペクター」カード5枚を対象として発動できる。
そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 

 

 

え?まだ強化すんの?

 

 

新しく登場するマジェスペクター用の永続罠です。

スーパーセルというのは「超巨大積乱雲」とも呼ばれるもので

竜巻を量産する非常に大きな雷雲群の事を指します。

スーパーセル

このような巨大な雲が回転をしています。

youtubeなどで実際の映像が動画で上がっていたりするので

興味のある方は検索をしてみるといいでしょう。

 

 

 

2つの効果を持っている永続罠カードです。

①の効果はペンデュラムゾーンにマジェスペクターがセットされている場合

このカード以外のフィールドで発動するマジェスペクターカードの

発動と効果を無効化から防ぐというものです。

「発動と効果を無効にされない」というのは少しややこしい部分がありますが

ポルターガイストのwikiにいくつか裁定が載っていますので

こちらを参考にしておくといいでしょう。

分かりやすい所ではスキルドレインが発動している状態でも

問題なくマジェスペクターの効果を発動する事が可能です。

サイバー・ドラゴン・インフィニティのような無効にしてくるカード相手でも

遠慮なく発動する事が可能になるのは大きな利点といえるでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、自分の墓地のマジェスペクターカード5枚を

デッキに戻した後、1枚ドローできるというものです。

言ってしまえばマジェスペクター限定の貪欲な瓶です。

マジェスペクターはその圧倒的なサーチ能力故に

デッキからサーチするカードがなくなるという状況がよく起こります。

サーチしきった魔法罠をデッキに戻して再びサーチできるようにする

このカードはマジェスペクターにとってありがたいものとなるでしょう。

貪欲な瓶と違いマジェスペクター以外のカードはデッキに戻す事ができませんが

こちらは永続罠であり毎ターン発動する事ができる事と

マジェスペクター・キャットやマジェスペクター・フォックスでサーチができる事、

何より①の効果も併せ持つ点が大きな利点となります。

 

 

最近はEMEmや彼岸の影に隠れがちなマジェスペクターですが

それでも十分すぎるほどの性能を持っていたのにさらにカードが来ちゃいました。

①の効果は相手を選びますが②の効果だけでも採用する価値のあるカードだと思います。

勿論①の効果を目当てにスキルドレイン等の対策として

サイドデッキに忍ばせておくという手もおおいにありでしょう。

すごく強いというようなカードではありませんがあると嬉しい1枚です。

 

 

パーフェクトセル

関連記事

遊戯王カード考察:無限泡影(むげんほうよう) 君は手札から発動してもいいし普通にセットして発動してもいい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)-OMK(オーエムケー)ガム

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:サイコ・ブレイド

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   サイコ・ブレ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第43話『イグニスの誕生』感想

遊戯王ヴレインズ43話の感想です。 前回のあらすじ:鴻上博士がやばい  

記事を読む

忍びの六武(しのびのろくぶ):遊戯王カード考察 ザ・ロマンカード、墓地をいかに肥やすかが鍵

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

エンコード・トーカー:遊戯王カード考察 デコード・トーカーの親戚登場!スピードデュエル向きのリンクマーカー

6月17日にストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-が発売されます。 藤木遊作の使うサイバー

記事を読む

遊戯王カード考察:サイコ・エース  アドバンス召喚用の新たなリリース要員

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

覇王の逆鱗:遊戯王カード考察  新マスタールールだしアニメより強化しちゃってもいいよね☆

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:賤竜の魔術師

今回はマスター・オブ・ペンデュラムよりこちらの紹介です。   賤竜の魔術師

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・エンペラー

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

遊戯王カード考察:混源龍(こんげんりゅう)レヴィオニア どの効果もデッキを選ばず活用できる

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこの

遊戯王カード考察:エターナル・エヴォリューション・バースト 相変わらず殺意全振りなサイバー流

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこ

遊戯王カード考察:サイバース・クロック・ドラゴン ザ・脳筋効果 パラサイトフュージョナーの新しい融合先にも

7月14日にSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)が発売されま

→もっと見る

    • 5,403,659 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑