遊戯王OCGカード考察:超重剣聖(ちょうじゅうけんせい)ムサ-C(シー)

今回紹介するのはVジャンプ12月号の付録についてくるこのカードです。

 

 

 

超重剣聖ムサ-C
シンクロ・効果モンスター
星5/地属性/機械族族/攻 300/守2300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
①:このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
自分の墓地に魔法・罠が存在する場合、
このターン自分はそのモンスター及びその同名モンスターを召喚・特殊召喚できない。
②:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。

 

 

 

超重武者以外でも使い道たくさん!

 

 

新しく登場した超重武者のシンクロモンスターです。

いわずとしれた伝説の剣豪、宮本武蔵をモデルとした超重武者ですね。

宮元武蔵は佐々木小次郎との決闘の際、わざと遅刻して動揺をさそった説があり、

ある意味ではすぐには動かない=不動のデュエルを体現している存在です。

超重武者系統のシンクロモンスターとしてはすっかりおなじみとなっている

超重武者として扱う効果外テキストを持っています。

 

 

①の効果はシンクロ召喚に成功した時に、

墓地の機械族モンスター1体を手札に回収するというものです。

ただし自分の墓地に魔法罠が存在する場合、そのターンの間

回収したモンスターと同名カードを召喚、特殊召喚できない制約が発生します。

シンクロ召喚をするだけでアドバンテージを確保する事ができる優秀な効果であり

また墓地から回収する対象も機械族であればOKという広さを誇ります。

魔法罠が墓地にあったとしても回収したモンスターを場に出せなくなるだけで

回収そのものは問題なくできる為、魔法罠を活用するデッキであっても

問題なく活用する事ができるでしょう。

SRメンコートや工作列車シグナル・レッドといった

手札誘発の効果を持った機械族であれば制約も苦になりません。

 

 

②の効果は守備力を攻撃扱いとして表側守備表示で攻撃できるという

こちらも超重武者ではすっかりお馴染みとなっている効果です。

レベル5という事もあり打点は2300とやや控えめになっていますが

奈落の落とし穴やサイバー・ドラゴン・インフィニティの吸収効果を回避できる点は

他のレベル5シンクロのアタッカーと比較して利点となってくるでしょう。

 

 

超重武者のシンクロモンスターとしては初の奇数レベルのモンスターです。

超重武者であればテンB-Nの効果でツヅ-3を蘇生させれば

ムサーCのシンクロ召喚に繋げられる為、ツヅ-3を活用しやすくなるでしょう。

同じ条件でナチュル・ビース-10のシンクロ召喚も可能な為、

状況に合わせて使い分けていくといいでしょう。

超重武者タマーCで相手のレベル3モンスターを素材にする事もできるようになる為、

彼岸のようなレベル3のモンスターがメインのデッキ相手に活躍が可能となります。

 

 

もう1つ、超重武者のシンクロモンスターの中でも特徴的な点として

シンクロ素材の縛りが一切ない事が挙げられます。

①の効果で回収できるモンスターも機械族全般と幅広いために

機械族のモンスターを採用しているデッキであれば

超重武者以外でも十分な活躍が期待できるでしょう。

超重武者であっても他のカードを混ぜやすくなる点は魅力的です。

 

 

超重武者用のシンクロモンスターとしても

汎用のレベル5シンクロモンスターとしても構築の幅を広げてくれる1枚です。

 

武蔵

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ダイナミスト・ブラキオン

緩い条件で特殊召喚が可能なモンスターです。

超重剣聖ムサ-Cは攻撃力が300しかない為、

墓地からダイナミスト・ブラキオンを回収した後、

そのままフィールドに特殊召喚が可能なケースも多いでしょう。

レベル5の機械族モンスターであり、超重剣聖ムサ-Cと合わせて

サイバー・ドラゴン・ノヴァのエクシーズ素材になる事ができます。

 

 

シンクロキャンセル

①の効果は1ターンに1度の制約などは無い為、

シンクロキャンセル等で繰り返しシンクロ召喚をすれば

その分だけ墓地の機械族モンスターを回収する事が可能です。

イワトオシあたりを素材にしていればさらにアドバンテージに繋がります。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:光の霊堂

①や②の効果だけでも超有用!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよ

記事を読む

メタバース:遊戯王カード考察  テラフォーミングの代わりにするかそれとも「ならでは」を活かすか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:隣の芝刈り

今時代は60枚デッキだ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカ

記事を読む

デジトロン:遊戯王カード考察  今度の通常モンスターはレベル2最高打点!トライワイトゾーンで一斉攻撃させてみる?

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)キングベアー

レベル7以上ならなんでもサルベージ!   今回紹介するのは今回紹介するのは20

記事を読む

遊戯王アークファイブ第118話『サバイバル・デュエル』感想

遊戯王ARC-V118話の感想です。 お盆休みに実家に帰っていた為記事の作成が遅れてしまいまし

記事を読む

遊戯王OCG、2015年10月の制限改定判明!コナミさん何か忘れてません?

とうとう2015年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 7月の時は思いっきりサボっ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第115話『決闘海賊(デュエルかいぞく)キャプテン・ソロ』感想

遊戯王ARC-V115話の感想です。 デニスは自らカードになってしまいました。 ランサー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:応戦するG

サイトを立ち上げた時期の関係上、クラッシュ・オブ・リベリオンの看板カードである オッドアイズ・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,626,777 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑