東方外来韋編(とうほうがいらいいへん)発売!東方香霖堂の復活や色々と興味深い新事実も・・・

公開日: : 書籍感想, 東方

9月30日に東方projectの公式マガジンとなる東方外来韋編・壱が発売されました。

壱という事で以後も発売が予定されており2016年春に弐を予定しているそうです。

内容としては様々であり深秘録や紺珠伝の大まかな説明、

PS4やVITAに進出した東方同人ゲームの紹介やそのサークルのインタビュー、

アンソロジー漫画やアレンジアルバムCDの付録などがあります。

東方をあまり詳しくない人向けの幻想郷の解説なんかもあります。

 

中でも個人的に興味深かったのが紺珠伝におけるZUNさんのインタビューと

連載の再開した東方香霖堂ですね。

自分は結構な原作至上主義者であり設定とか大好きな人間なもので

こういう新しい事実が判明したりするものは非常にワクワクします。

というわけで今回はその2つに関して個人的な感想を書こうと思います。

 

 

東方紺珠伝におけるZUNさんのインタビュー

まず今回タイトルにボスの名前がない点について

「そもそもそんなルール最初からない」と思いっきりぶっちゃけています。

今回完全無欠モードをはじめ色々と挑戦的な内容にしようと思っていた為に

こういう所でもいつもと違う感じを出したかったのではないでしょうか。

完全無欠モードを作った敬意としてアイワナに代表される

トライ&エラー形式のSTGを批判覚悟でやってみたかったようで

それをストーリーとして表現する形で紺珠の薬を出した事を語っています。

そもそもZUNさんはゲームシステムの設定化に非常にこだわる人でして

まず完全無欠モードというシステムありきで紺珠伝というストーリーがあります。

その上で「紺珠の薬とか使っちゃだめだよね」みたいな事を言っており

レガシーモードノーミスクリアがZUNさんにとって正史扱いのようです。

 

キャラクターに関する解説もしています。

特に興味深かったのはヘカーティアに関する説明でしょうか。

「月の都も話にならないくらいに反則的な存在」

「髪の色が変わるとTシャツも変わる」

「あくまで鬼という組織の裁判官にすぎない映姫よりずっと偉い」

など興味深い話が多かったです。

Tシャツに関してはゲーム中で表現できなかったとも言っていました。

どんな感じに変わるんでしょうね。

Tシャツの色だけだったらゲーム中でできない事もないでしょうし

やっぱり書いてある文字が変わったりするんでしょうか。

 

あと息子さんをアスリートに育てたいみたいな身の上話もしてました。

半分あきらめ気味な感じの願望でしたけど自分は応援しています。

 

 

 

東方香霖堂第1回、孤独にして孤高の古道具屋

アオリ分で力強く「伝説の連載」みたいな事言っています。

出版社が潰れまくった事に関しては伝説というより黒歴史(

とにもかくにも東方香霖堂の復活は非常に嬉しい所です。

記念すべき新香霖堂の第1回は菫子が香霖堂にやってくる話でした。

霖之助と菫子、何気に「夢の中で結界を越えた」という共通点のある2人です。

菫子は「ずっと寝たきりなのに肉体が鍛え上げられてる」と言っているので

深秘録の台詞とあわせて肉体ごと幻想郷に来ていると見ていいでしょう。

菫子が言うには幻想郷は外の世界に比べると涼しいようです。

幻想郷には冷却材になる幽霊がいますしそのあたりが原因ではないでしょうか。

もしかしたらヒートアイランド現象が関係しているのかもしれませんね。

 

話の内容としてはスマートフォンを通じて霖之助と菫子が討論をしています。

スマホを使う人を酷評する菫子と逆に評価する霖之助の対比が面白いです。

どうやら菫子はレストランなどでスマホを使う人が嫌いのようですね。

自分はスマホ持っていないのですが食事とかの待ち時間は

よく本を読んで暇つぶしをしていたりするのでまあ似たようなものでしょう。

多分幻想郷にも自分みたいに本読んで時間潰す人いるんじゃないでしょうか。

というか菫子本人もスマホで本を読んで暇つぶしをしていると白状してるので

結局の所同属嫌悪に近いものがあると思います。

 

それはそうと霖之助の口調がかなり軽くなっているような気がします。

まあ菫子来店時だけでその後は大体いつもの口調に戻っていますが。

霖之助なりに商売用の応対をした結果なのかもしれません。

あと「それはどうしてなかぁ」みたいな誤字がありました。

 

一番驚いたのは霖之助が助手を雇っていたという事ですね。

「道具を拾いに行ける場所が限定されたので代わりに行ける助手を雇った」

と霖之助は説明しています。

霖之助は無縁塚で道具を拾っていたはずなのですが

何かの理由で行けなくなってしまったのでしょうか?

助手が何者かは明言されていませんが霖之助の行けない場所へ

行けるわけですから少なくとも普通の人間というわけではなさそうです。

ところで今回のタイトルは「孤独にして孤高の古道具屋」ですが

そもそも助手がいる時点で孤独でもなんでもないような気がします。

関連記事

「東方天空璋(とうほうてんくうしょう) ~ Hidden Star in Four Seasons.」:東方新作タイトル発表、東方初の褐色キャラが・・・

東方Project第16弾となるシューティングゲーム新作が 夏コミの発売に向けて鋭意開発中であ

記事を読む

「東方憑依華 ~ Antinomy of Common Flowers.」製品版発売、新キャラクターも判明(ネタバレ注意)

12月29日東方憑依華が発売されました。 自分はSteamで買おうと考えています。

記事を読む

東方鈴奈庵第47話『稗田阿求の哲学:後編』感想

鈴奈庵47話の感想です。 扉絵は雪が積もる中での小鈴と阿求です。   &

記事を読む

東方鈴奈庵第31話『牛の首は何処にあるのか 後編』感想

今回鈴奈庵がコンプエース10月号の表紙を堂々と飾っています。 さらにカラーでレトロカワイイ小鈴

記事を読む

SW2.0:ラクシアゴッドブック登場、PC用新種族「センティアン」は3種類の性能に分かれます

5月20日、今まで登場した46柱もの神様を記載した神様用のゴッドブックです。 今までサプリやリ

記事を読む

東方鈴奈庵第27話『狐狗狸さんは桜とともに散りぬ 後編』感想

コンプエースを読む機会があったので せっかくなので鈴奈庵の感想でも書いておこうかなと思います。

記事を読む

東方深秘録追加情報、全員のオカルトが判明した模様

例大祭が近づいてきましたし深秘録の情報も増えてきましたね。 ちなみに自分は例大祭にはいけませぬ

記事を読む

東方Project新作 『東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.』発表

東方Project15作目の新作が発表されましたね。   「東方紺珠伝 ~ L

記事を読む

東方鈴奈庵第40話『これも全て妖怪の仕業なのか 前編』感想

東方鈴奈庵40話の感想です。 小鈴ちゃんがツケヒゲつけてコスプレをしています。 今回の話

記事を読む

東方文果真報(とうほうぶんかしんぽう)発売、気になる新事実が色々判明。これは酷い偏向報道ですね※ネタバレ注意

3月30日に東方の書籍である東方文果真報が発売されました。 射命丸文が自ら発禁処分にした週刊誌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,382 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑