遊戯王アークファイブ第75話『反逆者の呪縛』感想

公開日: : 最終更新日:2015/10/04 アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王アークファイブ

遊戯王ARC-V75話の感想です。

次回から新しいOPとEDになる為今回のOPはこれで見納めとなります。

ランサーズ8人が揃って町を眺めるこのOP大好きなんですよね。

シンクロ次元に来てからまだ零羅のデュエル見てないぞ!

 

 

我輩こそが真の悪である!

黒咲にとって忌々しい存在である古代の機械混沌巨人。

それを倒そうといきまく黒咲に対するデニスの返しが次回予告でも言っていた

「君にそれが出来たなら、ハートランドは今も平和だったんじゃないのかい?」

ゲスいです。こんな事言われたらそりゃ黒咲も怒ります。

黒咲は伏せていたリバースカードを2枚同時にオープン。

1枚は自分の場のRRよりも攻撃力が高いモンスターが特殊召喚された時、

その表示形式を変更する永続罠「RR-ロック・チェーン」

2枚目が自分の場のRRよりも攻撃力が高いモンスターの表示形式が変更された時、

そのモンスターを破壊し攻撃力分のダメージを与える「RR-リアクター」。

この強烈なコンボによって混沌巨人を破壊しようとしましたが

混沌巨人は魔法罠の効果を受けないという強力な耐性を誇っており

黒咲の抵抗は失敗に終わりました。

 

そして始まる古代の機械混沌巨人の攻撃。

攻撃する時相手フィールドのモンスターの効果を無効にする効果まで持っており、

レヴォリューションファルコンの効果も無効にされてしまいました。

レヴォリューションファルコンがまるで痛めつけられるように何度も攻撃されます。

この執拗な攻撃にはメリッサもドン引き、

また悪役の演技をしているのかもとは言っていますが観客はまったく笑っていません。

そして遊矢の中に眠るユートも怒りを露にしています。

ユートにとっても忌々しい存在である混沌巨人、その心境は想像を絶するでしょう。

 

そうして撃破されるレヴォリューションファルコン。

黒咲のライフも0になるはずでしたがなぜかライフが200だけ残っています。

黒咲はラスト・ストリクスを特殊召喚し、その効果でダメージを軽減していたのです。

しかしここで混沌巨人のさらなる効果、なんと全てのモンスターに攻撃が出来ます。

こうしてラストストリスクも戦闘で破壊されてしまいました。

なおこの時さっきと違いラストストリクスを指でこつん、と押して攻撃しています。

なぜか急に攻撃の仕方が紳士的になったぞカオスジャイアント

 

 

ついに判明する瑠璃の姿

鉄の意志と鋼の強さを持ってまだデュエルを諦めない黒咲に対し

デニスは黒咲がプロデュエル養成校に所属していた事を指摘します。

黒咲はデニスが自分の素性を知っていた事に驚愕し、

何故知っているのかをデニスに問いかけます。

デニスはその問いに答え自分の過去を話し始めます。

かつてデニスはハートランドでマジックショーをしていました。

しかしデニスはそこである少女と出会ってしまいます。

「もっと大道芸をしていたかったが少女を見つけてしまったら

ハンティングゲームのGOサインを出さなければいけなかった」

デニスはそう語っています。

こうしてハートランドはアカデミアに襲撃されます。

そしてやってきたユーリに対してデニスはその少女の居場所を教えます。

デニスが指した場所は難民キャンプ、そこで少女は難民達に水を配っていました。

そしてユーリはその少女を追い詰めます。

最後に少女は抵抗しようとしていましたが

その後デュエルに負け、ユーリに拉致されてしまったのは想像に難くありません。

柚子の面影と奇妙なブレスレットをしたその少女、

彼女こそ黒咲隼の妹、瑠璃でした。

そして黒咲とデニスがデュエルする姿を会場の影で見守る素良の姿もありました。

 

 

エンターテイメントを捨てた結果

デニスが瑠璃と関わっていた事を知り驚愕する黒咲、

その後も煽り続けるデニスに黒咲だけでなくユートも怒りを露にします。

黒咲のターン、ドローした新たなるランクアップマジック、

RUM-ソウル・シェイブ・フォースを発動します。

これで黒咲が使用したランクアップマジックも5枚目です。

完全にZEXALキャラの誰よりも多くランクアップマジックを使っています。

その効果によって墓地のレヴォリューションファルコンを蘇生、

そのまま2ランク上のレイドラプターズにランクアップさせます。

 

勇猛果敢なハヤブサよ!
怒れる情熱で戦火の炎を燃やし、
次元を超えて飛翔せよ!
エクシーズ召喚!現れろ、ランク8!
RR-サテライト・キャノン・ファルコン!!

 

サテライトキャノンファルコンはオーバーレイユニットを消費する事で

そのターン、相手モンスターの攻撃力を800下げる効果を

墓地に存在するレイドラプターズの枚数分発動できます。

アカデミアにカード化されたハートランドの住人を

「カードという名の墓地に送られた」と表現し、

エクシーズ次元の仲間達の想いを込めるかのように

1回ずつ、1回ずつその効果で混沌巨人の攻撃力を下げていきます。

それを見守るユートの怒りが遊矢にも伝わっていきます。

デニスはアクションカードによって抵抗しようとしますが

ガレキに足元を掬われ、カードを入手する事に失敗してしまいます。

さらに諦めずにもう一度アクションカードを手に入れようとしますが

今度は混沌巨人によって阻害されまたもや入手に失敗します。

「エンターテイメントを捨てた為にアクションカードに見放された」

アクションカードを取る手助けをしてくれたトラピーズ・マジシャン

アクションカードを取る妨害をした古代の機械混沌巨人

その2つの対比と共に非常に印象的なデニスの言葉でした。

 

そしてサテライトキャノンファルコンの攻撃が始まります。

成層圏まで飛行し、そこからウィングを展開。

レイドラプターズの紋章の形に広がったウィングからエネルギーをチャージし、

そこから攻撃が放たれます。

「エターナル・アベンジ!」

古代の機械混沌巨人は破壊されデニスのライフが0になりました。

黒咲の勝利です。

試合を見守っていた素良は静かに会場を後にしました。

 

 

評議会の思惑

試合に負け、バイクから転げ落ちるデニス。

満身創痍ながらも黒咲に対して「君の勝ちだ」と告げます。

黒咲はそんなデニスをカード化しようとデュエルディスクを向けますが

何故かカード化機能が発動しません。

恐らく零児がカード化機能を使えなくする為に細工をしていたのでしょう。

仕方なく黒咲はデニスに掴みかかりますがスタッフに静止されてしまい

そのままデニスはスタッフに連れて行かれてしまいます。

多分黒咲ならスタッフ普通に蹴散らすことができそうなのですが

今回は暴れるような事はしなかったようです。

一方で零児もデニスと接触しようとしますが

評議会のスタッフに足止めをされてしまいます。

評議会はあくまで平穏を貫きたいスタンスであり、

その為にアカデミアとの争いに巻き込まれるのは御免との事です。

こうして評議会と赤馬零児との確執も強くなっていきました。

 

 

 

サテライトキャノンファルコンの演出にやたら気合が入っていました。

後半のほとんどがサテライトキャノンファルコンの演出です。

そしてアカデミアとしての正体の現したデニスが非常に印象的でした。

アカデミアの正体を現した後、邪悪な笑顔を浮かべていた素良に対し、

デニスは正体を現した後はちっとも楽しそうではありませんでした。

「ずっと大道芸をしていたかった」という言葉が示すとおりに

エンターテイメントをしている時のデニスはとても楽しそうでした。

恐らくはデニスにとっての本性はエンターテイメントをしている時であり、

トラピーズ・マジシャンに対する思い入れもきっと本当なのでしょう。

 

 

次回予告『キングス・ギャンビット』

デニスがアカデミアの一員である事が判明し、

評議会とセキュリティがそれぞれデニスを確保しようとしています。

評議会はセキュリティの動きを封じる為にロジェの権限を剥奪しますが

それによりロジェ長官は強行作戦「キングス・ギャンビット」を発令します。

キングス・ギャンビットとはチェスにおける戦術の1つで

平たく言えば先手必勝みたいな戦い方です。

要するに電撃作戦みたいなノリでしょう。

 

 

超熱血!デュエル塾

まさかの黒咲登場

ドヤ顔してます。すっごいドヤ顔してます。

というわけで今回はレイドラプターズの紹介です。

古代の機械混沌巨人を倒した際のプレイングのおさらいをしています。

 

 

古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)
融合・効果モンスター
星10/闇属性/機械族/4500/守3000
「古代の機械猟犬」+「古代の機械双頭猟犬」+「古代の機械参頭猟犬」+「古代の機械究極猟犬」
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
相手の魔法・罠カードの効果の対象にならず、効果を受けない。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:このカードが攻撃する場合のダメージステップ終了時まで、
相手フィールドのモンスターの効果は無効化される。

 

 

RR-ロック・チェーン
永続罠
①:1ターンに1度、
自分フィールドの「RR」モンスターの攻撃力の合計よりも
高い攻撃力を持つモンスターが相手フィールドに特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
その対象のモンスターの表示形式を変更する。

 

 

RR-リアクター
①:1ターンに1度、
自分フィールドの「RR」モンスターの攻撃力の合計よりも
高い攻撃力を持つモンスターの表示形式が変更された場合、
そのモンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
そのモンスターを破壊し、
その攻撃力分のダメージを相手に与える。

 

 

RUM-ソウル・シェイブ・フォース
通常魔法
①:LPを半分払い、
自分の墓地の「RR」Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、
そのモンスターよりランクが2つ高い「RR」Xモンスター1体を、
対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
このターンのエンドフェイズ、
自分はこのカードの効果でX召喚扱いで特殊召喚したモンスター1体分のダメージを受ける。

 

 

RR-サテライト・キャノン・ファルコン
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/鳥獣族/攻3000/守2000
鳥獣族レベル8モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地の「RR」モンスターの数まで、以下の効果を適用できる。
●相手フィールドのモンスター1体を選んで、
その攻撃力を800ダウンする。

 

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCG:2018年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。 だんだんと暑くなってきてしんどいです。 自分はとにかく冬型の人間なの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     冥帝従

記事を読む

精霊神后(エレメンタルグレイス) ドリアード:遊戯王カード考察  墓地コストがある限り特殊召喚無効、あとはどう召喚条件を満たすか

7月8日です。いよいよサーキット・ブレイク発売ですね。 今回紹介するのはサーキット・ブレイクよ

記事を読む

ダウンビート:遊戯王カード考察 トランスターンとの違いを把握しよう

ウミガメのスープって面白いですね。最近ハマってます。 今回紹介するのはEXTREME FORC

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マグネット・コンバーション

何ていうかもう爆アド   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤遊戯-より

記事を読む

寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

動画紹介:どういうことだ!? 説明しろギラグ!!

かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。 故国を守る誇りを厚い拳に包んだ反骨の闘士の、ここは墓場

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)75 惑乱のゴシップ・シャドー どのナンバーズに素材を渡す?

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:ハーピィ・オラクル パフューマーと合わせてどこからでも魔法罠回収

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,977,766 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑