遊戯王OCGカード考察:竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー、破壊剣士融合

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー
融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2500
「バスター・ブレイダー」+ドラゴン族モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードは直接攻撃できない。
②:このカードの攻撃力・守備力は、
相手のフィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数×1000アップする。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのドラゴン族モンスターは守備表示になり、
相手はドラゴン族モンスターの効果を発動できない。
④:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が越えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 

 

破壊剣士融合
速攻魔法
「破壊剣士融合」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札及び自分・相手フィールドから
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「バスター・ブレイダー」を融合素材とする
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 

 

バスター・ブレイダーの進化形態とも言える融合モンスターと専用の融合魔法です。

元のバスター・ブレイダーが地属性だったのに対し光属性になっています。

融合素材にバスター・ブレイダーの他にドラゴン族モンスターを素材としています。

竜破壊の剣士でありながらドラゴン族と融合するというのが中々意味深ですが

破壊剣士融合のイラストを見る限りでは破壊剣士の伴竜の親竜を倒し、

その亡骸を素材にして竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーが持っている

白い剣を作り装備しているのでしょう。

なんとなくロマンシング・サガ3のグウェインのイベントを思い浮かべます。

 

 

①の効果は直接攻撃できないデメリットです。

個人的に少しこのカードにつけるにしては意外なデメリットなのですが

あくまでドラゴンを倒すという事を意識しているのかもしれません。

 

②の効果は相手のフィールド、墓地にあるドラゴン族の数×1000だけ

攻撃力と守備力が上昇するというものです。

まさにバスター・ブレイダーの強化版とも言える効果であり、

攻撃力の上昇量が倍になっています。

もし相手の墓地に大量のドラゴン族があれば凄まじい攻撃力となるでしょう。

 

③の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する限り

相手フィールドのドラゴン族は全て守備表示になり

さらに相手はドラゴン族モンスターの効果を発動できないというものです。

効果の無効はフィールドだけでなく墓地や手札からの発動も封じる為、

相手がドラゴン族主体であればほとんど身動きができなくなるでしょう。

 

④の効果は守備表示のモンスターを攻撃時に貫通ダメージを与えるものです。

②や③の効果とシナジーしており相手のドラゴン族を守備表示にした上で

攻撃力の上昇したこのカードで貫通ダメージを与える事が可能です。

 

 

 

専用の融合魔法となる破壊剣士融合ですが

バスター・ブレイダーを素材とする融合モンスター専用の融合魔法となります。

基本的には竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー専用なのですが

超魔導剣士-ブラック・パラディンの融合召喚にも対応しています。

また手札1枚をコストに墓地から破壊剣士融合を回収する事が出来ます。

融合も墓地からの回収も1ターンに1度のみである点には注意が必要です。

破壊剣士の伴竜のサーチ効果に対応しており墓地にバスター・ブレイダーがあれば

破壊剣士の伴竜とコスト用の手札1枚で融合召喚の条件が整えられます。

速攻魔法である点も見逃せないポイントと言えるでしょう。

 

 

 

リメイクカード故なのでしょうか、昨今のカードにしては珍しく

ドラゴン族という限定的な種族のメタに特化したカードとなっています。

対ドラゴン族の性能は圧倒的であり特に③の効果が強力です。

手札や墓地からの発動も許さない為【聖刻】や【カオスドラゴン】にとっては

悪夢のようなカードとなるでしょう。攻撃力も万に到達する事も珍しくなく、

まさに竜破壊の剣士という肩書きに相応しいモンスターだといえます。

 

 

一方で相手がドラゴン族を一切使わない場合だと

ただの攻撃力2800貫通ダメージ持ちのおっさんに成り果てます。

さすがにこの場合だと融合召喚に見合った性能とは言えないでしょう。

その為このカードを汎用的に使おうと考えるならDNA改造手術などを使い

相手のモンスターを強制的にドラゴン族に変えるなどの工夫が必要になります。

DNA改造手術があればフィールドの相手モンスター効果の発動を封じる事ができ、

相手モンスターが1体だけの場合でも3800もの攻撃力に達します。

超融合を使って相手モンスターを融合素材にするのもいいでしょう。

追記:超融合なくても破壊剣士融合で相手モンスター素材にできました。

思いっきり見逃してました、恥ずかしい・・・。

 

 

またいっその事融合召喚の為のカード共々サイドデッキに入れておいて

相手がドラゴン族を使う場合のみ入れ替えて使うという手もあります。

ドラゴン族相手であれば強力なメタを発揮するカードである為、

もし環境にドラゴン族メインのデッキが出れば輝けると思います。

 

 

バスター・ブレイダー

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

おジャマトリオ

DNA改造手術との併用が前提となりますが

ドラゴン族となったおジャマトークンを相手フィールドに出す事で

竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーの攻撃力を3000上昇させます。

そのままおジャマトークンを攻撃すれば他にモンスターがいない場合でも

5100のダメージを与える事が可能です。

関連記事

ライバル・アライバル:遊戯王カード考察  相手ターンに通常召喚だと!?

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:水晶機巧(クリストロン)”インベイジョン・オブ・ヴェノム”

インベイジョン・オブ・ヴェノムに新しいシンクロテーマが登場します。 その名も水晶機巧(クリスト

記事を読む

遊戯王カード考察:転生炎獣(サラマングレイト)スピニー エクシーズ素材にうってつけのレベル3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:雷神龍(らいじんりゅう)-サンダー・ドラゴン 何気に除去効果に回数制限なし

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:HSR(ハイスピードロイド)快刀乱破(かいとうらっぱ)ズール

レベル4シンクロのメインアタッカー!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

素早いビーバー:遊戯王カード考察 召喚するだけでランク2が、属性と種族も都合よし

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-グラス・ベル

手札1枚でクリスタルウィング出ます。召喚権なしで   2016年11月26日に

記事を読む

遊戯王カード考察:デーモンの降臨 名前までリスペクトしてます

遊戯王OCG関連商品を税込みで1000以上買うごとに ムーラングレイスや儀式の下準備などが入っ

記事を読む

遊戯王OCG、2016年1月の制限改定判明!コナミさん最近サボってません?

2016年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 10月の時点ではEMEmにノータッチ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第34話『聖なる天樹』感想

遊戯王ヴレインズ34話の感想です。 今年最初のヴレインズですね。 スペクターの聖天樹デッ

記事を読む

Comment

  1. 通りすがりのYP より:

    破壊剣士融合は相手の場のモンスターも素材にできるので超融合はいらない気が……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,982,574 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑