遊戯王アークファイブ第74話『道化師の仮面』感想

遊戯王ARC-V74話の感想です。

フレンドシップカップ1回戦最後を締めくくるのは黒咲VSデニス!

地下デュエル場では決着の付かなかった2人ですがここで改めてデュエルです。

ランサーズ同士のデュエルですが予告の時点でデニスが豹変する気全開です。

はたしてどうなることやら・・・。

 

 

それぞれの思惑

地下デュエル以来、黒咲はデニスの事を疑い続けていました。

明らかにLDSでは不可能なレベルの戦術を持っていると。

黒咲にとってLDSは相当ダメダメな部類のようです。

まあ実際LDS倒しまくってましたからね、実力は把握しているのでしょう。

そしてデニスも黒咲が疑っているんだろうなーという予想をしていました。

ここで予告であった潰しておかないと発言をしています。

一方で零児もこのデュエルで確かめておきたい事があるようでした。

 

 

デニスの得意芸

いよいよ始まる1回戦最終試合。

まず出場するのは黒咲隼、地下デュエルの事思いっきりバレバレです。

ここまで周知の事実なりゃそりゃ一斉検挙もされるってもんです。

そして次に登場するのはデニス・マックフィールド。

出場と同時に公園で見せたカード実体化マジックを繰り広げます。

どうやらデニスの十八番のようですね。観客ウケはバッチリです。

やっぱりデニスのエンターテイメント能力は高いですね。

デニスは黒咲に仲間同士頑張ろうと呼びかけますが黒咲はそっけないです。

明らかにデニスの事を仲間だと認識していません。

 

 

自重しないモブ

先行を制したのは黒咲、黒咲はRR-スカル・イーグルを2体特殊召喚し

RR-デビル・イーグルをエクシーズ召喚、その効果により

攻撃力を1600まで上げた後デニスに1600のバーンダメージを与えます。

地下デュエルで披露した一連のコンボを決め観客を沸かせます。

そして何か黒咲に変な称号が追加されています。

アンダーグラウンドの帝王って・・・。

しかしデニスは既に一度使った戦術にご不満の様子。

このままランクアップマジックを使い別のエクシーズを出してくる事を予想します。

透視マジックといっていますが相手の動きから手札のカードを予測する技術ですね。

黒咲の手札にはRUM-デス・ダブル・フォースが、予想的中です。

このデニスの透視マジックに観客は沸きあがります。

中には「私のハートも透視してー!」と意味不明な言動をする観客も。

あの・・・周りの観客が怪訝な目で見てますよ。

デニスのこの心理戦に黒咲はやはり只者ではない事を悟ります。

カードを2枚伏せてターンエンドです。

 

 

ドローしたカードに身を任せるデニス

続いてデニスのターン、ドローしたカードはなんと融合。

融合を引いてしまったデニスの言葉が印象的です。

まるでデッキに何かを問いかけているようなそんな感じです。

新規カードEmカップ・トリッカーを特殊召喚します。

フィールドのオーバーレイユニットを奪う事で特殊召喚が可能であり

さらに奪ったエクシーズモンスターの攻撃力を600下げる効果を持っています。

これによりデビルイーグルの攻撃力とオーバーレイユニットを同時に削りました。

そして魔法カードマジカル・ペンデュラム・ボックスを発動、カードを2枚ドローします。

準備も整ったことでここからデニスのエンターテイメントが始まります。

まず新規カードEmボーナス・ディーラーとEmオーバーレイ・ジャグラーでスケールをセッティング、

Emウィンドサッカー、Emウィングサンドウィッチマン、Emボールライダーの3体を

一気にペンデュラム召喚します。しかしデニスは通常召喚をまだ残しています。

カードさらにドローした後にEmファイヤー・ダンサーを通常召喚、

これでデニスのフィールドにはレベル5が3体にレベル4が2体です。

それぞれのレベルでオーバーレイネットワークを構築、

Emトラピーズ・マジシャンとEm影絵師シャドー・メイカーをエクシーズ召喚します。

さらにデニスはトラピーズマジシャンの効果でシャドーメイカーに2回攻撃を付与、

シャドーメイカーが効果の対象になった事で2体目のシャドーメイカーを特殊召喚します、

カップトリッカーの効果で1体目のシャドーメイカーのオーバーレイユニットを

2体目のシャドーメイカーに写し、その2体目にも2回攻撃効果を付与、

3体目のシャドーメイカーを特殊召喚する事に成功します。

フィールドにはシャドーメイカーが3体とトラピーズ・マジシャンが2体、

しかも2体のシャドーメイカーには2回攻撃効果が付与されています。

合計攻撃力はなんと15500、完全にオーバーキルの総攻撃力です。

 

 

黒咲の狙い

絶体絶命に追い込まれた黒咲、

ですがここで新規カードであるRR-ターゲット・フラッグを発動します。

黒咲の狙いはデニスの手札を確認し、その正体を掴む事のようです。

デニスの手札には今融合がありこれを見られるのはまずい状態です。

しかしその為にはまずはこの猛攻を凌がねばなりません。

まずはトラピーズマジシャンの攻撃、デビルイーグルが破壊されます。

しかし黒咲はここでRUM-デス・ダブル・フォースを発動、

ランク3のデビルイーグルの倍のランクを持つエクシーズモンスター、

レヴォリューション・ファルコンにラックアップさせます。

レヴォリューションファルコンの効果でトラピーズマジシャンを破壊しようとしますが

ここでデニスは手札のEmマジック・タクティシャンの効果で破壊効果の対象を

シャドーメイカーに変更し、トラピーズマジシャンを破壊から逃れさせました。

 

 

砕け散る仮面

続いて黒咲のターン。デニスの手札を確認する為に

ターゲットフラッグの対象にしたトラピーズマジシャンをなんとしても破壊しようとします。

しかしデニスはアクションカードを駆使して対象をシャドーメイカーに移し変えます。

破壊されるシャドーメイカー、しかしレボリューションファルコンは更に攻撃が可能です。

デニスはEmオーバーレイ・ディーラーのペンデュラム効果を発動、

シャドーメイカーをトラピーズマジシャンのオーバーレイユニットにします。

しかし結局トラピーズマジシャンが攻撃されるのには変わりありません。

3度目の正直とばかりにトラピーズマジシャンを攻撃、見事破壊に成功します。

仮面が砕け散りながら倒されていくトラピーズマジシャンが非常に印象的です。

しかしデニスのライフに変更はありません、寸前の所でアクションマジックで防ぎました。

この時デニスはトラピーズマジシャンがカードを託してくれたと説明しています。

デニスにとってトラピーズマジシャンは非常に思いいれの強いカードのようです。

そしてとうとうターゲットフラッグの効果を発動、

デニスは手札の融合カードを黒咲に公開しました。

この瞬間、確かにデニスの何かが変わったのだと思います。

 

 

「エンタメ」の終わり

とうとう融合を公開されてしまったデニスのターン。デニスは融合魔法、

「古代の機械混沌融合(アンティーク・ギア・カオス・フュージョン)」を発動します。

手札の融合を墓地に送る事で墓地のシャドーメイカー3体とトラピーズマジシャンを除外、

エクストラデッキからアンティークギア4体を効果を無効にして特殊召喚します。

そしてその4体を素材にして融合召喚、出てきたのはレベル10の融合モンスター、

アンティークギア・カオス・ジャイアントです。

漢字は分かりませんが恐らく「古代の機械混沌巨人」とかそのあたりでしょうか。

古代の機械・・・もう言い逃れは一切できません、完全にアカデミアのモンスターです。

そしてこのカオスジャイアントに黒咲は見覚えがありました。

かつてハートランドを襲っていたモンスターにカオスジャイアントがいたのです。

会場もカオスジャイアントの巨大さに唖然としています。

そして評議会も騒然としており、零児にアカデミアが紛れ込んでいた事の説明を求めます。

どうやら零児はランサーズにスパイがいるのは想定内だったようで

それと同時にシンクロ次元のロジェの事にも問いただそうとしています。

 

デニスが融合召喚で出したのはそれまでのエンタメイジとはまったく異なる古代の機械、

こから先はもうエンタメではないという意思表示にも感じ取れます。

それを象徴するかのようにデニスはこう宣言しました。

「さあ、ハンティングゲームの時間だ」

 

 

 

 

とうとうアカデミアの刺客である事を明かしたデニス。

でもどうもまだデニスにはまだ裏があるように思えるんですよね。

トラピーズマジシャンに強い思い入れを感じさせる言動もそうですし

エンタメイトに関する効果を持っているカードを持っている事も気がかりです。

はたしてこの後デニスはどうなるのか・・・。

ちなみに自分は「本性を隠して道化を演じ、人々に笑顔をもたらす」という行為も

立派なエンターテイメントの1つだと思っています。

例え伊達でもそれが人に笑顔をもたらすというものは確かに存在します。

だからデニスはやはり一流のエンターテイナーなのだと思います。

 

 

次回予告『反逆者の呪縛』

久しぶりにの2回分の放送を使ってのデュエルです。

それだけこのデュエルが重要な1戦という事でしょう。

なんとこのデュエル、素良が忍び込んで観戦しているようです。

勝敗のまったく予想が付かないこの2人のデュエル、はたしてどうなる事やら。

そしてサブタイトルも意味深です。

反逆者の呪縛というのは復讐に捕らわれた黒咲を表しているのでしょうか。

 

 

超熱血!デュエル塾

「ほんとにぃ~? 本当に感づいてたの? セレナ~?」

この時の遊矢の顔がすげーうざいです

とにもかくにも今回はエンタメイジについての解説でした。

今回登場した新規Emのカードも紹介されてます。

ボーナスディーラー、エンタメイトに関する効果もある点に驚きました。

 

 

Emボーナス・ディーラー
ペンデュラム・効果モンスター
星2/地属性/魔法使い族/攻1000/守 100
【Pスケール:青3/赤3】
①:手札から「Em」モンスターまたは「EM」モンスターを
1度に3体以上P召喚した場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
【モンスター効果】
①:1ターンに1度、
自分フィールドのPモンスター1体をエクストラデッキに戻し、
自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はエンドフェイズまで1000アップする。

 

 

Emオーバーレイ・ジャグラー
ペンデュラム・効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻1200/守 600
【Pスケール:青6/赤6】
①:1ターンに1度、自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
【モンスター効果】
①:自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをその対象のXモンスターの下に重ねてX素材とする。

 

 

Emボール・ライダー
ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1000/守1800
【Pスケール:青3/赤3】
①:1ターンに1度、自分のエクストラデッキから
Pモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。
【モンスター効果】
①:特殊召喚された相手モンスターの直接攻撃時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

 

Emファイヤー・ダンサー
ペンデュラム・効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1400/守1200
【Pスケール:青6/赤6】
①:1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターが守備表示モンスターを工芸した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ、相手に戦闘ダメージを与える。
【モンスター効果】
①:このカードが戦闘で破壊された場合、
このカードを破壊したその相手モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力は500ダウンする。

 

 

Emカップ・トリッカー
ペンデュラム・効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1200/守1400
【Pスケール:青1/赤1】
①:自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
【モンスター効果】
①:このカードが手札に存在する場合、
フィールドのXモンスター1体のX素材を1つ取り除き、
そのXモンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターの攻撃力を600ダウンする。
②:X素材のこのカードがXモンスターの効果を
発動するために取り除かれ墓地へ送られた場合、
自分フィールドのXモンスター1体のX素材1つを対象として発動できる。
そのX素材を自分フィールドの別のXモンスター1体の下に重ねてX素材とする。

 

 

Emカップ・トリッカー
ペンデュラム・効果モンスター
星5/風属性/魔法使い族/攻2100/守   0
【Pスケール:青4/赤4】
①:1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ下げる。
【モンスター効果】
①:相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードのレベルを1つ下げる。

 

 

Emウィング・サンドイッチマン
ペンデュラム・効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻1800/守2100
【Pスケール:青1/赤1】
①:このカードがPゾーンに置かれた場合、
自分フィールドのPモンスター1体を対象として発動できる。
このカードのPスケールはターン終了時まで、
対象のモンスターのPスケールと同じになる。
【モンスター効果】
①:1ターンに1度、このカードのレベルを1つ上げる事ができる。
②:このカードのレベルと同じレベルを持つ「Emウィング・サンドイッチマン」が
自分フィールドに存在する場合、そのモンスターとこのカードが存在する
モンスターゾーンの間のモンスターゾーンに存在するモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターのレベルはこのカードと同じになる。

 

 

Em影絵師シャドー・メイカー
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/闇属性/魔法使い族/攻2600/守1000
レベル5モンスター×3
①:このカードが効果の対象になった場合、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のエクストラデッキから「Em影絵師シャドー・メイカー」1体を特殊召喚する。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:沈黙の剣士-サイレント・ソードマン、沈黙の剣

今回紹介するのはデュエリストパック-王の記憶編-よりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:覚醒の暗黒騎士ガイア

今回はVジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・オーバーロード

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

鎖龍蛇(さりゅうじゃ)-スカルデット:遊戯王カード考察 今度のリンク4は優秀な手札交換効果付き

エクストリーム・フォース、いよいよ明日発売です。 カードの情報も色々と判明したみたいですね。

記事を読む

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は………」 「……『クレイジー

記事を読む

遊戯王カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アーセナル・ファルコン

撃墜されると切り札が緊急発進!   今回紹介するのはDIMENSION BOX

記事を読む

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

遊戯王OCG:2018年4月の制限改定を個人的に予想してみる

3月になりました。また花粉症の季節がやってくる・・・。 冬が来てずっと冬だったらいいのに

記事を読む

遊戯王テーマ考察:召喚獣(しょうかんじゅう)

いよいよフュージョン・エンフォーサーズの発売が迫ってきました。 今回はそんなフュージョン・エン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,555,431 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑