遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

公開日: : 最終更新日:2016/08/08 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。

 

 

ランスフォリンクス(Lancephorhynchus)
ペンデュラム・通常モンスター
星6/風属性/恐竜族/攻2500/守 800
【Pスケール:青7/赤7】
①:自分の通常モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
【モンスター情報】
太古の絶滅を生き延びた幻の翼竜。
その姿はより攻撃的に進化し、クチバシは全てを貫く槍と化した。
・・・それでも主食は魚らしい。

 

 

竜角の狩猟者(Dragon Horn Hunter)
ペンデュラム・通常モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2300/守1000
【Pスケール:青3/赤3】
①:フィールドの通常モンスターの攻撃力は200アップし、
自分の通常モンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
【モンスター情報】
疫病に苦しむ故郷の村を救うため、霊薬の原料となるドラゴンの角を乱獲する女戦士。
その村はすでに、棲み処を追われたドラゴンたちによって踏み荒らされ、
焼き尽くされてしまった事を、彼女はまだ知らない・・・。

 

 

ドラコニアの獣竜騎兵(Dragoons of Draconia)
ペンデュラム・通常モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1800/守 200
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、自分の通常モンスターが戦闘で
相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動できる。
デッキからレベル4以上の通常モンスター1体を手札に加える。
【モンスター情報】
龍人族の国、ドラコニア帝国が有する竜騎士団の陸兵部隊。
鳥銃と鉄槍によるコンビネーション攻撃には隙が無く、
レプティア皇国などの周辺国から恐れられている。

 

 

ドラコニアの海竜騎兵(Sea Dragoons of Draconia)
ペンデュラム・通常モンスター
星3/水属性/海竜族/攻 200/守2100
【Pスケール:青7/赤7】
「ドラコニアの海竜騎兵」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
手札から通常モンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター情報】
龍人族の国、ドラコニア帝国が有する竜騎士団の海兵部隊。
深海から音も無く忍び寄る隠密作戦に長けている。
対岸のディノン公国兵とは、領海を巡り小競り合いが続いている状態である。

 

 

 

海外からやってきたバニラペンデュラムモンスター達です。

全部が同じカテゴリのカードというわけではなさそうなのですが、

4枚ともある共通の特徴が存在するのでまとめて紹介する事にしました。

竜角の狩猟者のフレーバーテキストがかなり悲劇的な内容となっております。

それに引き換えランスフォリンクスの気の抜けるテキストといったら・・・。

いったいどうしてここまで差がついた。

 

 

4枚とも通常モンスターに関係するペンデュラム効果を持っています。

ランスフォリンクスはフィールドの通常モンスターに貫通効果を付与します。

攻撃力の高い通常モンスターを扱うデッキであれば

単純に貫通効果を付与する永続魔法として使うのも1つの手といえます。

 

竜角の狩猟者はフィールドの通常モンスターの攻撃力を200アップし、

さらに通常モンスターの戦闘で発生する自分のダメージを0にします。

攻撃力の上昇は微々たる物ですがこの200の上昇値が

助かる場面というのも結構少なくないと思います。

戦闘ダメージを0にするのも地味にありがたい効果であり

ささやかながらも通常モンスターをサポートする効果と言えます。

 

ドラコニアの獣竜騎兵のペンデュラム効果は1ターンに1度、

自分の通常モンスターが相手モンスターを戦闘破壊した時に

デッキからレベル4以上の通常モンスターをサーチできる効果です。

4以下ではなく4以上というのがポイントで召喚師のスキル同様に

高レベルの通常モンスターをサーチしたい時に役に立つでしょう。

戦闘破壊で発動する事も踏まえ、攻撃力の高い通常モンスターを扱っている

デッキでこそ有効に使える効果だと言えます。

墓地に送る必要がないのもポイントで

ペンデュラムモンスターを破壊した時にもサーチ効果を発動できます。

またドラコニアの獣竜騎兵を2枚ペンデュラムゾーンにセッティングすれば

2回分のサーチ効果を発動する事が可能です。

ペンデュラム召喚を狙わないデッキならば2枚セットするのも1つの手です。

 

ドラコニアの海竜騎兵のペンデュラム効果は1ターンに1度、

自分か相手のモンスターが戦闘で破壊された時に手札から

通常モンスターを特殊召喚できるというものです。

相手モンスターを破壊する時には畳み掛けの攻撃要因を、

自分のモンスターが破壊された時には壁要因を手札から出す事が出来ます。

特殊召喚できる通常モンスターにレベルの制限はないので

青眼の白竜のような高レベルのカードでも特殊召喚する事が可能です。

 

 

この中でも個人的に注目しているのはランスフォリンクスです。

レベル6でありながらスケール7という高いスケールを持っています。

現状同じレベルと同じスケールを持っている汎用的に使えるPカードは

イグナイト・ウージーしかおらず、さらにこちらはウージよりも攻撃力が高い為

高レベルのペンデュラム召喚を狙うデッキでは重要な役割を担うでしょう。

さらに恐竜族であり召喚師のスキルだけでなく化石調査にも対応しています。

ランスフォリンクスの登場によりレベル6のペンデュラム召喚を

メインに狙うデッキも大分構築しやすくなったのではないでしょうか。

 

 

【バニラペンデュラム】に役立つカードが一気に4枚も登場しました。

通常モンスター中心のデッキもかなり強化されてきたと思います。

 

ドラコニア

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

魔装邪龍 イーサルウェポン

召喚、特殊召喚するたびに相手モンスターを1体除外できるという

レベル6のペンデュラムモンスターの中でも特に強力な1枚です。

レベル6のペンデュラム召喚をメインに据えるのであれば

スケールが4であるこのカードも問題なくセッティングする事が可能です。

 

 

エヴォルカイザー・ソルデ

ランスフォリンクスはレベル6の恐竜族であるため

エヴォルカイザー・ソルデのエクシーズ素材となる事が可能です。

通常モンスターである為、オーバーレイユニットとして墓地へ送られた後も

闇の量産工場で手札に回収できる点もポイントです。

関連記事

遊戯王アークファイブ第147話『解き放たれたドラゴン』感想

遊戯王ARC-V147話の感想です。 ついに召喚法を冠する竜4体の同時召喚を実現した遊矢。

記事を読む

RR(レイド・ラプターズ)-エトランゼ・ファルコン:遊戯王カード考察

レイド・フォースやデス・ダブル・フォースと高相性!   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:召喚神エクゾディア、魔神火炎砲(エグゾード・フレイム)

11月28日にMILLENNIUM BOX GOLD EDITIONが発売される事になりました。

記事を読む

遊戯王OCG,7月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションの時期も近づいて来ましたね。 かなり群雄割拠の環境ですがそれでも

記事を読む

ミセス・レディエント:遊戯王カード考察

エクストラ召喚枠確保の期待の星   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:磁石の戦士δ(マグネット・ウォリアー・デルタ)

マグネット・バルキリオンがさらに救済!     8月21日にV

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その3

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王OCG新ルール「リンク召喚」登場!新マスタールールにより今までのエクストラデッキにも多大な影響が発生!

今年の春に放送される遊戯王新アニメ「遊戯王ヴレインズ」 やはり皆さんが一番注目していたのは新し

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イグナイト・ユナイト

アヴェンジャーやスティンガーが一気に使いやすく!   今回紹介するのはインベイ

記事を読む

スーパービークロイド-モビルベース:遊戯王カード考察  ちゃっかり新マスタールールに対応しとる・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑