遊戯王OCGカード考察:彼岸の鬼神(きしん) ヘルレイカー、善悪の彼岸

真帝王降臨とEXTRA PACK 2015の発売も近づいてまいりました。

真帝王降臨はダンディライオンやバトルフェーダーが再録される点も嬉しい所です。

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。

 

 

 

彼岸の鬼神 ヘルレイカー(Malacoda, Netherlord of the Burning Abyss)
儀式・効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2700/守2200
「善悪の彼岸」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、手札から「彼岸」モンスター1体を墓地へ送り、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
この効果を発動するために墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分ダウンする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。

 

 

善悪の彼岸(Good & Evil in the Burning Abyss)
儀式魔法
「彼岸の鬼神 ヘルレイカー」の降臨に必要。
「善悪の彼岸」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドから、
レベルの合計が6以上になるようにモンスターをリリースし、
手札から「彼岸の鬼神 ヘルレイカー」を儀式召喚する。
②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
手札から「彼岸」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「彼岸」カード1枚を手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

 

様々な召喚方法を持つ彼岸(バーニングアビス)の儀式モンスターと儀式魔法です。

マレブランケのリーダーであるマラコーダをモデルとしたカードです。

リーダーだけあって他のマレブランケがモデルの彼岸モンスターが下級なのに対し

ヘルレイカーだけ儀式モンスター扱いという特別待遇を受けています。

何気に2700というレベル6の儀式モンスターでは現在最高の攻撃力を誇ります。

 

 

ヘルレイカーの①の効果は手札の彼岸モンスター1体を墓地に送りそのターンの間

相手モンスター1体の攻撃力を墓地へ送った彼岸モンスターの攻撃力分、

守備力を墓地へ送った彼岸モンスターの守備力分下げる事が出来るというものです。

彼岸モンスターの攻撃力はそれほど高いものではないのですが

それでも1000以上の攻撃力の低下は安定して見込める上に

ヘルレイカー自身をコストにすれば2700もの攻撃力を下げる事が可能です。

ヘルレイカー自身の攻撃力の高さもあいまって非常に戦闘に強い効果だと言えるでしょう。

フリーチェーンで発動できる点もポイントで同じくフリーチェーンで発動できる

彼岸の巡礼者 ダンテと比べてさらに相手への妨害に特化した効果だと言えるでしょう。

相手ターンに彼岸の悪鬼 アリキーノあたりをコストにする事で

より相手の行動を阻害する事が可能です。

 

 

ヘルレイカーの②の効果はフィールドから墓地へ送られた場合に

フィールドのカード1枚を墓地へ送るという除去効果です。

魔法罠、モンスターを問わない万能除去であり単純ながら優秀な効果です。

タイミングを逃さない点も見逃せないポイントと言えるでしょう。

自分で墓地に送っても効果を発動できる為、再びヘルレイカーを儀式召喚する場合に

その生贄にする事で能動的にこの効果を発動する事も可能です。

 

 

 

専用の儀式魔法である善悪の彼岸の効果ですが①は儀式魔法共通のものとなります。

②は1ターンに1度、墓地の善悪の彼岸を除外し手札の彼岸モンスターを墓地に送る事で

デッキから任意の彼岸カードをサーチできるという効果です。

墓地コストを必要とする1:1交換ですが墓地で効果を発動させる彼岸においては

アドバンテージを確保しやすい優秀な効果だと言えます。

儀式召喚した後に発動するだけでなく彼岸の旅人 ダンテの効果で墓地に行った場合でも

発動できる他、彼岸の悪鬼 ハロウハウンドの効果で墓地へ送るのもいいでしょう。

墓地へ送られたターンに発動できない点は注意してください。

 

 

 

優秀な性能のカードなのは確かなのですが彼岸の他のエースカードとなる

彼岸の旅人ダンテや彼岸の詩人 ウェルギリウスに比べると儀式モンスターである点が

事故要因に繋がりやすく、一歩劣る評価になってしまう事が多いようです。

しかし儀式サポートとなる儀式魔人リリーサーや儀式魔人デモリッシャーは

下級彼岸と同じレベル3の悪魔族でありデスガイド等のサポートを共有しやすいです。

これらのカードを上手く組み合わせる事が出来れば通常の彼岸デッキとは

また違う特徴を持った彼岸デッキも作る事が出来るのではないかと思っています。

自分は結構儀式召喚が好きなのでもし自分が彼岸デッキを組むとしたら

是非この彼岸の鬼神ヘルレイカーを主軸にできるようなデッキを作ってみたいです。

 

ヘルシンカー

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

魔サイの戦士

ヘルレイカーは悪魔族であり魔サイの戦士の効果により破壊耐性を得られます。

またヘルレイカーの①の効果によって魔サイの戦士を戦闘から身を守る事が可能です。

元々彼岸との相性のいいカードですが

ヘルレイカーが悪魔族である事がより活かせるカードとなっています。

 

 

竜姫神サフィラ

彼岸の鬼神 ヘルレイカーと同じくレベル6の儀式モンスターであり

同じ儀式サポートを無理なく併用できます。

またサフィラの持つデッキから2枚ドローし1枚捨てる効果も

彼岸にとって非常に相性のいい効果となっています。

コストにする光属性も幽鬼うさぎ等なら問題なく採用する事が出来るでしょう。

ただ彼岸モンスターの自壊デメリットには注意が必要です。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:サクリボー

今回紹介するのは最強ジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:次元障壁(じげんしょうへき)

とっても使いやすいメタカード   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜王(えんまりゅうおう)レッド・デーモン・カラミティ

今回紹介するのはVジャンプ10月号の付録カードであるこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:リンク・ディヴォーティー デメリットをどう受け入れるか

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG:2018年1月の制限改定を個人的に予想してみる

12月になりました。今年もいよいよあと一か月ですね。 遊戯王的にはルールそのものが一気に変わっ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第115話『決闘海賊(デュエルかいぞく)キャプテン・ソロ』感想

遊戯王ARC-V115話の感想です。 デニスは自らカードになってしまいました。 ランサー

記事を読む

2015年度、遊戯王OCG検定テスト終了、自分が躓いた問題に関して

5月15日から25日の間、遊戯王OCG検定テストが実施されていました。 これに合格した人には遊

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔サイの戦士

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:札再生

展開力と安定性を両方強化!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ライトフェニックス

オッPよりもペンデュラム召喚しやすいオッドアイズ!   今回紹介するのはシャイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,559,917 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑