遊戯王アークファイブ第73話『地を這う敗北者達』感想

遊戯王ARC-V73話の感想です。

また遊戯王アニメで記念すべき777回でもあります。

まったくもって記念できないサブタイトルをしていますが

 

 

777回記念のオープニング

というわけで今回のオープニングは特別仕様です。

歴代主人公全員登場する形になっておりました。

主人公が5人並ぶのはかなり壮観ですね。

でも最後遊矢が闇化してるのはいいんでしょうかこれ。

 

 

×宇宙人 ○異次元人

引き続きマッチョ×2に連行され続ける沢渡。

体格差的にも連行されるグレイの図を連想します。

まあ沢渡は宇宙人ではないですが異次元からやって来た存在ですしね。

それにしてもずっとこの体勢のまま連行するつもりなんでしょうか?

かなり疲れると思うのですがマッチョ2人は鍛え方が違うようです。

 

 

彼は終わりどころかさらに下ですね

エレベータにたどり着きそこに連れ込まれる沢渡。

マッチョ×2が言うにはこの遊矢の言った通りの場所が存在する事、

そしてこの地下にもルールが存在する事が説明されます。

そしてこの地下世界のルールを説明するギャラガーさん。

トップスとコモンズの競争社会が繰り広げられているシンクロ次元ですが

コモンズのさらに下、この地下労働施設にも競争社会が存在し、

やはりそこでもデュエルによる勝敗で待遇が変わるようです。

倒れこんでいる227ですが彼は勝てば地上に戻れるこのデュエルに

敗北した事によりさらに地下まで落とされる事になったようです。

 

 

任侠コンビ

そんな所に「待てい!」とロム兄さんばりに登場する権現坂とエンジョイ長次郎。

ギャラガーは権現坂の事を完全にデニスの相棒扱いしています。

ところで227、元トップスだったという説明がされていますが

デュエルチェイサーって全員トップスなのでしょうか?

1%という割りには随分数が多そうな上に仕事も大変そうですが・・・。

それにしてもギャラガーさん、完全に悪役サイドのようですね。

ロジェ長官と繋がっており地下世界で優秀なデュエリストを献上しているようです。

ロジェ長官の目的までは知らないようですが真っ黒なのは間違いないですね。

 

 

ガーディアン!ガーディアンじゃないか!

そしてフレンドシップカップではデイモンVSセルゲイのデュエルが開始されるようです。

刺つきタイヤとかいう明らかにラフプレイする気マンマンのDホイールに乗るセルゲイ。

そしてここに来てセルゲイについての説明が入れられます。

デュエリストクラッシャーと呼ばれる存在でシンクロ次元では結構有名なようです。

かつて何人ものデュエリストを潰した凶悪人物で生死問わずで指名手配までされています。

セキュリティが20人がかりでなんとか確保したようですが

収容所でも暴れ周り地下労働施設にまで連行されたようです。

しかしその地下労働施設でも50人以上のデュエリストを屠り、

その実力を見込まれてロジェ長官にスカウトされたとの事です。

一度死んでるという噂もあるようですがはたして真相はどうなのでしょうか。

ちなみにセキュリティが確保する場面、ゴヨウ・ガーディアンの姿が見えます。

きっとこの時はまだ禁止カードじゃなかったんでしょうね。

 

 

メタルギア月影

赤馬零児は今回はランサーズ関係ないとの事で評議会の元から離れます。

そして地下施設ではギャラガーの説明を隠れて聞いている月影の姿が。

メタルギアソリッド5TPP発売記念とばかりにスニーキングしています。

そしてギャラガーはロジェ長官に関する不穏な噂を始めています。

どうやらロジェ長官は別次元からやってきたという噂があるようで

突然シティにやってきて様々な技術提供により今の地位に上り詰めたのだとか。

リアルソリッドビジョンなんかもその技術提供の産物なようです。

まあ技術提供なくても普通に出世しそうなくらいに有能な人ですが

ロジェ長官、融合次元と繋がっているどころの話ではなくなってきましたね。

そもそもロジェ長官が融合次元の人間だという線がほぼ確定になってまいりました。

あとはどういう思惑で動いているのかですね。

完全にプロフェッサーの配下なのか独自の思惑で動いているのかでも変わりそうです。

あとハードボイルドスタイルなロジェ長官がちょっと格好いいです。

 

 

一方会場では・・・

デュエルではデイモンがエーリアンソルジャーを使ってセルゲイを追い詰めています。

どうやらデイモンはエーリアン使いのようですね。

宇宙砦ゴルガーはどうしたという感じですが。

どうやらセルゲイが拍子抜けするほどの弱さで全然手を出していないようです。

会場もそんなセルゲイにブーイングをしています、かなり一方的な展開のようですね。

まあ微塵もこのままデイモンが勝つ気はしませんが。

 

 

子分との再開、しかし・・・

地下施設でエンジョイ長次郎の前に現れる子分2人。

どうやら収容所で暴れた後地下施設まで連行されていたようです。

そうなると収容所の噂も真実だったという事になりますね。

子分たち2人に謝る長次郎ですが子分たちはならばデュエルしてくれといいます。

どうやら子分たちはすっかりこの地下施設のルールに染まったようです。

でも2人仲良くいるって時点で演技という可能性もありそうなんですよね。

 

 

ムードメーカー沢渡

「勝つのは俺たち」という子分たちに怒る長次郎、なだめる権現坂。

そんな殺伐とした地下施設に救世主が!

ようかんマン沢渡シンゴの登場です。

なおスニーキングしていたメタルギア月影はそのまま消えました。

いや忍者だからって何の脈絡もなく消えるのやめましょうよ!

どうやらシンゴ達が来たエレベーターを使って脱出するつもりのようです。

エレベーターの裏側の隙間に張り付いている月影が見えます。

ちなみにこのあと評議会を離れた零児、零羅と普通に合流していました。

零児はこの話を聞いてロジェ長官が融合次元の人間だと確信したようです。

 

 

かっとビング零羅

零児への報告も終わり、再び地下施設へ戻ろうとする月影ですが

そこに零羅が呼び止めます。

その呼びかけに応じて零羅に目線の高さを合わせる月影は本当に出来る人です。

やっぱりちゃんと目線の高さを合わせられるかどうかは重要な要素ですね。

零羅はジャックの言葉を受け、怯まずに前へ一歩踏み出す勇気を得たようです。

勇気を持って一歩を踏み出す事、それはすなわちかっとビングです。

自分も零児や月影、遊矢の為に何かしたい事、

月影に嫉妬し、心の中で不幸を願っていた事に謝罪したい旨を月影に伝えます。

同じ境遇であったジャックの言葉は確かに零羅に届いたようでした。

 

 

デュエル内容完全省略

一方デュエルは終わっていました。

気がつくとデイモンのライフが0になってセルゲイの勝利。

完全にデュエルの内容が省かれています。セルゲイのカードは未判明。

メリッサも観客も何が起こったのかまったく把握できていないようです。

どうしてこういう状況になったのでしょうか?

恐らくはデイモンのターンに何かしら行動してライフを削ったのだと思いますが・・・

手札誘発の魔法の筒みたいな効果なら一応の説明はつきますね。

 

 

月影さんマジ有能

落ち込んでいる遊矢の前に何者かがドアをノックします。

「誰?」「拙者だ」月影でした。

遊矢と月影はあまり面識なかったはずですがすぐに分かったようです。

月影は地下施設に行ったランサーズの無事を遊矢に伝えます。

遊矢はそれを聞いて安心したようですが月影だけが脱出してきた事、

また地下施設に戻るよう指示した零児に不信感を持っている事を伝えます。

しかし月影は零児が仲間を見捨てる人間であれば既に見限っているといいます。

そんな零児だからこそ自分は社長に従っている事を話し、

そして零羅からの伝言を遊矢に伝えます。

零羅は自分はもうフレンドシップカップで戦う事は出来ないが、

それでも自分の事を背負ったりせずに遊矢に戦って欲しい、

そして遊矢の主張をシンクロ次元で受け入れてもらう為には

ジャックにデュエルで勝ち、力を認めてもらう必要がある事を言います。

そして零羅がジャックに言われた言葉を遊矢にも伝えます。

零羅からの伝言を聞いた遊矢は確かに心に響くものがあったようです。

 

 

忍者にだって・・・出来ない事ぐらい・・・ある

零羅からの伝言を聞いた遊矢は同じように零羅への伝言を頼みますが

それを聞いた月影は無理だと一蹴します。

どうやら既に零羅達は評議会に合流しているようで混ざれないとの事。

しょうがないので遊矢は代わりに別のお願いを頼みました。

そうして柚子の部屋に差し出される一通の手紙。

それは遊矢が柚子に渡すように月影に頼んだものでした。

いろんな人たちの思いを受けてシンクロ次元に来た事、

ジャックに言われた独りよがりの意味を自分なりにかみしめた事など、

色々な心境を手紙にして柚子へと伝えました。

思い出のシーンの時に隠れてこっそりいるミエルが印象的です。

その手紙を見た柚子は涙が止まりませんでした。

何気に遊矢の字が結構綺麗です。このあたりユーゴとの比較なのでしょうか。

 

 

 

 

記念すべき777回だけあって、シンクロ次元の様々な影の判明と

遊矢と零羅の心の成長がしっかりと感じ取れた印象的な回でした。

それにしても月影が優秀すぎます。間違いなくランサーズで一番優秀です。

人格面でもこの人が一番人が出来ているのではないでしょうか。

 

次回予告『道化師の仮面』

デニス「だから今度はちゃーんと潰しておかないとね。ちゃーんと・・・」

2回目のちゃーんとがかなり悪い声です。気になる方は30秒のを見ましょう。

次回のデュエルは黒咲VSデニス、ランサーズ同士のバトルです。

しかし黒咲は既にデニスを疑っているようでかなりギスギスしています。

既に次回予告で融合が見えます。とうとうデニスが本性を現すのでしょうか。

シンクロ次元でずっと大人しかったデニスですがはたしてどうなる事か。

しかしエクシーズ融合とは・・・これはまたすごい事になりそうです。

 

 

超熱血!デュエル塾

今回は記念すべき777回。

という事で歴代の主人公や使うエースカードの紹介がされていました。

遊矢は通常モンスターについて少し過小評価してるる感じですね。

そういえばアークファイブってまだ通常モンスター出てませんでしたよね。

関連記事

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

デュアル・アセンブルム:遊戯王カード考察 対象に取らない除外効果!攻撃力低下はバックドアでフォローしよう

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

デコード・トーカー:遊戯王カード考察

リンク召喚のトップバッター兼アピール要因!種族も新しい!   4月に新しく放映

記事を読む

遊戯王アークファイブ第99話『永遠のデュエル』感想

遊戯王ARC-V99話の感想です。 今回は100と一挙同時放送となります。 100話の方

記事を読む

遊戯王アークファイブ第96話『借り物の言葉』感想

遊戯王ARC-V96話の感想です。 先週は卓球の影響で延期してしまいましたが改めて今日放送です

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     冥帝従

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量士(ちょうりょうし)グリーンレイヤー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!   4月9日に新しいパ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)37 希望織竜(きぼうしきりゅう)スパイダー・シャーク

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

ダイナミスト・ハウリング:遊戯王カード考察

どちらか片方だけでもすごい強化なのに・・・   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,393,701 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑