遊戯王OCGカード考察:にん人

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。

 

 

にん人
効果モンスター
星4/闇属性/植物族/攻1900/守   0
「にん人」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「にん人」以外の植物族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 

 

 

ホロレチュチュパレロ!

 

新しく登場した植物族サポートの1枚です。

人型の人参だからにん人、シンプルイズベストといわんばかりのネーミングです。

韓国版のカードってやたら日本語的なシャレ効かせたカード多くありません?

しかしこの青い鎧と「V」の字が刻まれたベルトはなんなんでしょうね。

何かモデルがあったりするんでしょうか?

 

 

その効果は1ターンに1度、このカードが墓地に存在する場合に

手札か自分フィールドの自身以外の植物族モンスターを墓地へ送る事で

このカードを墓地から特殊召喚できるというものです。

場の植物族モンスターをレベル4のモンスターに出来るので

ランク4のエクシーズ召喚を狙う場合には重宝するでしょう。

また攻撃力も1900とアタッカークラスの打点を持っているため

反転召喚した森羅の影胞子 ストールなど低い攻撃力のモンスターを

相手ターンに晒すのを防ぐ役割も持ちます。

ただし墓地に送れないトークンやペンデュラムモンスターは

コストにする事が出来ない点は気をつけてください。

 

そして何よりも手札のモンスターを墓地に送れる点がありがたいです。

植物族は墓地からの蘇生手段は豊富なのですが手札からの特殊召喚手段に乏しく、

特に椿姫ティタニアルなどの上級モンスターが手札に来るとかなり困ります。

そういった場面でディスアドバンテージを防ぎつつ手札から墓地に送れるにん人は

上級、最上級の植物族を多用するデッキにとって事故防止に貢献してくれるでしょう。

手札のダンディライオンを捨ててトークンを発生させるのもオススメです。

 

 

アロマージにおいても活躍が期待できるモンスターです。

アロマージはハンドアドバンテージの確保に優れている反面展開力に乏しい面があり

「展開手段がなくて手札を使いきれない」という状態が結構あります。

そういう時に手札のカード1枚をコストにしつつ墓地から特殊召喚できるにん人は

展開手段を補うのに一役買ってくれるでしょう。

攻撃表示のアロマージ-ジャスミンを野晒しにしたくない場合にも役立ちます。

 

 

守備力0の闇属性モンスターである点も魅力的であり

カメンレオンや暗躍のドルイド・ドリュースによる蘇生に対応しています。

この点もランク4のエクシーズ召喚を狙う場合にはありがたいでしょう。

悪夢再びにも対応していますが墓地にいてくれた方が都合のいいカードなので

あまりこのカードを回収するケースは無いかもしれません。

 

 

要所要所で役立つ効果を持っている縁の下の力持ち的なカードだと言えます。

 

コウ=ウラキ

「にんじんいらないよ」

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

フレシアの蟲惑魔

優秀な性能を持ったランク4のエクシーズモンスターであり、

特に植物族で統一したい場合のランク4候補としてお勧めの1枚です。

またオーバーレイユニットを使い切り効果を使えなくなったフレシアを

にん人の蘇生コストにすると無駄がありません。

もう1枚レベル4があれば再びフレシアのエクシーズ召喚も可能です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王カード考察:デグレネード・バスター 単純に特殊召喚しやすい2500打点として優秀

モンスターハンター・ワールド買いました。 今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションより

記事を読む

【SPYRAL(スパイラル)】:遊戯王テーマ考察  相手のデッキトップを調べつつ破壊工作せよ

9月9日にEXTRA PACK 2017(エクストラパック2017)が発売され それに伴い海外

記事を読む

EXTRA PACK 2015発売決定、ついにバーニングアビス(彼岸)が日本上陸

欧米や韓国のカードが収録されるEXTRA PACK 2015が9月19日についに発売されるようです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DDD剋竜王(こくりゅうおう)ベオウルフ

今回紹介するのはペンデュラム・ドミネーションよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

副話術士クララ&ルーシカ:遊戯王カード考察 ワンダー・ワンドを始め色々と使い道あります

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

遊戯王カード考察:明星の機械騎士(みょうじょうのジャックナイツ) 星遺物が刻む傷痕がより狙いやすく

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第133話『輝かしきエンタメショー』感想

遊戯王ARC-V134話の感想です。 ユーリの伏せカード「超融合」を見事に当てた榊遊勝。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:龍大神(りゅうおおかみ)

相手によってはただのボーナス、相手によっては悪夢そのもの   今回紹介するのは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,406,821 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑