遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者シンゲツ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

黄昏の忍者-シンゲツ
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1500/守 100
「黄昏の忍者-シンゲツ」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「忍者」モンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊され
墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「黄昏の忍者-シンゲツ」以外の
「忍者」モンスター1体を手札に加える。

 

 

ベクター2

「やっぱり時代はナイトより忍者でござるな」

 

ドルベ2

「お前頭悪ぃな。忍者がロック使えるのはずるい」

 

 

黄昏の忍者将軍-ゲツガと共に参戦した新しい忍者です。

アークファイブにおいて日影、月影兄弟が使用しているカードであり

3期のOP,EDにも姿が描かれており月影の代表的なカードとも言えます。

OCG版において大幅に強化されている1枚です。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、

他の忍者を攻撃と効果の対象に出来なくするというものです。

アニメでは攻撃の対象から防ぐだけでしたが

OCG化にあたり効果の対象も防ぐようになっており大幅な強化といえます。

攻撃の対象に選べなくするだけなら切込み隊長を初め該当するカードは結構いますが

効果の対象にも選べなくするのはエレキリギリスぐらいしか例がなく非常に貴重です。

実際に攻撃と効果の両方にロックをかけるのは非常に強力であり、

突破するのはブラック・ホールを始めとする対象に取らない除去手段に限られてきます。

まさに忍者にとってのメイン盾とも言える効果です。

ベクター2

「やっぱり肉盾より回避盾でござるな」

 

ドルベ2

「お前セプスロでボコるわ・・」

 

 

②は戦闘か相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる効果で

デッキから自身以外の忍者をサーチできます。

アニメ版では存在せず、OCG化の際に付け加えられた効果だったりします。

忍法 変化の術や忍法 超変化の術を中心に運用してく場合、

忍者マスター HANZOをサーチ出来るカードとして頼りになるでしょう。

①の効果でロックを作れている状態ならば破壊以外で除去する事は難しく、

この効果を発動できる可能性は高いですが、

ロックを突破される状態そのものがあまり望ましくない上に

1ターンに1度の制約があり2体以上シンゲツがいても1枚しかサーチできません。

ロック効果をメインにする場合は②の効果はあくまで保険と考えておくべきでしょう。

それでもありがたい効果である事には間違いありません。

ドルベ2

「このカード作ったの絶対忍者だろ・・・汚いなさすが忍者きたない」

 

ベクター2

「汚いは、褒め言葉だ・・・!」

 

 

少し昔に活躍していたキリギリスロックを彷彿とさせる効果を持つカードです。

ブラック・ホールなどの全体除去に対する対策をしっかりと立てておけば、

エレキリギリスと同じように強力なロックを維持し続ける事もできるでしょう。

エレキリギリスと比較した場合、シンゲツは黄昏の忍者将軍-ゲツガの効果で

2体同時に蘇生できる点が一番大きな魅力だと思います。

また②の効果で他の忍者をサーチできる点、増援でサーチが可能な点、

No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドーの効果で破壊耐性を付与できる点、

成金忍者の効果でデッキから直接効果できる点など

他にもさまざまな利点が存在します。

一方でエレキングコブラのような直接攻撃手段を確保しづらい点、

ナラクオトシアナ=サンの効果の対象になってしまう点は

雷属性のエレキに穴をあけられている部分と言えるでしょう。

特にロックを作った後どうやってダメージを与えるかが課題になるでしょう。

 

 

上手く守り抜けば相手を封殺する事もできるでしょう。

ロック型の新しい忍者デッキの構築を可能にする1枚だと思います。

 

ベクター2

「シンゲツが一人、シンゲツが二人、ファイナル分身!」

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

スターライト・ロード

キリギリスロックでもそうなのですがロックを維持する場合、

ブラック・ホールや激流葬のような対象を取らない除去が一番の天敵で

これらの除去をどう対処するかが一番の課題になってきます。

こういった対象を取らない除去で一番メジャーなのが全体破壊であり

スターライト・ロードにお世話になるケースは多いでしょう。

関連記事

遊戯王OCG、2017年4月の制限改定判明!十二獣はがっつり規制!新マスタールールの影響で規制、緩和されたカードも

2017年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 新マスタールールの登場もあり今回の制

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:アクアアクトレス

せっかく新テーマも出ている事ですしちょっとそちらの考察もしていきましょうか。 新テーマはカード

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-美朱濡(ビシュヌ)-

融合モンスター以外もメタれるぞ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:究極幻神(きゅうきょくげんしん)アルティミトル・ビシバールキン

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ディープアイズ・ホワイト・ドラゴン

強い事しか書いてない   ムービーパックのフラゲ情報も出てきたみたいですね。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ファントム・ドラゴン

2400の追加ダメージを狙え!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-Vの第1巻が

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:バージェストマ

カンブリア期(訳5億3千万年前)に存在していたといわれるバージェス動物群、 それをモチーフにし

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:外神(がいしん)アザトート

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:超重武者ダイ-8(ちょうじゅうむしゃ ダイハチ)

旦那ぁ!超重武者装留お届けに参りました!   今回紹介するのはディメンション・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

レスキューフェレット:遊戯王カード考察  レベル6までなら何でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

東方鈴奈庵第49話『本居小鈴の葛藤(後編)』感想

鈴奈庵49話の感想です。 前回は前編と書かれていなかったのですが

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブも

→もっと見る

PAGE TOP ↑