遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者シンゲツ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。

 

 

 

黄昏の忍者-シンゲツ
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1500/守 100
「黄昏の忍者-シンゲツ」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「忍者」モンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊され
墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「黄昏の忍者-シンゲツ」以外の
「忍者」モンスター1体を手札に加える。

 

 

ベクター2

「やっぱり時代はナイトより忍者でござるな」

 

ドルベ2

「お前頭悪ぃな。忍者がロック使えるのはずるい」

 

 

黄昏の忍者将軍-ゲツガと共に参戦した新しい忍者です。

アークファイブにおいて日影、月影兄弟が使用しているカードであり

3期のOP,EDにも姿が描かれており月影の代表的なカードとも言えます。

OCG版において大幅に強化されている1枚です。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、

他の忍者を攻撃と効果の対象に出来なくするというものです。

アニメでは攻撃の対象から防ぐだけでしたが

OCG化にあたり効果の対象も防ぐようになっており大幅な強化といえます。

攻撃の対象に選べなくするだけなら切込み隊長を初め該当するカードは結構いますが

効果の対象にも選べなくするのはエレキリギリスぐらいしか例がなく非常に貴重です。

実際に攻撃と効果の両方にロックをかけるのは非常に強力であり、

突破するのはブラック・ホールを始めとする対象に取らない除去手段に限られてきます。

まさに忍者にとってのメイン盾とも言える効果です。

ベクター2

「やっぱり肉盾より回避盾でござるな」

 

ドルベ2

「お前セプスロでボコるわ・・」

 

 

②は戦闘か相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる効果で

デッキから自身以外の忍者をサーチできます。

アニメ版では存在せず、OCG化の際に付け加えられた効果だったりします。

忍法 変化の術や忍法 超変化の術を中心に運用してく場合、

忍者マスター HANZOをサーチ出来るカードとして頼りになるでしょう。

①の効果でロックを作れている状態ならば破壊以外で除去する事は難しく、

この効果を発動できる可能性は高いですが、

ロックを突破される状態そのものがあまり望ましくない上に

1ターンに1度の制約があり2体以上シンゲツがいても1枚しかサーチできません。

ロック効果をメインにする場合は②の効果はあくまで保険と考えておくべきでしょう。

それでもありがたい効果である事には間違いありません。

ドルベ2

「このカード作ったの絶対忍者だろ・・・汚いなさすが忍者きたない」

 

ベクター2

「汚いは、褒め言葉だ・・・!」

 

 

少し昔に活躍していたキリギリスロックを彷彿とさせる効果を持つカードです。

ブラック・ホールなどの全体除去に対する対策をしっかりと立てておけば、

エレキリギリスと同じように強力なロックを維持し続ける事もできるでしょう。

エレキリギリスと比較した場合、シンゲツは黄昏の忍者将軍-ゲツガの効果で

2体同時に蘇生できる点が一番大きな魅力だと思います。

また②の効果で他の忍者をサーチできる点、増援でサーチが可能な点、

No.12 機甲忍者クリムゾン・シャドーの効果で破壊耐性を付与できる点、

成金忍者の効果でデッキから直接効果できる点など

他にもさまざまな利点が存在します。

一方でエレキングコブラのような直接攻撃手段を確保しづらい点、

ナラクオトシアナ=サンの効果の対象になってしまう点は

雷属性のエレキに穴をあけられている部分と言えるでしょう。

特にロックを作った後どうやってダメージを与えるかが課題になるでしょう。

 

 

上手く守り抜けば相手を封殺する事もできるでしょう。

ロック型の新しい忍者デッキの構築を可能にする1枚だと思います。

 

ベクター2

「シンゲツが一人、シンゲツが二人、ファイナル分身!」

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

スターライト・ロード

キリギリスロックでもそうなのですがロックを維持する場合、

ブラック・ホールや激流葬のような対象を取らない除去が一番の天敵で

これらの除去をどう対処するかが一番の課題になってきます。

こういった対象を取らない除去で一番メジャーなのが全体破壊であり

スターライト・ロードにお世話になるケースは多いでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)37 希望織竜(きぼうしきりゅう)スパイダー・シャーク

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第144話『呪われし機械仮面(ギアマスク)』感想

遊戯王ARC-V144話の感想です。 黒咲とデュエルをする為にエクシーズ次元へと旅立った遊矢。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ユニコーン

ワグナス!デメリット無しのスケール8だ! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカ

記事を読む

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG、2016年4月の制限改定判明!がっつり変更がありました

とうとう2016年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回3つのカードが規制される

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリー

記事を読む

遊戯王カード考察:星刻の魔術師(せいこくのまじゅつし)

闇属性魔法使い族なんでもサーチ!   12月23日にストラクチャーデッキ-ペン

記事を読む

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第25話『ウィルスデッキ・オペレーション』感想

遊戯王ヴレインズ25話の感想です。 AIデュエリスト全滅の知らせを受け救援に向かう晃。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火流 輪廻の陣(しらぬいりゅう りんねのじん)

不知火に貴重なドローソースが!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,408 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑