動画紹介:東方卓遊戯という名目のMUGEN卓

今度はTRPG、ソードワールド2.0から動画を紹介していきたいと思います。

一応このサイト、TRPGに関する話題も取り上げていくつもりですが、

実質まともにやった事があるのがSW2.0ぐらいになってしまいますので、

話題にするTRPGもSW2.0がメインになってくるかと思います。

今回紹介するのはこちらの動画です。

 

撲殺巫女がSW2.0をプレイするようです

現在でも続いているシリーズですが現在は名称が「ぼくみこっ!2nd」に変わっているのでご注意ください。
この動画は「東方卓遊戯」と呼ばれる東方キャラをモチーフにボードゲームをする動画の一種ですが、

東方以外にもアイドルマスター等他の作品のキャラクターが数多く出ているのが特徴です。

ザルツ地方のルキスラ帝国を舞台としており、なんと皇帝ユリウス・クラウゼが暗殺されているという設定です。

実際に存在する地名を舞台にしているだけあってルールブックのキャラクターも登場しますが、

立ち絵が何かしらの作品のキャラに変更されているのも特徴です。

またオリジナルのマジックアイテムや戦闘特技が数多く存在し、結果非常にとんがったビルドのPCが多いです。

 

この動画の特徴としては何よりもMUGENネタが多い事が挙げられます。

闇夜のライブ(闇のアギト&ミスティア・ローレライ)のペアが出た時には「うおおおおお!」って思いましたからね!

ニコニコ動画でMUGENを知っている人ならニヤリとするネタは非常に多いと思われます。

まだ数が少ないんですよね、MUGENでTRPGをやっている動画は。

 

 

尚、最近は冒険ではなく政治や戦争に発展していっている模様。

 

 

※動画の著作権はそれぞれの製作者に帰属します。
もし紹介した動画に問題があるようでしたら、メールよりご連絡ください。
対処いたします。
また他の方の迷惑に繋がりますので、
紹介した動画に対して「○○から来ました」といったコメントは、
控えていただくようお願いします。

関連記事

東方深秘録Ver1.03アップデート公開、いくつかのバランス調整が

5月26日に東方深秘録のバージョン1.03が公開されました。 主にバグの修正とガードクラッシュ

記事を読む

動画紹介:どういうことだ!? 説明しろギラグ!!

かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。 故国を守る誇りを厚い拳に包んだ反骨の闘士の、ここは墓場

記事を読む

東方鈴奈庵第52話『八雲紫の安寧(前編)』感想

東方鈴奈庵52話の感想です。       春で

記事を読む

東方鈴奈庵第32話『真実の支配者 前編』感想

今回のコンプエースは特典で書き下ろしのロングポスターがついています。 特に小鈴と魔理沙が目立っ

記事を読む

東方深秘録:CPU戦の勝利時の台詞を一部抜粋 そのご

深秘録、かなりの位置取りゲーですね。 分かってる相手は本当にこちらの攻撃範囲の死角をしっかりと

記事を読む

東方鈴奈庵第44話『紫色の日は外出を控えましょう:前編』感想

東方鈴奈庵44話の感想です。 扉絵は傘を持った外出仕様小鈴ちゃんです。  

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:賢神キルヒア

今月はSW2.0のリプレイ発売されないんですね、少し残念です。 MUGENキャラを使ったSW2

記事を読む

動画紹介:この遊戯王のデュエルはギャンブルである

まだ考察しかしていませんでしたが、 このサイトは動画紹介のサイトでもあるので動画も紹介していきます

記事を読む

東方鈴奈庵第27話『狐狗狸さんは桜とともに散りぬ 後編』感想

コンプエースを読む機会があったので せっかくなので鈴奈庵の感想でも書いておこうかなと思います。

記事を読む

SW2.0:ラクシアゴッドブック登場、PC用新種族「センティアン」は3種類の性能に分かれます

5月20日、今まで登場した46柱もの神様を記載した神様用のゴッドブックです。 今までサプリやリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,562 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑