遊戯王OCG新カード考察:旧神(きゅうしん)ヌトス

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。

 

 

 

旧神ヌトス
融合・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻2500/守1200
Sモンスター+Xモンスター
自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
自分は「旧神ヌトス」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

韓国からの刺客、クゥトルフシリーズの一柱です。

クゥトルフといってもこのカードの元ネタとなっているヌトス=カアンブルは

美しい美女の姿をしておりこのカードのイラストも綺麗な女性となっています。

融合モンスターですが融合カードで特殊召喚する事ができず、

フィールドに素材となるモンスターを墓地へ送る事で融合無しで特殊召喚が可能です。

ただ素材となるモンスターはシンクロモンスター+エクシーズモンスターとなっており

簡易融合も使えない関係上フィールドに出すのはかなり難儀する事になるでしょう。

そのくせ1ターンに1度しか特殊召喚できない制約が存在しています。

まあこの制約がなかった場合ループコンボあたり開発されそうな気もするので

予防策として存在しているのかもしれません。

 

 

①の効果は1ターンに1度手札からレベル4モンスターを特殊召喚するものです

ヌトス自身もレベル4なのでランク4のエクシーズに繋げる事が可能です。

ただこのカード自身の特殊召喚を考えると手札の消費はかなり激しいものとなるでしょう。

 

 

②の効果はこのカードが墓地に送られた場合にフィールドのカードを1枚破壊するものです。

どんな形で墓地に送られてもいいのでエクシーズ素材となった場合でも破壊が可能です。

①の効果でランク4のエクシーズ素材となるのを前提とした効果だと言えるでしょう。

 

 

豪雷帝ザボルグ

所で最近市場では轟雷帝ザボルグの値段がかなり高騰しているようですね。

間違いなくこのヌトスのせいだと思います。

はい、ヌトスの②の効果ですがエクストラデッキから送られても効果が発動する上に

1ターンに1度の制限なんかも存在していないので轟雷帝ザボルグの効果で3枚墓地に送れば

フィールドのカードを3枚破壊できるというとっても素敵な事になってしまうんですね。

そもそもヌトスは召喚条件が厳しい上にこの②の効果が本命とも言えるカードなので

直接場に出すよりは轟雷帝ザボルグや影霊衣の万華鏡で墓地に落とす方が適切とも言えます。

 

 

さて、召喚条件が厳しいとは言いましたがもし素材を揃えられるなら未来皇ホープのように

フィールドで邪魔になったエクシーズを処理するのに役立つ1枚ではないでしょうか。

フィールドのエクシーズが邪魔になりやすい【インフェルニティ】のようなデッキであれば

このカードを有効に活用できると思います。

ナンバーズも処理する事が出来る点、シンクロモンスターと一緒に処理できる点、

このカード自身がさらなるエクシーズ召喚に繋げる事が出来る点など

未来皇ホープとはまた違った使い道を確立できるでしょう。

手札のモンスターを特殊召喚できる効果も展開の補助としてはありがたいでしょう。

それを考えるとこのカードは最初からソリティアを前提としたカードであり、

1ターンに1度しか特殊召喚できない制約もそれを想定しての事のような気がします。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ダイガスタ・エメラル

もし旧神ヌトスを特殊召喚しようと思った場合、

一番手っ取り早いと思われるのはダイガスタ・エメラルの効果で

大地の騎士ガイアナイトあたりを蘇生させてしまう事です。

墓地に落ちたヌトスをエクストラデッキに戻して再利用したい場合にも重宝します。

関連記事

DDD疾風大王(しっぷうだいおう) エグゼクティブ・アレクサンダー:遊戯王カード考察

アタッカーとしても展開要因としても活用できる!   今回紹介するのはコード・オ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ドラコニアの翼竜騎兵(Sky Dragoons of Draconia)

意外と貴重な鳥獣族ペンデュラム   今回紹介するのはEXTRA PACK 20

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エンジェル・トランペッター

ついに登場したレベル4バニラチューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アロマセラフィ-アンゼリカ

回復にもシンクロ召喚にも!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノム

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第8話『風を操りし者』感想

遊戯王ヴレインズ第8話の感想です。 ブルーエンジェルとのデュエルに勝利したプレイメーカー。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:次元障壁(じげんしょうへき)

とっても使いやすいメタカード   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第108話『アマゾネス・トラップ』感想

遊戯王ARC-V108話の感想です。 タイラー姉妹に敗北してしまったアレンとサヤカ、 そ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:Kozmo(コズモ)

EXTRA PACK 2016に収録されるテーマの中でも 特に海外の環境で活躍しているテーマと

記事を読む

遊戯王アークファイブ第128話『決戦!精霊機巧軍(スピリット・テック・フォース)』感想

遊戯王ARC-V128話の感想です。 娘を元に戻したいという父親としてのエゴを貫こうとする零王

記事を読む

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑