遊戯王OCG新カード考察:冥帝従騎(めいていじゅうき)エイドス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。

 

 

冥帝従騎エイドス
効果モンスター
星2/闇属性/魔法使い族/攻 800/守1000
「冥帝従騎エイドス」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外し、「冥帝従騎エイドス」以外の
自分の墓地の攻撃力800/守備力1000のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
このターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 

 

冥帝エレボスの家臣的存在とも言えるカードです。

やはりエクストラデッキに関する制約やアドバンス召喚をサポートする効果を持っています。

天帝従騎イデアのように上司と違う種族になっており、

冥帝エレボスがアンデット族なのに対し、冥帝従騎エイドスは魔法使い族となっています。

何気にこれ、闇帝ディルグと同じ種族になっているんですよね。

イデアの方も光帝クライスと同じ戦士族なのでそちらを意識しているのかもしれません。

 

 

①の効果は召喚・特殊召喚に成功した場合にそのターンの召喚権を

アドバンス召喚に限り1回増やす事の出来る効果です。

単純にこのカードを召喚した後にそのままアドバンス召喚を繋げる事が出来る他に

特殊召喚でエイドスを出した場合は2回アドバンス召喚を狙っていく事も可能です。

基本的に1ターンに1回しかできないアドバンス召喚はどうしても展開力に乏しい所があり

そのアドバンス召喚の召喚権を増やせるのこのカードはありがたい存在です。

雷帝家臣ミスラの召喚権追加と同じ効果であり重複しない点は注意しておきましょう。

エイドスは魔法使い族なので1枚でブリザード・プリンセスのアドバンス召喚も可能です。

 

 

②の効果は1ターンに1度、墓地にあるこのカードを除外する事で

自分以外の攻撃力800、守備力1000のモンスターを守備表示墓地から蘇生させます。

ただしこの効果を発動したターンにエクストラデッキから特殊召喚できない制約が発生します。

基本的に各種家臣を特殊召喚してアドバンス召喚を狙う事になるでしょう。

 

 

恐らく天帝従騎イデアとセットでの運用を考えられており非常に相性がいいです。

イデアの①の効果でエイドスを特殊召喚すれば最上級モンスターのアドバンス召喚に繋げられます。

さらにエイドスの②の効果でイデアを蘇生すればそのままイデアの①の効果を使う事が可能で

やはり最上級モンスターのアドバンス召喚をスムーズに狙える事が可能になります。

この時に再びエイドスを特殊召喚すればそのターン2回のアドバンス召喚を狙えます。

 

 

天帝従騎イデアと合わせて最上級モンスターのアドバンス召喚を狙う場合には

キーとなってくる1枚だと思われます。

帝だけでなく光と闇の竜や火之迦具土を活用する際にも役立つカードです。

黄泉ガエルやバトルフェーダー等でもう1枚リリース要員を増やせるなら

3体の生贄を要求する神のカードなども活用できるでしょう。

 

AED

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

闇次元の解放

エイドスは墓地で除外する事で効果を発動できる闇属性モンスターであり、

闇次元の解放を使えば既に除外されたエイドスを再利用可能です。

召喚権を使わずにエイドスを場に出せる点も都合がよく、

そのターン2回アドバンス召喚を狙いたい場合にも重宝してきます。

エイドスは風帝家臣ガルームや天帝従騎イデア等でサーチ、リクルートが容易であり

エイドス専用に採用したとしても腐る事は少ないでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:肥大化

コンボ用だけど単体でも結構使える   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

超天新龍(ちょうてんしんりゅう)オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン:遊戯王カード考察 切り札(多芸ドラゴン族サポート)

10月4日に「ARC-V 最強デュエリスト遊矢!!」の2巻が発売されます。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:流星方界器(りゅうせいほうかいき)デューザ

どんどん墓地にモンスターを溜めろ!   今回紹介するのは4月11日に発売された

記事を読む

遊戯王カード考察:水精鱗(マーメイル)-サラキアビス フリーチェーンで海皇の効果発動可能

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:HSR(ハイスピードロイド)快刀乱破(かいとうらっぱ)ズール

レベル4シンクロのメインアタッカー!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨竜の守護騎士(ガーディアン・オブ・フェルグラント)

レヴァライダーみたいな事ができるぞ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:禁忌の壺

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:太陽電池メン 単三型がより使いやすく、雷族全般で有用

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:量子猫、鏡像のスワンプマン

彼岸と帝、結構環境で活躍しているみたいですね。 アドバンス召喚も随分強くなったものです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第115話『決闘海賊(デュエルかいぞく)キャプテン・ソロ』感想

遊戯王ARC-V115話の感想です。 デニスは自らカードになってしまいました。 ランサー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,970,712 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑